スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツバメの雛が~><

残念な報告です。
先日、うちの工場の軒下でまた今年もツバメが子育てをしているという報告をしました。
でも雛が4羽全部巣から地面に落ちてしまったのです。
それをうちの旦那が巣へ戻したらしいのですが、軍手をはめたのだけど足の先が引っ掛かってしまい結局素手で巣に戻したらしいです。
聞くところによるとツバメは嗅覚はあまり発達していないということで、落ちた雛は人間の手で戻してはいけないと言われるけど、戻しても子育てを続ける例もあるんだそうです。
しかし、人間や他の動物が近づいたことが分かると子育てを拒否してしまうことがあるとか。
うちにいる子達の親は子育てを放棄してしまって、巣の近くまでは飛んで来るものの、餌を運ばなくなってしまいました。
雛たちは見る見るうちに弱っていき、2羽は死んでしまいました(泣)
今朝になってまた雛が落ちていました。
親ツバメが落としたのか、他の鳥が落としたのか分かりません。
私は仕事に行っていて居なかったのですが、弱っていてほとんど動かなかったそうです。
2羽のうちの1羽はまた死んでしまいましたが、1羽は弱ってはいるもののまだ生きていて、でも元気がなくてクタンとしていたんだそうです。
見かねた旦那がミルワームを買ってきて(頭をちょん切って)食べさせようとしてもなかなか口を開かなくて、無理やり押し込んで食べさせたそうです。
今日は午前中はまあまあ天気も良く暑いくらいだったのですが、午後からは雲ってきて、肌寒いくらいになりました。そして雨も降ってきました。
きっと1羽だけになってしまった挙句、寒かったのがいけなかったんでしょうね。
箱に入れて電気で暖めてやったら、自分で鳴いて大きな口を開けて餌を食べるようになりました。
今、パソコンをやっている私の隣でチョコチョコと動いています。
いろいろネットで検索してみたら、やはり巣から落ちてしまい、1羽だけ残った子を育てた例もあるみたいです。
何とかこの子だけでも助かってくれるといいな~
あ、野鳥はたとえ保護のための飼育であっても届出が必要なんですってね。
今日明日くらいは様子を見て、市役所か動物病院に行って来ますね。
死んでしまった場合でも届出が必要なんだって~
野生の動物はいろんな病原菌を持っている可能性もありますしね。
育つといいなあ~育ってくれないかな~


画像 1681

ここから落ちてしまった雛。



画像 1679

何だか、何処が何なのかよくわかりませんね~
食欲旺盛です。
雛ちゃん、頑張れ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!!!!!!!!!!



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

もうひとつ動物のお話です。
やはりこれも先日お話した老夫婦が飼っているキャバリアのラブちゃんの事です。
あれから日曜日以外、雨降り以外はお散歩ボラに行っています。
昨日はちょっと犬臭い(犬だから当たり前)ラブちゃんを家へ連れてきてシャンプーしました。
とてもお利口さんで、嫌がることなくシャンプーされましたよ~
でもお耳が大きくて長いでしょ。お耳に水が入ると困るので、お顔とお耳だけは濡れたタオルで拭いてやりました。
そしてブラッシングして、出来ていた毛玉を取れるところだけ切って取ってやりました。
プロではないので、全部は取れませんでした。
ちょっとはさっぱりしたかな~

画像 1680



モモったら最初はお友達モードだったけど、一回だけ「ワン!」って吠えました^^
もしかしてヤキモチかな~


飼い主である老夫妻、牛乳屋さんの事務員さんのところへ、ラブを手離したいと言って来たそうです。
おじいさんの方が、みんなに迷惑をかけてまでという気持ちと、この状況ではおばあさんよりも自分のほうが先に逝くことは目に見えているので、おばあさんとラブだけ残しては心配で仕方がないからという気持ちかららしい。
それとおばあさんがちょっとだけのお散歩には行っているらしいが、その「お散歩も行くのが嫌だと言い出したらしい。
私も一応日曜日以外は行ける時は行くつもりでいるし、どっちみちちょっとだけどお散歩なら行かないでもいいんじゃないかな。
迷惑だと思うならみんな関わらないだろうし、困った時には甘えられるところには安心して甘えていいんだよ~
ただし、来週の火曜日から日曜日までは県美で搬入と展覧会があるので、当番やらなんやらで火木土はどうやっても行くことが出来ない。
牛乳屋さんの事務員さんも仕事中は抜けられないと言うし、どうしたもんかな~
ま、ラブを手離すという件はケアマネージャーさんとも相談してとりあえず無視することに。
痴呆の入ったおばあちゃん、またもしかして気が変わるかもしれないしね。
どうしても手離さなければならに状態になったらその時に考えればいい事だし。



<追記>

ツバメの雛の動画です。
旦那がチーちゃんって勝手に命名しました~
小松菜の粉末を買ってきて、ミルワームと一緒に与えています。
今はプラスチックの入れ物に入れているんですが、ダンボールの方がいいみたいですね。
猫達が狙っていますから><夜は隔離しています。
人間が傍に居ても、ゴエが手を伸ばしていたそうです。危ない危ない!
鳥保護の先輩犬白ママさん、突然電話してごめんなさい。
ご協力ありがとうございました。
とっても元気ですよ~♪







コメント

No title

ひなちゃん、無事に育つといいですね。
がんばれ!!うちは最近もう巣を作らないように防衛しちゃったけど、ひなが落ちたりしているのを、今あちこちで頻繁に見ます。
巣立ち間近で下に落ちちゃっている子もいるんだけれど、これは手出ししちゃだめって書いてあったから、様子を見るだけ。
でも車にひかれる子もいて・・・
野生って難しいですね。ひながんばれ~

ところで、キャバリアちゃん、モモママさんのお気持ちも分かるけれど、今おじいさんたちが手放すって言っているときに、手放してもらったほうがいいと思います。

それに「申し訳ない」って言っているけれど、おばあさんが散歩に行きたくないって言っていることとか、「申し訳ない」ということをタテマエにしているというのも、あるのかも・・・と思いました。
何も分からなくなったりしてから、ぎりぎりになって、手放すもなにもできないような状況になってからでは、お互いに不幸です。
少しでも早いほうが犬ももらわれやすい。
そこは現実的に客観的に考えたほうがいいような気がします。冷たいようだけれど。

頑張れ!

チーちゃん頑張れ~~モモママさんも頑張れ~~(*^_^*)
ちゃんと大きく育ってほしいですね♪
動画のチーちゃん可愛かったです!

ラブちゃん絶対手放させない方が良いですね
きっと生きる糧が無くなっちゃうような気がします
でもゆかさんの考えも一理あるし難しいですね
暫くは静観していた方が良いと思います。

No title

メール見てもらえたかな?つばめに粟玉はダメでしたね~(汗)ごめんなさい
つばめのヒナ元気で よかったです!
御主人にチーちゃんって名づけてもらったんですね!^^
大きな口を広げてかわいいです 鳥は食べる(食事)回数が多いのでお世話が大変でしょうが 元気に育ってくれるとよいですね!

ラブちゃんの幸せも~ 老夫婦の幸せも~・・・どこかで折り合いを つけないといけないのでしょうが・・・うぅぅ~ん --:

No title

ラブちゃんの問題、本当にむずかしいですね。

私もおじいさんにもうしばらくよーく考えてもらった方がいいような気がします。
で、気持ちが揺らがないようでしたらやはり里親さんを募った方がラブちゃんのためにもご夫婦のためにもいいかな...。
ラブちゃんの存在が心の支えである一方で、世話が思うようにできないもどかしさ、ラブちゃんに対する申し訳なさが逆に心の負担になりかねませんから。
愛するがゆえに、ラブちゃんには別の幸せをつかんでもらいたいという気持ちもおありなのではないかしら。

つばめの赤ちゃん、超かわいい!!
ちーちゃんって名前までつけてもらえて... ほんと頑張ってもらいたいですね~!
モモママさんは言うまでもないけど、パパさんもめちゃめちゃ優しいパパさんですね~^^。。
がんばれ~! 続報、楽しみにしていますよ。

No title

今日は動画も見れたし、コメント蘭にも入れました~。
チーちゃんはモモママさんや、ご主人様に必死にこたえてるようで、かわいいですね。
頑張れ、チーちゃん・・・

ラブちゃんの行く末はどうなるんだろうね・・・
おじいさんの言っている事が、よく分かるだけに、つらいですね。いろんな方のお世話になっても、自分が・・・残されたおばあさんガ、元気なら、悲しい選択はしなかったと思うの・・・

では、ラブちゃんの行き先が決まったら、一番ガッカリするのが、おじいさん、おばあさんと分かるだけに、本当に選択は難しいです。

No title

生き残ったちーちゃん、
がんばって、育って欲しいですね。
ラブちゃん、モモママさんに綺麗にして
もらってさっぱりしましたね。
ラブちゃんのこれからの事は
とっても難しい問題です。
一番に、ラブちゃんのこれからの
事を考えて、いい答えが出せるとといいですね。

No title

お久しぶりです。バタバタとした日を送っておりましたが、やっと遊びにこれました!と思って来てみたら、いろんなことがあったんですね。
↓の動物保護センターでの記事は胸が詰まりました。
助けてあげられなかったワンコたちの悲しげな瞳が目に焼きついています。
それでも、ギリギリのところで助かった命があったことに感謝すると同時に、たくさんの命の重さを実感しました。

燕のちーちゃん、頑張って生きてくださいね!
力強く鳴く声に生命の強さを感じます。
頑張れ!!

私の近所にも似たような方がおられます。
その方は女性の方なんですが、ポメラニアンを飼っておられて、今は週に何日かどこかのホームの人のお世話になっておられます。
たまにその方がポメちゃんを連れて歩いておられるのを見かけますがよぼよぼと足元がおぼつかない様子で心配になります。
今後、ポメちゃんがどうなるのか気がかりでなりません(;_;)
時々は親戚の方が見ておられるようなんですが・・。

ただ見ているだけで何もしてあげられない自分がとてもはがゆく思います。

☆コメントを下さった皆様へ~

何故だか今日は、自分のブログは見られるのだけど、FC2の管理者ページに入ることができません。
新しい記事が書けないんです><
私のところだけ?

皆様、チーちゃんへの応援の言葉をありがとうございました。
でもチーちゃんは今朝、死んでしまいました(涙)
あんなに元気だったのに・・・
ミルワームに加えて小松菜の粉末を溶いたものを与えたんですが、それがいけなかったのかなぁ。
犬白ママさんに教えて頂いたとり専門の動物病院、平日は診療は6時までで、午後からの仕事が終わってラブちゃんのお散歩、買い物に行って帰ったのは6時近く。
そこまで容態が悪いと実感していなかった私はのんびりしていました。
電話で病院にいろいろお聞きしたんですが、市販されている見るワームはおがくずしか食べていないので、栄養がないそうなんです。
病院では栄養価のあるミルワームが手に入るそうです。
旦那がすぐに病院へ連れて行くと言ったんですが、もい6時を少し過ぎていて再度病院へ電話をしてみたのですが、先生は今日はどうしても用があって時間外は診られないということでした。
他の病院でも応急処置くらいはしてもらえたかも知れないけど、もっと早い時点で連れて行けば良かった。
ごめんね、チーちゃん、助けてあげられなくて・・・・
ツバメは家の軒下のまた違う所に巣を作っています。
野生の鳥を保護するのは難しいことだけど、またこんなkとが起きたときには、最低限の知識くらいは持っておきたいですね。
チーちゃん、天国で大空を飛んでいるかな~
こういう例は全国で限りなくたくさんあると思います。
自然淘汰なのかも知れません。
でも目の前で小さな小さな命が奪われていくのを見るのは辛いです。
雛から人間が育てて自然に帰した例もありますから。

No title

カワイイ~!^^
ちゃんとお返事してるじゃないですか!
お世話は大変でしょうが、頑張ってください。
生き延びて欲しいなぁ。

キャバリアちゃん、複雑ですね。
私も手放すべき、とは考えましたが
心の拠り所…と知ってしまうとなんとも、ね。
私的にはゆかさんの意見と同じなんですが
モモママさんが実際にかかわっていらっしゃるので
モモママさんのご判断に任せるしか…
でも、犬の立場からするとやっぱり早い方がいいのよね。。。

No title

ちーちゃん、パパさんの呼びかけにお返事するほど元気だったのに。。。
とっても残念ですが、
当初よりも生きられたことは幸せだったのではないでしょうか?
うちのツバメも一羽は小さいうちに落ちて死んでました。
新しく巣作りしている方は無地に巣立つといいですね。

ラブちゃんの件、難しいですよね。
ご夫婦も心が揺れてるのかな。。。
きっと一番揺れてるのはラブちゃんなんだろうなぁ。。。

モモちゃん、最近モモママさんが付けてきた知らないわんこのニオイが
ラブちゃんだってわかって吠えたのかしら(笑)

☆ゆかさん

チーちゃん、死んでしまいました。
本当に野生の生き物を育てるのは難しいです。
ワンコの赤ちゃんのようにはいきませんでした(涙)
巣立ち間近だったらうちも手を出さなかったと思います。
この状態では親が飼育放棄をしてしまったら育ちませんものね。

キャバリアのラブちゃん、私もゆかさんやnacco さんのおおっしゃることよく考えてみました。
ラブちゃんのことを第一に考えれば、やっぱり早く新しい里親さんを見つけた方がいいでしょうね。
おじいさんの寝たきりの症状は良くならないのであれば、おばあちゃんとラブちゃんが残されるのは目に見えていますからね。
ケアマネージャーさんともお話して、一番良い方法を考えてみます。アドバイスありがとうございました。

☆かざふさん

みなさんが応援して下さったのに、チーちゃんは死んでしまいました><
野生の生き物を育てるには、それなりの知識も経験も必要なんでしょうね。それでも育たない場合もあるのかも知れません。
今回は自分達の力の無さを思い知りました。
でも、改めて命の素晴らしさを感じることが出来ました。
あんなに一生懸命に生きようとしていたチーちゃんが何かを教えてくれたような気がします。

そうなんですよね。ご夫婦の事を思うと、ラブちゃんをもう少しこのままにしておいた方がいいのかなと思いますが、ラブちゃんのことを考えると、いずれは新しい飼い主さんを見つけなければならなくなるのなら早い方が良いのかも・・・
難しい選択ですが、もう少し様子を見てみたいと思います。

☆犬白ママさん

メールありがとうございました~
いろいろお騒がせしてすみません^^;
チーちゃんは死んでしまいましたが、みなさんの温かい応援はきっとチーちゃんにも届いていると思います。

ラブちゃんと老夫妻、どういう選択をするのが一番良いのか、今一度考えてみます。
ケアマネージャーさんとの兼ね合いもありますが、一番良い方法を取りたいです、

☆マロリンママさん

ラブちゃんのこと、本当に難しいです。
おじいちゃんの言ったことを無視すると言いましたが、絶対に新しい里親さんを探さないということではなくて、今回はすぐに動くのではなくもう少し様子を見たいということです。
おじいさんはなかなか律儀な方で、私がシャンプーをしたら「お金を・・・」とおっしゃるんです。美容院へ連れて行ったのなら実費を頂きますが、私がシャンプーをしたのだからお金は要りませんと申し上げました。
何事にも気を使われる方のようで、だからおばあさんやラブちゃんの行く末が心配でたまらないんだと思います。

ツバメのチーちゃん、死んでしまいました><
残念でなりません。
でもあの一生懸命に生きようとしている姿はきっといつまでも忘れないと思います。
旦那はがここまでやってくれるとは想いませんでしたが、諦めも早かったです^^;というか旦那が餌も買ってきて朝やりもずっとやっていましたから、たった2日間でしたが、思い入れは大きかったと思います。
出来ることなら楽しい続報をお届けしたかったです><

No title

チーちゃん、虹の橋を渡ったのですね。
でも、ご主人様や、モモママさんにとても感謝をしていかれたと思います。
気を落とさないでくださいね。
ラブちゃんはモモママさんに洗っていただきサッパリしたでしょうね。
難しい選択になりましたね。

☆ノンノンさん

チーちゃん、可愛いでしょ~
でも死んでしまいました(泣)
はかない命でした。

ラブちゃんのおじいさんの気持ち、私も痛いほどよくわかります。
本心からラブちゃんを手放したいと言っているわけではないんですものね。
本当におばあさんの方が電気だったら心配ないのに・・・
辛い選択です。

☆エメラルドさん

何だか生き残ったチーちゃんが我が家の希望の星みたいな気がして~
無事に育ってくれればと思ったんですが、残念ながら死んでしまいました~><

ラブちゃん、ちょっとはキレイになったかな~もう随分洗ってなかったみたいですが、その割には汚れていなかったようです。
何とかみんななが納得できる形で答えを出せるといいと思いますが・・・

☆お地蔵さん

お久しぶりです。
私の方も何だか色々あって読み逃げしたりしてました^^;

保護センターでの事は本当に胸が詰まる想いです。
人間のちょっとした考えの持ち方で、こんあ不幸な子達をなくすことができるのに・・・
人間はどこまで自分勝手で傲慢な生き物なんだろうと思います。
こんあ奇跡がたくさん起きて欲しいものです。

ツバメのチーちゃん死んでしまいました><
そうですよね~あんなに元気に鳴いていたのに・・・
残念でなりません。

やっぱり、ラブちゃんと同じような境遇の子はいるものなんですね。
近所のおばさんんもそう言っていました。
これから高齢者社会になっていくともっと増えるんでしょうね。
高齢者の犬や猫を飼うことに対してサポートするしくみが出来ているといいのですが、多くは知られないままに悲惨な状態に陥るケースもあるみたいです><
なかなか手は出せないですよ~
私も今回は仕事をしている牛乳屋さんから頼まれたので、こういうことになりましたが、いつまで続けられるか・・・
でも出来る限り頑張ります^^


☆nacco さん

そうなんですよね~
チーちゃんと呼ぶと「チュッチュッ!」ってお返事していますよね。
こんなに元気だったのに、翌々日の朝には死んでいました。
具合が悪くなると急激でした。
何とか生き延びて欲しかったのに・・・涙

ラブちゃんの問題は本当に難しいです。
でも私もいつかは新しい里親さんを探さなくてはならなくなると思います。
つかさんがおっしゃるように、それなら早い方がいいというのも事実ですよね。
もう少しだけ様子を見て、私だけでは決められないので、ケアマネージャーさんとも相談できたらと思います。
そうですね、ラブちゃんのこと第一に考えるとね・・・

☆anegoさん

そうなんですよ~
チーちゃん、あんなに元気に鳴いて羽をバタつかせていたのに・・・
ツバメの雛が落ちて死んでしまうことはよくあるみたいですね。
先に死んでしまった3羽は仕方なかったにしても、チーちゃんだけは助けたかった~泣
でもこれも運命だったのかも知れません。
新しく作っている巣の方は、何とかみんな無事に巣立って欲しいです。

ラブちゃんの事は、私も複雑な心境です。
やっぱりワンコの事を第一に考えてやらなければいけないんでしょうね。

モモ、もう帰ってきたらクンクン匂い嗅ぎまくりでしたからね~
匂いの持ち主が判明して良かったのかな~

☆ノンノンさん

ノンノンさん、再度ご訪問ありがとうございます。
チーちゃんは死んでしまいました。
野生の鳥の事を本当に知らない自分達に気がつきました。
こんな事はそうそうあっては欲しくないけど、助けられる命なら助けたいと思います。
私たちも、精いっぱい生きたチーちゃんに改めて命の大切さを教えられた気がします。
ハイ!気を落とさないで頑張ります^^
ありがとうございました~

モモママ、しばらく来ていなかったけれど、そんな事があったのですね。

モモママ、モモパパさん、優しい気持ちをありがとう。
チィちゃん、最後の2日間、人間もいいものだ、ってわかって天国へ行けましたね。
一生懸命に生きようとしていましたね。
あの黄色いパクパクしたクチバシを見たら、虫でも捕まえて食べさせてあげたい気持ちになりましたよ~
チィちゃんが自分の分も長生きしてね、ってメッセージをくれましたね。

☆なつままさん

はい、いろいろありました。
最初はただ傍観するしかなかったけど、次々に死んでいく雛を見ていて、泣けて仕方ありませんんでした。
それも自然界の掟かもしれないけど、あまりに残酷です。でも野生の生き物は簡単に助けられるものではないことも痛感しました。
チーちゃん、人間もいいものだって思ってくれたかな~だとしたらそれだけでも嬉しいな。
チーちゃん、小さな小さな体で、私たちに元気を与えてくれました~
非公開コメント
プロフィール
いつでもモモといっしょ

モモママ

Author:モモママ
名古屋のお隣のT市に住んでいます。
名古屋生まれの名古屋育ち、名古屋大好き人間です。

家族構成
☆犬(モモ・2004.10.1生オンナ)保護活動をされているOさんより譲渡。T市の霊園の裏で生まれた野良の子です。
☆猫(マロ・推定2004.10.1オトコ)ある日、交通量の多い県道の真ん中で蹲っているのを保護しました。
☆猫(ゴエモン・推定2006.06.01.オトコ)息子が会社でリフト作業をしている時に、パレットの隅に蹲っているのを発見。里親探しをするつもりだったけど、当時はあまりに可愛くてうちの子に・・・
☆ダンナ(年齢 秘密、超頑固者)
☆本人(もちろん年齢秘密、動物と絵が大好きです)
☆娘(旦那ちゃんが美容室を開店、お店を手伝っています。名古屋の車道にあるTRUNK LINE、よかったら覗いてやってください。オシャレなお店ですよ~)
☆息子(嫁さん見つかるのかな~?)
・孫R(男の子、小学6年生になります。なかなかイケメンだよ。ジャニーズに入れなくちゃ~!)
・孫I(男の子)2013年6月産まれ、イケメンぶりはお兄ちゃんには勝てませんが、ぶさ可愛いかな?

現在の時刻

ブログパーツ配布部屋
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最新コメント
月別アーカイブ
07  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02 
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
リンク
人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
いつでも里親募集中

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。