FC2ブログ

[高画質で再生]

ツバメ [ソーシャルネットワーキング]





工場の軒下で毎年ツバメが子育てをします。
ずっと見ていても飽きません。
長い間見ていると首が痛くなってしまうのですが、ちょうどこの前に旦那の車が止めてあって、そこへ首を後ろ向き載せられるのでとても楽です^^
もう羽をバタつかせたりしているので、しばらくすると巣立っていくのでしょうか。
無事に巣立って行く事を願っているのですが、巣立って行った後はちょっぴり淋しいですね。
糞の掃除は旦那の担当です^^

全部は見えないと思いますが、5羽いるんですよ~
巣が小さくて窮屈そうです。
手前にもう一つ巣箱付きの巣があるんですが、スズメが枯れ草などを入れて邪魔するので、今回もこちらの小さい方の巣で子育てをしています。
こちらもスズメの仕業だと思うのですが、下に穴が開いていましたが、修理して使っています。
この間は親ツバメがトンボを取ってきて雛に与えたのですが、さすがにトンボは大き過ぎたようで、下に落ちてしまいました。トンボさんは絶命してしまいましたが~><






さて、少し前のことなのですが、テレビで「豚がいた教室」という映画をやっていました。
途中から観たのですが・・・
3年ほど前の作品なので、ご覧になった方もあるかも知れませんね。






あらすじ

4月。6年2組担任の新米教師・星(妻夫木聡)は、教室に1匹の子豚を連れてきた。卒業までの1年間、その豚を育てて、大きくなったらみんなで食べようという。星の提案に、教頭の仁科(大杉漣)は苦い顔。しかし、生きているものを食べるということの意味を体で感じてもらいたいという星の熱意と覚悟に負け、高原校長(原田美枝子)は学校で豚を飼う許可を出す。6年2組の生徒たち26人は、全員で校庭に小屋を作り、当番を決めて“Pちゃん”と名付けた子豚を飼いはじめた。池沢(田畑智子)のクラスが育てているトマトをPちゃんが食べてしまったり、生徒の母親たちが豚を飼うことに反対したりと数々の問題が発生するが、クラス全員が協力してPちゃんの世話をし、時には一緒に遊んだりして楽しい日々を過ごしていった。ところが、夏休みも過ぎ、卒業まで4ヶ月となった頃、6年2組の中ではPちゃんを食べることに反対する意見が増えていた。Pちゃんをどうするか、クラスのみんなは一生懸命に考え、様々な意見を出していくが、食べるか食べないかの結論は決定しないまま卒業が近づいてくる。そして迎える卒業式。クラスを二つに分けた涙の激論の中、26人の子供たちと星が最後に出した決断とは…?--------------------------------------------------------------------------------


生徒の意見は「3年生に引き継ぐ(ペットとして飼う事を)」と「食肉センターに送る」が同数でした。
で、最後に担任が出した意見は「食肉センターに送る」でした。
Pちゃんはラストシーンで生徒たちにに惜しまれつつ、迎えに来た食肉センターのトラックに乗せられ連れていかれました。
それは食べられる事、Pちゃんの死を意味しています。

この映画は食育を問題にしているのだと思います。
私たちが毎日口にしているお肉は、牛さんや豚さん、鶏さんたちの命を頂いているのだということは子供たちにも知って貰わなければならないことです。
でもここでPちゃんを食肉センターへ送る事で、子供たちはそれを学ぶことができるのでしょうか。
食べる事を前提としてPちゃんを飼い始めたのかも知れないけど、飼っている間にペットと同じような愛情が沸いてくる。それは当然の事だと思います。
多分この感情は畜産農家の方、それも大量生産で安価な食肉を提供している所ではなく、いい肉を作るために手塩にかけて育て出荷する農家の方の気持ちに似ているかも知れません。
でもこの映画に登場するのは子供たちですからね。
本来自然界では命をいただくのは、自分が生きて行くために必要最低限の殺生しかしないんですよね。
今の日本のように飽食の時代といわれる中で、本当の意味の食育は非常に難しいことではないかと思います。
多くの大人が子供の手本になるような事をしていないからです。
私はこの映画を観て、ふと心配に思ったのは、自分たちが愛情を込めて育てた動物でも自分たちのためなら食べてもいい、殺してもいいと思わないかということです。
勿論、食肉センターに送る方に賛成した生徒にも心の葛藤があったと思います。
反対にどんな動物でもPちゃんと同じようにかけがえのない命なのだから、無駄にせず感謝の気持ちで食べようと思ってくれるのかも知れませんね。
どちらにしても、食育、命に関する教育は難しいです。
私がこのクラスの担任だったらPちゃんはペットとして引き続き飼うことにします。
スポンサーサイト



プロフィール
いつでもモモといっしょ

モモママ

Author:モモママ
名古屋のお隣のT市に住んでいます。
名古屋生まれの名古屋育ち、名古屋大好き人間です。

家族構成
☆犬(モモ・2004.10.1生オンナ)保護活動をされているOさんより譲渡。T市の霊園の裏で生まれた野良の子です。
☆猫(マロ・推定2004.10.1オトコ)ある日、交通量の多い県道の真ん中で蹲っているのを保護しました。
☆猫(ゴエモン・推定2006.06.01.オトコ)息子が会社でリフト作業をしている時に、パレットの隅に蹲っているのを発見。里親探しをするつもりだったけど、当時はあまりに可愛くてうちの子に・・・
☆ダンナ(年齢 秘密、超頑固者)
☆本人(もちろん年齢秘密、動物と絵が大好きです)
☆娘(旦那ちゃんが美容室を開店、お店を手伝っています。名古屋の車道にあるTRUNK LINE、よかったら覗いてやってください。オシャレなお店ですよ~)
☆息子(嫁さん見つかるのかな~?)
・孫R(男の子、小学6年生になります。なかなかイケメンだよ。ジャニーズに入れなくちゃ~!)
・孫I(男の子)2013年6月産まれ、イケメンぶりはお兄ちゃんには勝てませんが、ぶさ可愛いかな?

現在の時刻

ブログパーツ配布部屋
カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最新コメント
月別アーカイブ
07  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02 
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
リンク
人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
いつでも里親募集中