スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛知の野菜?

最近、100坪の土地を借りて野菜作りを始めた同業の知り合いから、十六ささげをよくいただきます^^;
私は十六ささげって、全国的な食べ物だと思っていたんですが・・・
ネットで調べてみたら、愛知県や岐阜県特有の食べものだそうですね。最近は沖縄でも栽培されているとか。初めて知りました。


十六ささげってこんなのです^^
いんげんを長~くして平ぺったくしたような感じかな~
中に16個の豆が入っているので、この名前がついたとか。


画像 1753


画像 1752


昔は実家でよく食べていましたが、時に好きというわけではなく最近は買ってまで食べるということはありませんでした。
しかしこのところの十六ささげ攻め~笑
茹でてお醤油をかけて食べるのが一般的なのですが、それだけでは飽きてしまうので、変わった食べ方はないものかとネットで検索をしていて、この地方独特の食べ物だと知ったのですが、皆さんは十六ささげご存知ですか?

友達が味噌和えや天ぷらにするといいと言うので、早速試してみました。
まあまあですね~
炒め物に使ってもいいかも・・・




もうひとつ、これもこの間ちがう知り合いにもらったのですが・・・
白ナス。

画像 1756

これは京都でよくつくられているのだそうですが、初めて見ました。
本当はもっと白い色をしているのかな~

白ナス

普通のナと同じ食べ方をすればいいと言うので、田楽にしてみました。
普通のナスよりもやっぱりm実がクリーミーかな~



それからもう一つ、いろいろ見ていたら「かりもり」という瓜も愛知の伝統野菜と書いてありましたが・・・

かりもり

夏場になると普通にスーパーの野菜売り場にありますが、ほとんどはお漬物にします。醤油、味噌、糠などで漬けますが、うちは味噌漬けが好き。
漬物にしてもカリカリと歯ごたえがあって、これえさえあればおかずがなくてもご飯が何杯でも食べられるほど。

野菜のお話でした~





さて話は変わりますが、最近はOさんの保護活動のお手伝いからちょっと遠のいています。
野良ちゃんの餌やり当番もカラスが増えてしまって、一時中断してからやっていません。
正直言って、時間的にも金銭的にも(最近ではフードは配給してもらっていましたが)多少の余裕がないとなかなかできないものですね。
一時預かりも、早朝の仕事を入れてからは、私がいない間のケアができないのでしていません。
でも落ち着いたらまた再開したいと思っています。
こんな活動が必要の無い世の中になると良いですが・・・

それから老夫婦が飼っていたキャバリアのラブちゃんですが・・・
おじいさんが入院してからしばらくして、おばあさんまで入院してしまいました。
その間、面倒をみていてくださる方があったようです。
おばあさんは1週間ほどで家に戻ったようで、またラブちゃんと二人で団地にいるようです。
一度様子を見に行きましたが、私がまたお散歩ボラを再開すると、どうしてもいろんなことが気になってしまうのは目に見えていて・・・フィラリア予防の事とか、お風呂や毎日の手入れ等。
自分のところで引き取るなら、しっかりケアしますが、お散歩だけボラという立場ではなかなか手を出しても中途半端になってしまうので、私は手を引きました。
ケアマネージャーさんにはもしおばあさんが飼えなくなって、里親探しをするなら協力することとは伝えてあるので。
実はラブちゃんの里親探しのポスター、もう作ってあるんですけどね^^;
正直言って、気になって仕方がありません。
多少でも縁のあった子ですから。

ラブちゃんのことを知ってから、老後に犬を飼うことについてもう一度よく考えてみないといけないなと思うようになりました。
今はまだ大丈夫・・・でも人間はいつ病気になったり事故に遭ったりするか分かりませんから、絶対に大丈夫とは言えませんが・・・

コメント

「十六ささげ」「かりもり」も初耳です(^^)
いんげんの料理は、私はゆでて、ゴマダレドレッシングをかけて食べます。
はい!簡単料理です(^^ゞ

老後からのペットは、よくよく考える事と、準備が必要ですよね。
今の私の気持ちは、絵留の後は、飼わないつもりだけど…
入院して余計にそう思いました(^^ゞ

十六ささげ、かりもり ともに初めてしりました。
私はいんげんは蒸してすりごまをふって醤油で和えるのが多いです。
時々、バターで塩コショウ味もあります♪

愛知や岐阜ではこれらの種が売られているのですね
滋賀でも育つのかな~?
歯応え有るもの大好きなんです♪
歯がいいうちに一度たべなくっちゃ~(笑)

へえ~、わたしも2つとも知りませんでした。
平べったいインゲンはスーパーで見かけますが、これほど長くはありません。
いんげんはやっぱり天ぷらが好きかな、あと、ゆでてしいたけとニンニクでいためて塩こしょうで食べたり。
我が家の冷蔵庫にはたいてい入っています。

ラブちゃん無事でよかった。老夫婦の代わりに一応世話できる方はいるのですね。
老後のペット...特に独り身の場合はちゃんと万が一のことを考えた上でじゃないと飼えませんね。
う~ん、でもワンコのいない生活なんて耐えられなーい!!

どの野菜も初耳です~~~これって知らないと変ですよね~(T_T)
もう若くないのに苦手そうな野菜です(゜o゜)
普通のいんげんはたまに食べますが(笑)

ラブちゃん温かく見守っていた方が良さそうですね!
きっと時が来れば進展が有ると思います

老後の事難しいですよね、やっぱり二人とか一人じゃ寂しいとかありますしね
でも責任を持って飼わなくてはいけないとは思いますが・・・
そらが居なくなった後の事なかなか考えられないですね!

十六ささげって青森ではみかけないですね。
ささぎっていうのはありますが、こんなに細くないですね。
食べ方は同じかも。
モモママさんはお仕事も忙しいし、なかなか保護活動まで
手が回らないですね。それでも、今でもまだまだ
こうしたワンちゃん達がいっぱいいるのでしょうね。
私達、ひとりひとりが、ちゃんと責任持って暮らしていくことが
大事なのですが、そう考えない人も多いのが現状なのが
悔しいです。
ラブちゃん、元気にしているようですね。
私も今、こうして暮らしているけど、もしも
これから先、サスケもサラも居なくなったら
家族を迎える自信がないかも。体力的に
頑張れるか不安です。

十六ささげ、かりもり・・・どちらも初耳です。

宮城ではいんげんを「ささぎ」っても言いますが、そちらでは「ささげ」なんですね。
エメラルドさんのとこも「ささぎ」、やっぱ東北だからかな?

私は今年、モロッコいんげんっていう平べったいいんげんを栽培しましたよ。
意外な程に大収穫で、毎日食べる羽目になってます^_^;

先日お友達とあった時にも話しましたよ。
今いる子達が居なくなったら次に迎える子が最後か?とか。。。
自分の体力もあるし。。。
Hana、あと10年頑張れるかなぁ(笑) 

十六ささげはこちらでは お盆のときにお供えする野菜
のセットの中にはいってたりしますよ。 私は食べた
ことないですけど 母は昔亡くなった祖母におあげさんと
一緒に炊いたものを食べさせられたことがあるそうです。

かりもりって多分 こちらでよく出回ってる瓜のお漬物に
使われてるやつかなぁ? 白いナスは見たことあるけど・・ 
なんだかやっぱりツルっと光ったナス紺色をしてるほうが
おいしそうに見えるな~。

ラブちゃん元気で良かった!
おばあさんには悪いけど 私も里子に出されないかな~
って思います。 まだ若いみたいだしかわいくて性格も
いいから里親さん見つかりそうな気がするし。
年をとってから動物を飼うのは難しいですよね。 
子供さん夫婦と同居ならまだしも・・ ウチの両親も
もしリュウタがいなくなったら もう犬は飼わないと言って
います。 でも~~  リュウタの介護が終わったとたん
親の介護なんて嫌だから 生きる張り合いにも
なるようだし 小型のワンコとか飼って欲しいなって
ちょっとは思うんですけどね(笑)

「十六ささげ」「かりもり」って、私も始めて聞きました~。

白ナスは見たことがあります。

ラヴちゃんのこと、心配ですね。

ラヴちゃんは、どんな気持ちなのでしょうね。

おじいさんが、おばあさんが・・・入院をされるたびに心を痛めてると思います。

早く安心した、ご家族が出来たら、幸せなのでは・・・


♪りん子さん

「十六ささげ」「かりもり」やっぱり初耳なんですね~
十六ささげ、同じ神戸でも greendog さんはお盆のお供えのセットに入っているとおっしゃっているけど、やっぱり普通bは食べられていないんですね。
いんげんの胡麻和えは私もよく作るけど、ゴマドレッシングでもいいですね今度やってみよう。
簡単料理、大歓迎ですよ^^

老後からのペット、よく考える事と、準備、大切ですね。うちも娘や息子が同居だったらいいけど、離れていけば絶対に何かあった時にケアして貰えるとは限りませんからね。ただ私は犬のいない生活には耐えられる自信がないから、何らかの形で関わっていけたらと思います。
歳に関わらず、入院ということになると、やっぱり考えちゃいますね。

♪*美~湖* さん

十六ささげ、かりもり 、滋賀にもないんですね~
いんげんのゴマ和えやバター炒め美味しいですよね^^
十六ささげはいんげんと比べると皮を食べるという感じかな。

愛知と滋賀は特別離れているわけではないので、機構的にいっても滋賀でも育つと思いますよ。暑い時期にはよく育つらしいです。ただこういうのうを食べる習慣があまりないから栽培されていないんでしょうね。
歯ごたえのあるもの、いいですよね^^

愛知野菜

十六ササゲもカリモリも初めて聞く名前です。
随分細長いインゲンなのですね。
最近のインゲンは筋無しが多いので重宝し常備菜です。
胡麻和えやバターいため、サラダにも使いますよ。
インゲンで思い出しました。
私、若い頃インゲンって言うあだ名だったんです。
あまりにも細かったので。それがどうでしょう。
今や立派なソラマメの鞘のようです~(笑と涙)

老後のペットは問題が多いですね。
私も何度か飼いたいと思いましたが、犬を飼って居る兄妹たちからストップがかかりました。
5年10年先のことを考えたら、お散歩にも連れて行ってあげられないし
ケアーが出来ないって。2人の生活なので尚更ですね。
兄妹達も無類の犬好きですが、老犬が亡くなってからはもう飼っていません。

♪マロリンママさん

お返事が遅くなってすみませ~ん。
あ、やっぱり二つともご存じなかったんですね。
やはりこちらの地方独特のお野菜なんですね~何十年も生きてきたのに初めて知りました~笑
インゲンは天ぷらも炒め物も美味しいですよね^^
うちは彩りに使うことも多いかな。

ラブちゃん、老夫妻の他に世話をする人ができたわけではないんですよ。
おばあさんが入院している間は同じ団地に住んでいる人が見ていてくれたらしいのですが、今はまたおばあさんと二人きりでいます。ちょっと心配ではあるんです。
老後のペット・・・そうなんですよ~私もワンコのいない生活なんて考えられません!どうしよう~

♪かざふさん

お返事が遅くなってすみません。
やっぱりこれらの野菜、初耳なんですね^^
若くないとか関係なく、男性は野菜が苦手な方がけっこう多いですよね。うちの旦那なんかお芋の煮っころがしなんかは食べますが、お浸しとか生野菜は全然食べません^^;

気にはなりますが、ラブちゃんのことは私も少し様子を見ることにしました。
良い方に進展することを願っています。
老後のペット、難しい問題ですね。
私はワンコのいない生活は考えられないけど、だからと言って無理に飼うことも出来ません。

♪エメラルドさん

お返事が遅くなってすみません。
あ、やっぱり青森にも十六ささげはないんですね~
宮城のanego さんのところと同じで、そちらのささぎはいんげんのようなものなのかな?

はい、保護活動のお手伝い、時間的にも余裕ができたらまたやりたいです。
レスキューを必要としているワンニャンはまだまだ後を絶たないようです。早く動物達が安心して暮らせる世の中になって欲しいですね。

ラブちゃんは元気でしたよ~♪
モモが仮にあと十年生きるとして、その頃には私も高齢の域に達していますから、よく考えなければいけないと思います。
歳をとってからでも安心してワンコが飼えるようなサポート体制があると良いんですけどね。

♪anegoさん

お返事が遅くなってすみませ~ん。
やっぱりね~
十六ささげ、かりもり・・・この地方特有の野菜なんですね。
anegoさんのところもエメラルドさんのところも「ささぎ」なんですね。地方によって発音が違うところも面白い~
モロッコいんげん、ことらの方のスーパーで売っていますが、食べた事はありません。豊作なんですね^^

老後のペットの問題、それぞれ考え方もあるし、人によって体力も違うだろうし、一概には言えませんが、その時になったらちゃんと考えなければいけない問題ですね。
Hanaちゃん、あと10年、大丈夫ですよ~

♪ greendog さん

十六ささげ、お盆のお供えのセットに入っているんですね。
今は普段に一般的には食べられていないけど、お母様やお祖母や食べられていたんですね。
やっぱり東北や関東に比べると、神戸は愛知と近いからなのかな~食文化で交流点があるのかも~

かりもりは奈良漬けなんかに使われる瓜とはまた違うみたいです。
そうそう、私もやっぱりナスは紺色でツヤツヤしていたほうが美味しそうだしいいと思います。

私もラブちゃんが元気でいるのを見て嬉しかったです。
おばあちゃんが淋しいのは分かるけど、やっぱり現実問題としてずっと飼うのは無理だと思うんですよ。でも手離すことを強制はできないし、複雑な気持ちです。
ラブちゃんは本当に人懐っこい子なので、里親さんきっと見つかると思います。
おじいさんが入院する前に手離すって言った時に、ちゃんと対処していれば良かったと思います。
greendogさんのご両親がもう飼わないとおっしゃるお気持ちもよく分かりますがgreendogさんがいらっしゃるから大丈夫ですよね。

♪ノンノンさん

やっぱりノンノンさんもご存知ないんですね~
白ナスは主に京都で栽培されているそうなので、京都に近い滋賀では珍しくないのかも~私は白ナスは初めてでした。

ラブちゃんのことはずっと気になっていました。
ラブちゃんはおじいさんやおばあさんが大好きなので、きっと入院された時には心を痛めていたのでしょうね。
ラブちゃんのためにもきっと早く新しい里親さんを見つけた方がいいと思うのですが・・・

♪紅さん

十六ささげ、いんげんと比べると、ひらぺたくってどちらかと言うと皮を食べる感じです。
あだ名がいんげん(笑)
紅さんは今でもスリムじゃないですか~紅さんがそらまめの鞘だなんて~
だったら私は何だろう?やっぱり豚だ~爆

老後のペット問題、真剣に考えないといけない問題ですね。
紅さんも本当はワンちゃんがお好きなんですものね。でも責任があるから好きだというだけでは飼えない。
私もよ~く考えてみます。
非公開コメント
プロフィール
いつでもモモといっしょ

モモママ

Author:モモママ
名古屋のお隣のT市に住んでいます。
名古屋生まれの名古屋育ち、名古屋大好き人間です。

家族構成
☆犬(モモ・2004.10.1生オンナ)保護活動をされているOさんより譲渡。T市の霊園の裏で生まれた野良の子です。
☆猫(マロ・推定2004.10.1オトコ)ある日、交通量の多い県道の真ん中で蹲っているのを保護しました。
☆猫(ゴエモン・推定2006.06.01.オトコ)息子が会社でリフト作業をしている時に、パレットの隅に蹲っているのを発見。里親探しをするつもりだったけど、当時はあまりに可愛くてうちの子に・・・
☆ダンナ(年齢 秘密、超頑固者)
☆本人(もちろん年齢秘密、動物と絵が大好きです)
☆娘(旦那ちゃんが美容室を開店、お店を手伝っています。名古屋の車道にあるTRUNK LINE、よかったら覗いてやってください。オシャレなお店ですよ~)
☆息子(嫁さん見つかるのかな~?)
・孫R(男の子、小学6年生になります。なかなかイケメンだよ。ジャニーズに入れなくちゃ~!)
・孫I(男の子)2013年6月産まれ、イケメンぶりはお兄ちゃんには勝てませんが、ぶさ可愛いかな?

現在の時刻

ブログパーツ配布部屋
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最新コメント
月別アーカイブ
07  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02 
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
リンク
人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
いつでも里親募集中

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。