スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病院に行って来ました~

皆さん、ご心配をおかけしてすみませんでした~m(_ _)m

木曜日、病院に行って来ました。
眼振検査、聴力検査。そしてめまいを誘発するためにベットに寝かされて、眼振を見るためのゴーグルみたいなのを付けて、ベットの上で頭をあっちへやったりこっちへやったり~でもめまいは誘発されませんでした。
医師の診断は、多分、良性発作性頭位めまい症ではないかという事。
本当はこの病気の場合は数十秒で発作は治まるらしいのですが、私の場合は数十分続きます。
嘔吐が伴うので、結構辛いです。
メニエールの場合はもっと発作が長いのかな~?
とりあえず、1週間分の薬と、めまい体操なるものを1日に5回くらいするように言われました。
これでめまいが改善されれば、良性発作性頭位めまい症ということです。
やはり、疲れや寝不足、ストレスはよくないみたいです。でもなかなかこれは解消できないな~今は暑いので特に毎日の外仕事は余計に疲れます。
でも頑張って、休みながら乗り切って行こうと思います。

そして、聴力検査ですが、やはり左の耳の聴力が著しく落ちていて、突発性難聴かも知れないけど、聞こえ難くなって1年くらい経っているのでどうしようもないみたいです。
低音が聞き難いので、車のクラクションや機械的な音は聞こえるので、日常生活で特に危険なことはありません。低い声が聞こえ難いです。高い声、子供の声はよく響きます。
左耳が聞こえ難いので、遠くから呼ばれるとみんな聞こえる方の耳の方向からに聞こえてしまう事があります。

ひさしぶりに大学病院へ行きましたが、昔とは随分変わっていました。
白い巨塔で、どんどん建物も立派で大きくなったのは勿論ですが、病院の体制が変わったように思います。
娘が保育園から小学生の時、小児喘息が酷くてしょっちゅうこの大学病院へ通っていました。その頃は検査の時は場所がよく分からず、聞いてもよく分からず、大学病院と言えば不親切で時間が掛かる・・・というイメージを持っていました。
しかし今は、検査の時は係りのイケメンの先生が迎えに来てくれて、物腰も穏やかだし、帰りは分かる所まで送ってきてくれます。
初診だったので、診察券発行の手続きなどちょっとまごまごしていると、係りの人が来て教えてくれます。
会計は受付で番号札を貰って、自動精算機で支払いをします。ここでも分からなさそうにしていると、係りが飛んできて(笑)教えてくれます。何時頃からこんなふうになったのかな~?
医療もある意味サービス業なので、患者さんが行きやすく気持ちが良くないと、大きな病院であっても離れて行ってしまうのかも知れませんね。
旦那や息子の付き添いで数回行ってはいますが、病院に関しては浦島太郎のような私。
今は大きな病院はどこでもこうなのかな~?







Dsc_0374.jpg










にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
にほんブログ村







にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 愛知県情報へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

目が回る~~

目が回ると言っても、忙しくて目が回るのではないんです^^;
今年の4月か5月頃に、回転性のめまいが初めて起こり、その後数ヶ月は何事もなかったのですが、先週の水曜日、土曜日、今週の月曜日と立て続けに起きました。普通に生活している時はまず起きないのですが、朝目が覚めると目がグルグルと回っているのです。
フラフラとするめまいではなくて、グルグルと回転するように目が回るのです。動かないで1時間くらいじっとしていると治るのですが、朝だと旦那の朝ご飯を作らなきゃと思って無理して起きて台所に立とうとすると、嘔吐が襲ってきます(><)

1年程前から外耳に膿が溜まるので、近くの耳鼻科で定期的に掃除をしてもらっているのですが、お医者さんに回転性のめまいの話ををすると、めまいと膿が溜まるのは関係ないし、めまいが起きている時でないと調べようがないと言われました。
大きな病院で検査してもらった方が良いのは分かってはいましたが忙しいし、面倒だし、そのままにしていました。
しかし、今回仕事に行くのが何時もより少し遅れたりしたので、会社の事務員さんにもその話をしたら、「絶対大きな病院で調べてもらった方が良いって~、今度の木曜日、件数が少ないから早めに配達を済ませて、大学病院へ行っておいで」と、仕事を休んで行っておいでとは言わなかったけど、お膳立てをしてくれたので、後には引けず行かないといけなくなりました^^;
まあ、自分だけで考えているとやっぱり面倒くさいと思って行かないだろうから、今回は思い切って行って来ます。
症状からするとメニエールかも知れません。
同僚の女性にメニエールの人がいますが、初期であれば薬で改善されるそうです。原因不明の回転性めまいもあるらしいですけどね。
大学病院って今まで自分の事で行ったことがなくて、やっぱり時間がかかるし面倒だな~って思ってしまいます。



今日、久しぶりにモモを洗濯しました~~
美人に磨きがかかったかな~~えへへ、親バカですみません^^;
洗うのも拭くのも私なので写真は撮れません。
そういえば、最近モモの写真をあまり撮ってないな~
今までに撮っただけで何百枚もあるけど、もっともっと沢山撮りたいな~~
暑くてなかなかお出かけも出来ないし~
近くてよく行ったドッグカフェも閉店してしまったしね。




Dsc_0374.jpg










にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
にほんブログ村







にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 愛知県情報へ
にほんブログ村




最近の猫事情

Dsc_0506.jpg

後姿が可愛い?我が家のゴエモン^^
前も可愛いけどね、最近私の癒しの存在№2です^^
私のハート型のビーズクッションは猫たちのベットと化し、シミだらけで引っ掻き跡だらけ~(><)






その1

昨年、ちょっとした知り合いの方から「ガリガリに痩せた子猫が死にそうになって歩いている」という知らせを受けて・・・しかし数時間経っていたため探しても見つけるすべも無く・・・近くにある林に親猫がいるらしいが餌やりをしている人もいると聞き、それなら生きてはいけるだろうと思い、たまにその近くを通ってみても猫達に出会う事はなく・・・子猫の事は気になるもののそのままでした。

仕事でその林の近くを週一で通るのですが、やはりずっと猫の事が気になって・・・
たまたま通りがかった人に聞いてみましたが、猫の姿は見かけたことは無いと言われました。
思い切って仕事で行くお客さんに、猫の事を聞いてみました。
お家の周りもとても奇麗にしている方で、小学生の2人の男の子のお母さん。小奇麗な方で野良猫の事なんか存じません~って言われるかも~というイメージでした。
思い切って聞いてみて、分かった事は野良猫ではなくすぐ近くの家で猫を16~17匹飼っている所があるのだそうです。ゴミ屋敷で猫達は家の内外出入り自由。避妊も去勢もしてなくて、当然子供もどんどん産まれますよね。子猫が轢かれて死んでいたので知らせると悪びれた様子も無く「うちの子です」と蚤だらけの子猫の屍骸を引き取って行ったとか。猫に関するご近所からの苦情も多く、市からも何度も勧告に来ているとか。しかし、「分かりました」と言うだけで何も改善されないそうです。
犬や猫の飼い方には色々あって当然です。しかしこんな飼い方は許されるべき事ではないですよね。



その2

私の病気の友達と猫の事は以前にも書きました。
友達はあれから少し前向きになり、あまり頻繁にメールや電話もしてこなくなりました。メールではなくて、手紙を書いたのが良かったのかも知れません。メール、それも私達はショートメールでのやり取りだったので、思いが伝わらなかったり、誤解を招いたりという事が多々あったと思います。いつも心配してること、でも死にたいと言われてもこちらまで暗い気持ちになってしまう事、何とか前向きに頑張って欲しい事・・・伝わったみたいで、友情に感動して泣いてしまったと言っていました。
友達本人もガンと分かって十数年経って、手術も2度目の入院も乗り越えて、今度はまさか歩けなくなるなんて考えてもいなかったと思います。なかなか現実が受け止められなかったんだと思います。
再入院になるかもしれないといっていたのにも関わらず、全くの車椅子生活だったのに、手をついて自力で立てるようになったそうです。リハビリ頑張って自力で少しずつでも歩けるようになるといいなあと思っています。人間の精神力って凄い。

そしてこの友達の猫たちの事ですが、こちらは全く進展がありません。
猫屋敷の猫達は、4匹のうち2匹は全く寄り付かなくなってしまったそうです。
あとの2匹に関して、私が直接関わっている子ではないので、私が無理に連れて行って手術をさせる訳にはいかないのです。餌やりやお世話をしている方に格安で送り迎えをしてくれる所がある事をお教えしました。でもその後何の連絡もありません。
その猫達の事を友達は元々猫友さんの子だからといい、猫友さんは友達の猫だからと言います。責任のなすり合いかい!

彼女達が言っていた「外に猫出す猫は去勢をしてしまうと弱くなる説」ですが、違う方から聞いたのですがうちのモモの掛かりつけの獣医さんも同じ事を言っていたとか・・・これはその方が人から聞いたという話なのではっきりした事ではありませんが。今度この話を何気なく振ってみようかな~^^;
初めてモモを連れて行った時、野良が産んだ子ですと言ったら「今時野良犬なんて居ないでしょ」と言われました。まあ野良をたくさん扱っている獣医さんでないと野良犬事情は分からないかも知れませんけどね。
他に人が居ない時、色々質問したい事が常にあるので、話を振るとあまり良い顔はされません。素人が色々知らんでもいいという感じなのかな~

日本では猫は、外を自由に行き来するのが当たり前というのが古くからの考え方だと思います。でも交通事故、伝染病、人に迷惑をかけるなど色んな問題が出てきます。完全室内飼いは進めるべきだと私は思います。
長くなるので完全室内飼いの是非はまた違う機会に書いてみたいと思います。


その3

私の犬友さん繋がりで、迷子になってしまった愛猫を1年近くも探していらっしゃる方がいます。
猫の名前はびぃちゃん。三毛の女の子です。探していらっしゃるのはびぃちゃんママさんです。


迷子の三毛猫びぃちゃん

普通、飼っていた猫がいなくなってもそこまで探す方は少ないと思います。
ご本人は探せる環境にあるからとおっしゃるけれど、そういう環境にあっても、なかなかそこまで出来ない人が多いと思います。
[何処かで大事に飼われてしまっているなら、さびしいけれどそれで仕方ないと思いますが
外でのら猫さんとして誰かからごはんをもらいながら辛い暮らしをしているようなら
絶対に見つけなきゃと思ってしまいます。]
私はママさんの この言葉に感動しました。自分が関わった子には最後まで責任を持つ・・・。


私も昔飼っていた猫が(当時は室内飼いではなく外に出していました。)帰って来なかった時、探そうという発想をしませんでした。帰って来なかったら仕方ないくらいの想いでした。
もし今、ニャンズがいなくなったら勿論さがしますけど。





バナーをクリックするとびぃちゃん探しのサイトに飛びます。
名古屋市緑区、豊明・・・猫はどのくらいの距離を移動するものなのでしょうね。情報はたくさんあるようですが、まだびぃちゃんに辿り付けていません。
鼻の下にノの字のある三毛ちゃんを見たらママさんまでお知らせ下さいね。
昨年、福島から来たワンコを約1ヶ月探した事がダブって思い起こされます。
絶対に探すんだという思いは必ず届くと私は思います。
びぃちゃ~~~~ん!!



その4

最近嬉しかったこと・・・
娘の所の小学5年生のお孫君、ここのところ娘の代わりに私が日曜日のスイミングスクールの送り迎えをしていました。
車の中で「バアバに報告したい事があるんだ。」と言います。
それは・・・
可哀相な事なのですが、猫が路上で死んでいたのだそうです。
大人の人に言いに行っても「そうなの?」と言うだけで誰もとりあってはくれなかったそうです。
普通の人は猫が死んでいるくらい何なの?ほっとけばいいでしょうくらいにしか思わないんでしょうね。
で自分で区役所の、わが市でいうと環境課という所に連絡をして葬ってもらったようです。
娘が「お母さんが動物の事をしてるから、こういう行動が出来たけどそうでなかったら、きっと見て見ぬふりをしたと思うよ」
一緒に暮らしていた4年間、その間も子犬を預かったり、捜索に参加したりしていたから、きっとそういうバアバを見ていてくれたんだね。
私がいなくなった後も「バアバはこういう事をしていたんだね」と、受け継いでいってくれて、すべての生き物に優しい大人になってくれたら、それ以上幸せな事はない。






画像 749

我が家に来て間もなくのゴエモンです。可愛いでしょ~
今は、ずいぶんぶちゃいくになったたにゃ~~


















にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
にほんブログ村







にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 愛知県情報へ
にほんブログ村




名古屋でデート^^

産後の休養で、火木土は娘の家に行く事が多かったのですが・・・(口実を作って、可愛い孫の顔を見に行っているとも言いますが~笑。)1ヶ月経って少し一段落したので、この火曜日にはブログ繋がりの犬友さんであるルル&マロンさんとスタンプーの大ちゃんと名古屋でデートでした~~♪
杏ちゃんと杏ママさんも一緒ですよ~♪
3人とも同じくらいのお年頃なのでお話が合うんですよ^^



場所は「猿カフェ葵店」


Dsc_0528.jpg


久しぶりの大ちゃん^^




DSC_0536-1.jpg


そしてママ命の杏ちゃん^^




そしてこの日のランチは~~


Dsc_0527.jpg


ポトフ風?のハンバーグ~~!!
とってもヘルシーな感じでしたよ~
パンが美味しいというのは聞いていたのですが、めちゃウマでしたよ~
自家製だそうですが、街のパン屋さんよりも美味しいです^^
テイクアウトできるのなら買って帰りたかったな~~



Dsc_0533.jpg


こちらはケーキセット。




Dsc_0529_20130719162207.jpg


Dsc_0531.jpg


Dsc_0530.jpg


ここはドッグカフェではないのです。
たいていはテラス席のみワンコOKなのでしょうけど、ここは普通にワンコと同伴で入店できるんです。
やっぱり大ちゃんは人気でしたよ~

あっと言う間に時間が過ぎてしまいましたが、とっても楽しかったです。素敵なお店をいっぱい知っているルル&マロンさん、杏ママさん、ありがとうございました~


こんなお土産も頂いちゃいました~♪

Dsc_0539.jpg

私が一つ頂いちゃった後で写真撮りました~失礼^^;



最後にワンコたちの集合写真、毎度なんですが、ルル&マロンさんの所からお借りしてきちゃいました~



4365.jpg

暑い~~~~~~~~~~!!!!

さ、殺人的な暑さが続いていますが、皆さん、お元気でしょうか~?
事実、熱中症で亡くなる方が今年もでていますし、熱中症対策怠らないようにしないといけませんね~
名古屋は月曜日くらいから最高気温が35度以下になるみたいですけど~




熱中症:6週間で7091人搬送 昨年の2.4倍


「熱中症になりやすい人、なりにくい人」




私は外仕事なので熱中症対策は欠かせません。
昨年までは粉のポカリを水で薄めに溶かしたものを飲んでいましたが、ポカリは糖分も塩分も結構濃いので、常用するのも何だかな~という感じでした(真夏だけではありますけどね)。
今年は冷やしたお水と塩飴を常備しています。本当はポカリは点滴の成分と同じもので、一番体には良いらしいのですけどね。
喉が渇いたと思ってから飲むのでは遅すぎるとよく言われます。なので出かける前にまず飲んで塩飴を口にしてからか出発します。
それでも焼付くような暑さには勝てません。
たまにふらつく事も~^^;
これってヤバいよね~
そんな時は水分を多目に摂って車の中で休みます。
あ~~~、この暑さ何時まで続くのかな~~(><)



さて、今回もワンコの話で~す。
フィラリアのお薬について少し書いてみたいと思います。

この時期であれば、ワンコと暮らしていらっしゃる方だったら必ずフィラリアのお薬を飲ませていると思います。
皆さんご存知だと思いますが、フィラリア予防薬と言われていますが蚊によって媒介されたフィラリアを殺すためのお薬です。予防薬というより本当は駆虫薬なんですね。
フィラリア症に罹らない為の予防という意味では予防薬で正しいのかも知れません。
なので、夏が終わり完全に蚊が居なくなっても決められた月まできっちり飲ませないといけません。
ずっと以前ワンコを飼っている方が「11月や12月まで蚊が居るわけないから、うちは最後まで飲ませないで翌年に回す。12月まで飲ませろって、医者の金儲けじゃない」とおっしゃいました。
その頃は、私もまだワンコのことにそんなには詳しくなくて・・・今だったらちゃんと説明できますけどね。
さて、それではフィラリアの薬にはどんな種類があるのか。



フィラリア予防薬について

1.錠剤・散剤(粉)・チュアブル等のおやつ型など毎月1回服用するタイプ。
2.半年に1回注射をするタイプ。
3.毎月1回液剤を皮膚に直接滴下するスポットタイプ。



日本国内では、イベルメクチン・ミルベマイシンオキシム・モキシデクチンという三種類の薬剤が承認されています。商品名としては、イベルメクチンは、カルドメック錠(チュアブル)・パナメクチンという商品名で、ミルベマイシンオキシムは、ミルベマイシンA錠(顆粒)・システックという商品名で、モキシデクチンは、モキシデックという商品名で販売されているようです。但し、薬剤名は発売元によって名称も変わるので、万国共通である薬剤名のイベルメクチン(Ivermectin)・ミルベマイシンオキシム(Milbemycin Oxime)・モキシデクチン(Moxidectin)で覚えておくと良いようです。


ボーダーコリーのブログ、パトンと暮らす日々」より転載させて頂きました。


私が今回何を言いたいかと言いますと、薬の種類を述べたいのではなく、フィラリア予防薬を与える前の病院での事前検査は必要かどうかという事です。
私が今かかっている獣医さんは事前検査を行いません。先代犬もモモもそれでショック状態に陥った事はありません。最初から毎年完全な駆虫薬の投与をしていますし。途中で投与を止めてしまったり、ご飯に混ぜて飲んだか飲まないかはっきりしないような飲ませ方だとダメですけどね。
まあまあ評判は良く絵て先生が一人でやっているので治療費や薬もお安いし、知り合いにも同じ獣医さんに掛かっている人は多いのですが、事前検査を行わなくてショックを起した犬の話は聞いていません。
しかし、薬を使用するにあたっては事前検査が必要だと謳われているので、検査をする獣医さんが正しいのだと思います。決して金儲けのためにやっているのではありません・・・と思います^^;
では私がかかっている獣医師は怠慢か間違っているのかと言えば、そうではないのです。




         。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

(あるサイトより引用)
フィラリアの予防薬は獣医師が事前検査をして与えないと副作用が生じ、危険だという説明が動物病院のホームページやそれを受け売りした個人のサイトにも時々見受けられます。
このページでは動物病院の行う事前検査がどういうものであるかについて紹介します。
国内ではフィラリア予防薬を投与するにあたって体内の成虫の有無を確認する事前検査を行うことが義務づけられています。
これは一般的に「フィラリア予防薬による副作用を防ぐため」と説明されています。
しかし実際には深刻な副作用が発生することがないのは専門家である獣医師が一番よく知っています
日本では海外と違って全てのフィラリア予防薬が処方薬に区分けされていますから、国内医薬品を使用する限り医師の処方が必要です。
また処方をするために事前検査が必須であるともされていますが、海外では事前検査が義務づけられていないという事実があり、事前検査の必要性については重大な疑問が残ります。
事前検査の必要性と同時にその信頼性についても疑問が残ります。
そもそも「事前検査」自体が成虫の有無を厳密に確認するよりも飼い主の目の前でやってみせる有料パーフォマンスの意味合いがあります。
フィラリアの成虫が体内にいるときにそれを駆除すべきかどうかは、その棲息数や犬の年令・体力などにより総合的に判断されます。
体内の成虫数の多寡は多くの場合、犬の環境や年令により推測が出来ますから成虫の駆除を前提にした事前検査を必要とする犬の割合は自ずから限られます。
そして成虫の駆除を前提にしなければ事前検査に大きな意味はありません。
結果が陽性であれ陰性であれフィラリア予防薬の投与は必要なのです。
今結果が陰性だからといって予防が不必要ということにはならないことは当然です。
動物病院で行う事前検査の方法で簡便なのは血液を採取して顕微鏡で覗くことです。
つまり、血液中にフィラリアの幼虫(ミクロフィラリア)がいれば、それを産んだ成虫がいるだろうということです。
これは真実ですが、逆も又真なり、ということではありません。成虫がいても幼虫が検出されないことはままあるのです。この幼虫検査の信頼度は極めて低いものです。
フィラリアは雌雄同体ではありません。ですから成虫が1匹だけの時はもちろん、同性だけがいたのでは繁殖をせずしたがって幼虫はいないですから顕微鏡では判断できません。



          。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

検査をしないで予防薬を与えると、成虫になったフィアリアの死骸が肺や心臓に詰まって犬がショック死するといろんなサイトに書かれていますが、成虫を殺す薬と幼虫を殺す薬は違います。
私が行っている病院で貰うモキシデックという薬は幼虫しか殺しません。成虫は殺しません。
なので検査はしなくても大丈夫ということです。
この間、数回犬友さんと事前検査云々のお話をしていて、もしも私が間違っていたら、愛犬を危機に晒していることになりますから、調べてみました。
素人が調べる事ですから、絶対に間違いはないとは言いませんが・・・
まだまだワンコの事も知らないことがいっぱいあって、絵もそうだけどワンコの事も一生勉強だな~とつくずく思いました。

そしてもう一つ、犬友さんでも海外から直接輸入をしている方もいます。しかしこれをするにはある程度のお勉強をしないといけないと思います。
日本でも動物病院で処方される予防薬がもっと安価になると予防ももっと徹底されるのではないかと思います。少々高くても、愛犬家であれば飲ませますが、値段に結構な開きがあるのは何故なのでしょうね~








さて、嬉しい事があったんですよ~♪
ブログのお友達の絵留ちゃん。16歳のお誕生日だったのですが、人間で言うと傘寿という事で、傘寿のイベントの抽選に当選したんです~♪
で、こんな素敵な賞品が送られてきました~~~




Dsc_0525.jpg


白桃のジャムのラベルは絵留ちゃんのオリジナルなんですよ~~
Dsc_0526.jpg


りん子さん、ありがとうございました~~








ラッキーちゃんにラッキー

6月後半から7月始めにかけて、仕事の合間を縫って娘の所へ食料の調達に行ったり、上の子のスイミングの送り迎えをしたり、忙しく楽しく過ごしておりました^^
孫は可愛いかって?
そりゃ可愛いけど、私はやる事がたくさんあるので、孫命じゃないからね~
食料調達には行くけど、掃除洗濯をするわけでもなく、ケーキを買って行って娘とくっちゃべって帰って来ます^^;
お互いにストレス発散^^;
お互いに旦那の悪口誉め合いをしています^^

今日の日曜日も娘の所へ行って来ました~日曜日はスイミングの日なので、送り迎えです^^
上の子は保育園の時の4年間、一緒に暮らしていたせいか、こっちのバアバが来るのを楽しみにしていてくれるとか~嬉しいですね^^
一緒に買い物に行くと、ちゃんと荷物持ちをしてくれます^^
でもお小遣いをねだられますけどね~^^;



あっ、そうそう嬉しいお知らせがあるんですよ~~
この前紹介したシーズーのラッキーちゃん、新しい飼い主さんが決まりました~~~~~~~~~~~~



Dsc_0515.jpg


私達と同じくらいの年齢の方で、娘さんがトリマーさんかなにか犬関係のお仕事をしていらっしゃるのだそうです。
今日からうちがまた預かりをする予定だったのですが、急遽Oさんが新しい飼い主さんの所へお届けすることになりました~
とてもお利口で穏やかな子なので、きっと新しい里親さんのところで幸せに暮らせるでしょう。
ラッキーちゃんにラッキー~~~
応援してくださった皆様、有難うございました~~~




続きを読む

日本にアニマルポリスを

シーズーのラッキーちゃんは金曜日に、保護をされているOさんの所へ帰って行きました~
また来る予定ですけどね^^
ラッキーちゃん、名前通り幸運に恵まれるといいなあ~

Oさんに聞いて知ったのですが、今、女優の杉本彩さんが「京都から日本初のアニマルポリスを!署名のお願い」と題して、アニマルポリス設置の呼びかけ人となっています。こういった著名人の保護活動に関して、色んなご意見があるのは承知していますが、著名人が呼びかける事で輪が広がって、アニマルポリス設置の方向性が少しでも実現に近づけたらそれで良いと思っています。

以下、杉本彩さんのブログから転載です。



アニマルポリスとは、
アメリカで動物虐待を監視・摘発する組織です。



公的な機関として
捜索・逮捕権限をもつものもあります。



2012年に
[動物の愛護及び管理に関する法律]が改正され、

動物の遺棄・殺傷・不適切な飼育に対する罰則が
大きく引き上げられました。



命ある動物を家族の一員、
社会の一員として、
慈しみの心、愛護の機運が高まる昨今ですが、

全国各地ではいまだ動物虐待が後を絶たず、
私たち国民の心を苦しめているのが実情です。



動物行政部局と警察の連携が強化されないかぎり、
新たに定めた法律は機能しません。



改正法の内容を具体化するため、
動物虐待を適切に取り締まる専門機関
「アニマルポリス」の設置の必要性を強く感じます。



もちろん、
日本全国に一斉に設置されるのが理想ですが、

設置までのハードルを下げるため
まずは京都からスタートさせたいと思っています。



この制度が京都でうまく構築でき模範例になれば、
全国に広げることも夢ではないと考えています。


例えば、動管法や動物関連法に精通した警察官を、
警察署内に担当官として置く、

もしくは動物遺棄虐待の専門部署を創設する、

または、警察官を動物行政部局へ出向・派遣する、

もしくは動物行政部局に警察OBを配置する。


そして、その担当部署ないし担当警察官の通称を
「アニマルポリス」として市民に周知。


動物虐待事案が発生した場合、
管轄の動物愛護行政職員・獣医師等とともに
アニマルポリスが同行し、

必要に応じて捜査・指導・検挙を行う。




以上のような内容を京都市長に要望いたします。




動物虐待事件が益々凶悪化している近年、

さらにアニマルポリスの必要性を
強く感じるようになりました。




動物虐待は、人への犯罪にエスカレートします。


エスカレートした犯罪者は、
次に弱者である子供たちに向かいます。




動物を守ることは、
私たち人間を守ることにも繋がるのです。




不適切な飼育、
ネグレクトから動物たちを守ることも、

今のままでは困難です。




人と動物が幸せに共生できる社会こそが
豊かで優れた社会であり、

人の真の幸福は、
そんな社会にしか存在しないとつくづく思います。




「京都から日本初のアニマルポリス」にご賛同いただいた方は、
署名のご協力よろしくお願い致しますm(__)m


なお、署名の期限は、
9月15日に設定していますので、
それまで全力で頑張りたいと思います。














京都からでも何処からでも良い、形だけの愛護法ではなく、動物達を守るための法律とその現実的な施行を願って止みません。
心ある一部の人たちが可哀相な動物達を助けても、動物を遺棄したり虐待する人間が居なくならない限り、不幸な動物が無くなる事はありません。

上のバナーからファイルを印刷することが出来ます。
ご協力いただけると嬉しいです。

締め切りは9月15日です。
よろしくお願いします。











にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
にほんブログ村







にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 愛知県情報へ
にほんブログ村




プロフィール
いつでもモモといっしょ

モモママ

Author:モモママ
名古屋のお隣のT市に住んでいます。
名古屋生まれの名古屋育ち、名古屋大好き人間です。

家族構成
☆犬(モモ・2004.10.1生オンナ)保護活動をされているOさんより譲渡。T市の霊園の裏で生まれた野良の子です。
☆猫(マロ・推定2004.10.1オトコ)ある日、交通量の多い県道の真ん中で蹲っているのを保護しました。
☆猫(ゴエモン・推定2006.06.01.オトコ)息子が会社でリフト作業をしている時に、パレットの隅に蹲っているのを発見。里親探しをするつもりだったけど、当時はあまりに可愛くてうちの子に・・・
☆ダンナ(年齢 秘密、超頑固者)
☆本人(もちろん年齢秘密、動物と絵が大好きです)
☆娘(旦那ちゃんが美容室を開店、お店を手伝っています。名古屋の車道にあるTRUNK LINE、よかったら覗いてやってください。オシャレなお店ですよ~)
☆息子(嫁さん見つかるのかな~?)
・孫R(男の子、小学6年生になります。なかなかイケメンだよ。ジャニーズに入れなくちゃ~!)
・孫I(男の子)2013年6月産まれ、イケメンぶりはお兄ちゃんには勝てませんが、ぶさ可愛いかな?

現在の時刻

ブログパーツ配布部屋
カレンダー
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最新コメント
月別アーカイブ
07  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02 
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
リンク
人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
いつでも里親募集中

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。