スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっと落ち着きました~

1週間のご無沙汰でした~
このせりふでテレビで有名な人の顔が浮かぶ方は同年代?
どこでも使われている言葉ですけどね^^

名古屋での展覧会は何とか無事に終わりました。
今までは展覧会のある時にはほとんど会場に詰めていましたが、仕事を増やしたせいもあって、3日間しか行けませんでした。
一年間の行事が無事に一つ終わって一安心です。

絵の会の古いお付き合いの人は、私の犬バカさ加減や、動物保護問題に興味があることを知っていますが、最近は結構年配の方で新しく会に入られる方が多くて、その方たちに私が描いている絵の意図は?とよく尋ねるられます。
でもね、絵って感じ取るものだから、見る側が勝手に想像してしてくれていいんだけど・・・
その度に「動物と人間の共存」みたいなことを言っています。

それと一つ、今回の展覧会で嬉しかったことは・・・
会の中で私がお兄さんみたいに慕っている人がいるんですが(別に変な中じゃないですよ~絵の仲間ってもう男女の境界を超越していますから^^)ほんとはズッコケ漫才コンビみたいなんですが、その人が「誰が賞を取ろうと、僕らは自分の描きたい絵うを描いていこうね」と言ってくれました。
その人は風景を描いているのですが、ちょっと変わった絵なんです。
山や森があって、狸やイタチがいたり鳥が飛んでいたりします。まるで人間達よ、この自然を壊すんじゃ~ないぞって言っている気がします。
その人が絵で言いたいことと私の言いたいことは似ているような気がします。
ダイレクトに賞を狙って、それが絵を描く目的のような人もいますが、それはそれでいい。
私たちはやっぱり訴えたい事、描きたいものを描いていきたいです。
で、その頂点を極めた時にに賞が頂けたら最高ですね^^



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

さて「臓器移植法」改正案A案が衆議院を可決しましたね。
この案が参議院で可決されれば、脳死を一般に人の死とし、本人が拒否しなければ家族の同意で0歳児から臓器摘出が可能となります。
臓器移植を家族が拒否することもできるからいいのですが、、法律で「脳死は人の死」と定義付けるのは何だかちょっと待てよ~という気がします。
でもそう決めてしまうことで移植がしやすくなるので、移植を待つ家族や医者にとっては朗報なのでしょうね。
今までのように、国内では簡単に臓器移植ができなくて、莫大なお金をかけて海外で移植をするという例が減るのでしょうね。
海外に行って移植を待ちながら間に合わなくて小さな子供が亡くなってしまった例もありますね。
そういう方たちにとっては朗報だと思います。
自分の子供や家族が脳死になってしまったら、私はどうするんだろう。
やっぱりどんな形になっても生きていていて欲しいと父や母が亡くなるときに思いました。
心臓が動いていて温かい血が流れている・・・それだけでいいと・・・


もし自分の家族が脳死になってしまったら、自分はどうするんだろう。

コメント

お疲れ様でした~。
1つ大きな行事が終わりましたね。
お仕事が増え、大変だが、遣り通すって、精神的にも強くなりますね。

自分の描きたい絵うを描こうっていいですね。
しっかりとしたビジョンを持ち、崩さずいつも絵でうったえる・・・
いつか花が咲く日が来るでしょう。

「臓器移植法」で、助かる方が増えるといいですね。
もし、私の身に何か起きたら、登録しても良いが、母はというと断るでしょうね。
矛盾しているかしら・・・

モモママさん、お疲れ様でした。
お仕事の合間をぬっての展覧会へ
出かけるのって大変でしたでしょ。
これからは少しずつ睡眠も多く
取れるかしら?
先日、新しい保険証を頂きました。
裏を見たら臓器提供の欄がありました。
今までは別にカードをありました。
それが今は保険証と一体になっています。
私はカードを持っていましたが
今、この保険証を見て記入すべきかどうか
考えたいます。娘しか家族が居ないと
提供して助かる人がいるならばって
思ったりしますが、残された娘はどう思うのか?

モモママさん、怒濤の一週間おつかれさまでした~。

うんうん。絵はなんといってもその人が描きたいものを描くのが一番すばらしい作品にしあがると思います。情熱があってこそ絵に命が宿るんですものね。

脳死の問題。私もよく考えます。
今回の改正に関しては個人的にとてもよかったのではないかと思います。
外国での手術に関していろいろな面でハードルがどんどん高くなっているじゃないですか。手術を待ち望む家族にとってはどれほど救いになることでしょう。

逆に、絶対に脳死を「死」とみなすことのできないご家族も当然おられるでしょうから、それはそれで意思を尊重すべきだと思います。
本当にその時どきで慎重に対処してゆくしかないデリケートな問題ですね。

モモママさん、お疲れ様でした。
いつにも増して今回は大変でしたよね。
ゆっくり休んでくださいね。

脳死問題、改正には反対ではないですが、
きっぱりと線を引けるような簡単なことではないですよね。
私自身がそうなったら「死」と断定してもらっていいのですが、
モモママさんがおっしゃるように、自分の家族が・・・となったらどうなのか?
その時々で柔軟かつ慎重に対応していくべきなのでしょうね。

モモママさんお疲れ様で御座居ます~♪
慕っている方との会話が、励みになりますね(^^)
暫し、ごゆりして下さいね~。

臓器移植の件は、私は提供のカードを持っています。
パパさんにも言っています。
ただ、使えるものが有るかどーかは、わかりませんが…(^^ゞ
パパさんがそうなり、確かに心臓が動いている間は…って思うかも知れないけど、パパさんの意思を尊重しようと思っています。
でも、本当にこの問題は、辛い選択ですよね。。。

お疲れ様でしたm(__)m

モモママさんお疲れ様でした~
慕われている方と楽しい時間を共有出来て良かったですね!
凄いストレス発散になりますよね~(*^_^*)
エネルギー貯められたかな?

臓器移植の件は難しいですね
確かに議論はもう少しちゃんとして欲しかったけど現に待っている人は沢山いるので早く決まって欲しい~って言うのが正直な感想です!

もし自分の家族が脳死になったらどうするんだろう?判らないです!

お疲れさま~♪

展覧会、無事に終わって良かったですね~♪

とてもいいお話を聞かせていただきました。
誰が何と言っても描きたいものを描く!
これ鉄則ですよね。
人に媚びる為に描くなんて出来っこないです。
いいお兄さんが居て良かったですね~^0^/

臓器移植問題、私はまだ提供の登録してませんが
お役に立てるならどうぞ~の立場です。
脳死問題も家族に拒否をする事が許されているならばいいのではと考えます。
然し自分の家族に降りかかってきたらどうでしょう?
苦しむでしょうね。拒否するかも・・・。

マイブログ1,000回更新にお祝いコメント有難うございました。
これからも宜しくお付き合い下さいね~♪

少しゆっくりお休みになってください。

展覧会無事終わってよかったですね^^
モモママさんの「極めた先に賞がある」
素敵な考え方です。

子育ても人の生き方もすべてに通じることだなぁと思いました。
ほめられたいからよいことをする・・・そういう考えもあるだろうけれど、「自分の行動の結果褒められた」こどもにはそういう生き方を学んでほしいと思いました。
とても素晴らしい気づきをありがとうございました♪

脳死が人の死という定義は私も素直に受け入れられずにいます。
誰かにとっては最良の定義となっても、誰かには最悪の定義となってしまう。。。
辛い選択です。
生と死を深く考えさせられます。

何年前だろ?6~7年前かな。
韓国映画で2組の赤ん坊の話なんですが
片方はせっかく授かった赤ん坊、生まれてすぐ死んじゃう命なんです。
で、片方は生まれてすぐ臓器移植をしなければ死んでしまう命。
それぞれの親の思いの映画なんですけど。
最後にうまれてすぐ死んじゃう赤ん坊の親が
この子は臓器を提供する為に生まれてきた子。その意義を大事にしたいと
受け止めるんですよね。それまでに何度泣いて泣いて考えたか。
この映画をみてすごく考えさせられました。
脳死で生まれてきた子を「生きてるんだ」と思う気持ちはわかります。
でもその親が老いたら、先に死んじゃったらどうするんだろうか。
私はその事を考えてしまいます。

☆ノンノンさん

ありがとうございます。
お陰さまで、展覧会無事に終わりました~
なかなかハードな日々でしたが、確かにやり遂げた充実感がありますね^^

やっぱり人に媚びるのではなく、自分が描きたいものを描いていきたいです。
花が咲く時、きっといつかくると信じています。

臓器移植、私も自分ならいいけど家族だとやっぱり考えてしまうと思います。
人間の感情として当然な気もします。


☆エメラルドさん

ありがとうございます。
睡眠時間はあまり変わらないような気がします^^;
でも出かける所がすくなくなって、その分体は楽になったかも~

そちらでは保険証の裏に臓器提供の欄があるんですね。ドナーカードをわざわざというとなかなか持てないんですが、それも一つの意識をはっきりさせる手段としていいかも知れませんね。
家族と話し合って決めるのも大切なことですよね。
娘さんと是非話し合ってみて下さい。

☆マロリンママさん

ありがとうございます。怒涛の1週間が終わってほっとしました~♪

何の為に絵を描くのか・・・色んな考え方があっていいと思いますが、私はやっぱりこのスタイルでやって行きたいです^^

そうなんですよね。
今回の改正が通れば、15歳以下の子供の臓器移植も出来るので、助かる命も増えますよね。そういう点では私も賛成なんです。
ただ、あまり「脳死は人の死」という文字ばかりが先走りすると不安を覚える人もいるかもと思いました。
マロリンママさんがおっしゃるように、そうは考えない人たちの気持ちはしかりと尊重してほしいと思います。
本当にデリケートな問題だと思います。

☆anegoさん

ありがとうございます。
仕事を増やすとこういう時にはほんと大変だな~と思いました。

脳死問題・・・

>きっぱりと線を引けるような簡単なことではないですよね。

そうなんです。私が言いたいこともそれなんです。
色んな考え方があって当然だと思うので、線を引ける問題じゃないです。
私も家族のことなら悩むと思います。
やっぱりどこまで行っても提供する側の気持ちを尊重できる制度であって欲しいです。

☆りん子さん

ありがとうございます。
このお兄ちゃんとはほんとに漫才コンビでお互いに日々ボケまくっています^^;でも確かにこの言葉は励みになります。

りん子さんは臓器提供のカードを持っていらっしゃるんですね。
凄いです。尊敬します。
私も使えるものがあるなら使って貰っていいとは思っていますが、まだドナーカードは持っていません。意思表示しないと意味がないですよね。
臓器を提供される側に自分達が立った時のことも考えなくてはね。

☆かざふさん

ありがとうございます。
はい、こうやって同じ考えの人がいるというのは励みになります^^自分の考え方は間違っていないんだな~って。
ここに来て下さる皆さんにも沢山励まされて元気も貰っています^^

臓器移植問題、私も決して反対ではないんですが、そう、もっとちゃんと議論してから決めるべき大切な問題だと思います。
家族が脳死になったら・・・これは簡単に結論が出せる問題ではないですよね。

☆紅さん

労いのお言葉をありがとうございます。
お陰さまで展覧会無事に終わりました~

そうですよね^^描きたいものを描く・・・これは誰が何と言っても譲れません!
お陰様でいいお兄ちゃんがいて幸せですが、私のことを女だって思っていないらしいです(爆)

臓器移植、私も紅さんと同じです。
提供することは勿論いいのですが、拒否する立場もちゃんと守っていかなければいけませんよね。
家族に関しては私も拒否するかも知れません。
その立場になったら、悩みながら結論をだすのでしょうけど・・・

こちらこそ~
なかなかコンスタントにコメント出来ていませんが、よろしくお願いいたします。
でも1000回は凄いです!

ありがとうございます。
土曜日の午後と日曜日はゆっくりしています~
疲れを溜めないようにしなくては~若さ?バカさ?で頑張りま~す♪

☆*美~湖*さん

ありがとうございます。
「素敵な考え方」・・・そんなふうに言って頂けると照れますが嬉しいです^^
そうですよね、子育てにおいても誉められたいから良いことをする・・・私もそれはちょっと違うと思います。
ちょっと話がそれますが、私の兄のところの子供達が小学生だった頃、子供が居ない私の姉は通知表で「5」が幾つあったらお小遣いをあげるということをしていました。でも私は自分の子供には絶対にそれをして欲しくなかったんです。
なのでうちの子供たちが小学校に入るやいなや絶対にそういうことをしてくれるなと、私は姉に言いました。
だってお小遣いをもらうために勉強をするようになったらそれは本末転倒ですよね。
勉強もいいことも同じだと思います。

脳死は人の死・・・医学的にはそうなのでしょうけど、やっぱり割り切れない部分があると思います。
提供するにしても拒否するにしても、それぞれの考え方の違いを尊重することが一番大切だという気がします。

脳死 家族が そうなったら・・・また 臓器移植しか助かる手立てが無い!ってなったら どうするだろう?
自分自身なら どうぞ 使える部位があるなら!使ってください と言えるけど これが息子達が脳死状態で・・・どうするか問われたら、、、うぅ~ん 割り切って考えれるか!?自信が無いです。


展覧会 お疲れ様でした!
賞をとる為に絵を描くのも大変な事なんでしょうが 
自分の絵を描いていこう!と おっしゃる モモママさん&お兄様の姿勢が素敵です^^

☆シュナまま さん

生まれてすぐの赤ん坊の場合は親が決めるしかないんですよね。これも苦しい選択だと思います。
自分がその母親だったらやっぱり悩んだ末に、臓器提供を決めるかも知れません。
大人の場合とは少し違ってくるような気がします。
脳死で21年間生きた記録があるそうですが、確かに親の方が先に死んでしまう例もあるかも知れませんね。
ただケースバイケースだということは言える気がします。
脳死は人の死、と一つ括ってしまわないで、あくまでも臨機応変に対応できる世の中であって欲しいです。

☆犬白ママさん

どうせ無くなってしまう体なら、臓器提供することで違った命が助かると考えればいいのかもしれないけれど、肉親の場合は特に違った感情が働くような気がします。それはよく言われるように宗教的(信仰はしていなくても)なものであるかも知れないし、肉体を傷付けないまま天国に送りたいというはかない願いなのかも知れない。
それぞれの考え方があるから、やっぱり簡単に決められることではないと思います。

絵を描く目的も形も違っていていいんだと思います。
私は私のやり方で・・・それしかできないしね~
非公開コメント
プロフィール
いつでもモモといっしょ

モモママ

Author:モモママ
名古屋のお隣のT市に住んでいます。
名古屋生まれの名古屋育ち、名古屋大好き人間です。

家族構成
☆犬(モモ・2004.10.1生オンナ)保護活動をされているOさんより譲渡。T市の霊園の裏で生まれた野良の子です。
☆猫(マロ・推定2004.10.1オトコ)ある日、交通量の多い県道の真ん中で蹲っているのを保護しました。
☆猫(ゴエモン・推定2006.06.01.オトコ)息子が会社でリフト作業をしている時に、パレットの隅に蹲っているのを発見。里親探しをするつもりだったけど、当時はあまりに可愛くてうちの子に・・・
☆ダンナ(年齢 秘密、超頑固者)
☆本人(もちろん年齢秘密、動物と絵が大好きです)
☆娘(旦那ちゃんが美容室を開店、お店を手伝っています。名古屋の車道にあるTRUNK LINE、よかったら覗いてやってください。オシャレなお店ですよ~)
☆息子(嫁さん見つかるのかな~?)
・孫R(男の子、小学6年生になります。なかなかイケメンだよ。ジャニーズに入れなくちゃ~!)
・孫I(男の子)2013年6月産まれ、イケメンぶりはお兄ちゃんには勝てませんが、ぶさ可愛いかな?

現在の時刻

ブログパーツ配布部屋
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最新コメント
月別アーカイブ
07  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02 
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
リンク
人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
いつでも里親募集中

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。