スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウイルス性の感染症

と言っても、我が家のシッポの子達のことではありません。
楽しくGWのお休みを過ごしていたモモママですが、実は悲しいことがあったんです。
火曜日、一日お仲間展の当番だった日、知立に住む友達から猫用の別宅に住んでいるメイちゃんの様子がおかしくて入院させなければいけないという知らせが携帯に入りました。
そして、その日のお昼頃には「メイちゃんが死んじゃった~」という鳴き声の知らせが留守電に入っていました。
美術館ではゆっくり話ができないので、当番が終わって家に帰ってからゆっくり話を聞きました。
もらい泣きして・・・でも明日は火葬場に持って行くから、今日は一晩メイちゃんのそばにいるからという友達を励まして電話を切りました。
メイちゃんはモフモフの毛のペルシャ系の可愛い子でした。迷い子だったのか捨て猫だったのか良く分からないのですが、すごい毛玉が幾つも出来ていて、それを取り除くのが大変だったようです。
友達の家へ来てちょうど2年。短い一生でした。

昨年の10月頃に私がへその緒をが付いたままの子猫を4匹保護したことがありましたよね。
1匹は保護して間も無く死んでしまったけど、残った3匹のうちの1匹を引き取ってくれたのがこの友達です。
このメイちゃんと一緒に別宅で暮らしていたんです。
で、今日も絵の当番だったのですが、携帯に電話がかかってきて、うちから行ったチビの方も様子がおかしいので入院しなければならなくなったんだそうです。
何でもウイルス性の感染症らしく、病名は聞いていないのですが、電話をかけても通じません。
また調子がおかしいので寝ずに看ているんだろうか・・・
心配ですが、連絡が取れないので状況も分からず・・・


友達は家猫として3匹、外猫として数匹の面倒を見ています。
家猫も外に出しています。そして、外猫のシジミちゃんという子をこの間家に入れて、メイちゃんやチビと一緒にご飯を食べさせたそうなんです。
シジミちゃんも1週間か10日前にやはり死んでいるんです。
メイちゃんもチビも感染症なら原因はここらへんにあることは間違いないでしょうね。
厳しい言い方かも知れないけど、家猫と外で暮らしている子とははっきりと区別をつけるべきだと思います。
こんな悲劇を避けるためには・・・
それでもウイルスを人が媒介することだってあるんです。
私も事あるごとに、「家の猫は外に出していないよ。交通事故も怖いけど、ノミやダニ、いろんなウイルスを拾ってくるのが怖いから・・・」と友達に言ってきました。
でもこの友達は、うちの旦那と同じで「猫は自由に外を出歩くもの」という考え方を持っています。
家の旦那も・・・とくに我が家ではマロが人間に懐かず、外に出たがっている様子なんですが、それを見てマロは外に出してやった方がいいと言うんです。
でも私は頑として受け付けません。「外に一度でも出したら、私はもう家に入れることはできないからね。外猫にするつもりなら仕方ないけど!」って言ってあります。
私も猫は自由に外を歩き回るもの・・・という考え方が分からないでもないんです。でもそれは昔のこと。
古き良き時代にはそれが通用したかも知れませんが、猫が嫌いな人も居ますから、よそで迷惑かけることもはばかられますしね。



・・・・・と、ここまで書いていたら・・・・・

友達から電話がかかってきました。
チビ・・・ミーシャという名前なんですが、入院しましたが、こちらはまだ若いし体力があるので何とか助かりそうなんですって~
良かった!!
メイちゃんが死んでしまったのは本当に悲しいけど、チビだけでも助かってくれればね。

で、亡くなったメイちゃんの写真を携帯で撮ってあるので、プリントアウトして飾りたいって言うんだけど・・・アナログな友達で、パソコン持ってないし、カードに移してプリントアウトしてあげるよってことで、そこの家に行くんだけど・・・
メイちゃんが感染症で亡くなってまだほんの数日でしょ。
塩素系の洗剤で消毒したって言っていたけど、正直言ってウイルスは目に見えないから、私が我が家へ運んでしまわないか心配です。
我が家にも2匹のニャンコがいますからね。
あまり長居しないで、帰ったら私も塩素消毒しなくちゃ。


<追記>

やっぱり亡くなった猫ちゃんが住んでいた家に行くのは心配で、行くのは止めることにしました。
犬白ママさん、お出かけのところ突然電話してしまってすみませんでした
ロッタとパーシーのおかあさんにも電話かけてしまいました。運転中だったかも~

本当に猫パルボだったら怖いですものね。
友達には、お医者さんにはっきりした病名を聞くように言っておきます。
我が家にニャンコが居なかったらいいのですが、うつってしまったら困りますから~



<追記の追記>

結局、友達にはうちの最寄の駅で途中下車してもらって用事を済ませ、私は猫ちゃんたちの別宅へは行きませんでした。
ロッタとパーシーのおかあさん、お電話ありがとうございました。
お騒がせしてすみませんでした。
よく聞いたら、病名はやはり猫パルボだったそうです。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

これは、うちの行きつけの車の修理屋さんのワンコ。

画像 2078


写真を撮りたいと言ったら、捕まえていてくれたんだけど、せっかくの可愛いお目々が出目ちゃんになってるよ~
そして、大きくて凶暴なワンコがこっちに居るよと言うので行ってみたら~



画像 2072

どこが大きいんじゃ~!!
柴系のミックスでしょ~
これで大きかったらうちのモモは怪獣じゃない^^;
でもって凶暴だって言うけど、私が行ったら即腹見せ~♪だったよ~
それにしても、ブラッシングくらいしてあげなよね><

昔、ここに居たワンコは外飼いだったんだけど、小さい時から同じ首輪をしていて、首輪が食い込んでもいても気付いてもらえなかったらしい。
代が変わっても、ワンコの飼い方は変わっていないみたいね。首輪は大丈夫みたいだけど・・・



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


「モモママ絵日記」更新中

コメント

良かった!

もう一匹ちゃんは助かったんですね、良かったです!
感染症は怖いです、体力のない動物達はすぐに移ってしまうので気をつけて下さい。
モモママさんの言うとおり家の中の猫ちゃんは家の中が良いと思います
外にすると色々な物を持ってきたりしますからね!

食事会ではストレス発散できたかな?
美味しい料理良いですね~(*^_^*)
写真展の当番お疲れ様でしたm(__)m
でも楽しい絵に囲まれて幸せなのかな♪

また忙しい日常に戻りますが体調を怖さないように頑張ってくださいね(^O^)/

こんばんは~!

すみませんでした~<(_ _)>今日は、お電話下さったのに~外出してまして気付いてなくて~・・しかもタイミング悪く掛けてしまって~!

なるほど~・・私も何度も言いますが~・・モモママさんの仰る通りだと思います。
よそ様に迷惑を掛けてもいけませんし~・・今のご時世、人間と共存して行くのに~完全室内飼いをお友達にもお勧めしたいです。虐待する人間も居ますしね~・・
お電話でも話しましたが~うちのヨルくんも捨てられたのか・・?迷い猫になってしまったんだか・・?多分・・捨てられたから姉んちの庭に数日留まってたんだと思うのですが~・・その間・・数日間の野良してた時に何かウィルスを拾ってしまった事による心疾患なんですよ。先生いわく!でも~・・↑このケースは明らかにヨルくんのそれとは違う感染力の強いウィルスが考えられますよね~・・
先ず!獣医さんに電話ででも~どう言った病気なのか病名を聞くべきで~隔離の必要性とか~他の猫への影響とか疑いなんかを聞かなくては!って、思います。
お友達の場合・・↑この様に飼育してみえて~そう言ったウィルス性の疾患に掛かってしまう事も・・その子の持って生まれた寿命で~って、考えならモモママさんが助言して差し上げても~きっと変わらないのかもしれませんが~・・色んな方がいるので~・・お友達とは言え~これ以上は何とも言えませんよね。

お友達には~きちんとお話して~行かない方が懸命です。私なんか~毎年ワクチン打ってても~毎月レボリューションしてあっても~野良ちゃんに触れたら手を洗うまで家の子たちを触りません。神社のにゃんこの所に行っても~先ず触りません。冷たいかもしれませんが~ヨルくんの事があるので先生に重々言われてますから。母ですからね~・・それと~猫から猫の感染疑いにしても~ロッタたちとも絶対一緒にしません。子猫をレスキューした時も~健診を受けてから・・先生のオッケーを貰ってからでないと絶対に一緒にしません。すごく冷たいですけど~・・・昔{子供の頃}半野良状態で家と外を自由に飼ってた猫たちは~1匹が拾って来た感染力の強い伝染病で~次々感染してって獣医さんに通ってたり、入院したり~・・でも、結局みんな順番にその病気で死んでしまいました。子供心に~その怖さも見て来てよく覚えてます。だから余計です。どうも神経質になっちゃいます。
長々とすみません・・・<(_ _)>

このワンコも~・・ブラシ・・・してあげて欲しいですよね~・・何だかな~・・・(T_T)

絵っ!!SalちゃんHanaちゃんなんですね~!モモママさん!乗ってますね~♪ありますよね~・・筆が運ぶ時って!今調子が良さそうですね~!アイデアがあふれ出て来ますか~?その勢いで頑張って納得の行く作品にして下さいねっ!

☆かざふ♪さん

ハイ、多分もう一匹のニャンコは助かるみたいです。
まだまだニャンコの完全室内飼いは普及してない面があるようです。私達の年代は家の中と外を自由に猫が行き来するのが普通でしたからね。なかなか言っても考えを変えてくれません。
病気を拾って来るのが一番怖いです。

食事会、楽しかったです♪
展覧会の当番はやはり好きな事だし、いろんな人とゆっくりお話ができて、パワーを貰うことが出来ました。
体の疲れも随分取れてリフレッシュできましたが、明日からまたお仕事がしっかり始まります。
お盆休みまで体に気をつけながら頑張らなくっちゃ~です。

覚えてますよ。
去年4頭の捨てられた猫ちゃんモモママさん一生懸命見ていらっしゃいましたね。
一頭は亡くなったけど、後三頭は里親さんが見つかりホットしたこと思い出しました。
猫パルポだったのですね。
猫にもパルポってあるのですね。
犬と一緒なのですね。
犬みたいに予防接種はしないですか?
猫ちゃんのことはよくわからないのですが、
伝染病なら隔離しないと怖いですね。
ほんと病気で亡くなったら可哀想です。

☆ロッタとパーシーのおかあさん

こちらの方こそ、お出かけのところを電話してしまって申し訳ありませんでした~
電話を頂いた時は、ちょうど仕事が終わったところだったのでよかったんですよ~♪

嫌いな方はニャンコに干してあるお布団を触られるだけでイヤみたいですし、何か悪さをしてあるとあそこの猫だって濡れ衣を着せられることもあります。
ヨルくんが心臓に疾患を持っていることはお聞きしていますが、ウイルス性のものなんですね。
今回の場合・・・今日、友達に再度確認してみましたら、病名は猫パルボだそうです。
伝染性の疾患の中でも厄介なヤツです(><)
なので、私は友達に言ってむこうへは行かず、うちの近くの駅で落ち合うことにしました~
そうなんですよ~
私は以前から完全室内飼いを勧めているのですが、今回のことで多少は考え方を変えてくれるんだろうか?
先住ニャンコが死んでしまった事には随分ショックを受けてはいるようですが・・・外に出してやらないとストレスが溜まるからと言いますが、慣れてしまえばどうってことはないと思います。うちのマロみたいなのは例外ですが、マロでさえ脱走事件の時は外には出てはみたものの、遠くには行かなかったんですもん。
パルボだったので、やはり隔離は必要だと思います。塩素で消毒して、本宅にもう一匹いる猫とは接触させていないようです。
私も昨年保護した4匹のチビニャンコは検診でずに家に入れてしまいましたが、やはりちゃんと調べてもらってからの方がいいとつくずく思いました。
子どもの頃にそういう経験があると余計に慎重になりますよね。でもそれくらいで丁度いいんだと思いますよ。

このワンコ、抜け毛が何とも痛々しい?ですよね。かまってもらっていないのが丸分かりです><

絵、今は連休中で体も楽だし、気持ちだけは張り切っていますが、どこまで持続するかが問題です。息切れしなければいいけど~
アイデアは溢れ出るほどありませんよ~
でも頑張らなくっちゃ~です!!!
今日はお出かけでお疲れのところ、訪問して下さってありがとうございました。

そうなんですか。ワンコも色々病気がありますが、ニャンコのウィルス・・・
可哀そうでしたね。
チビちゃんはもう安心かな?

抜け毛のワンコ・・・先代ムクもこんな感じで抜けたのですが、この毛を取るのが好きで(笑)
ブラッシングしてあげたくなりますね~

若い頃の梅吉は散歩に行くとダニを拾ってきました(><)
鼻の頭に数十匹見つけた時はギャーでしたよ~
今はおじいちゃんなのでダニもよって来ないですね^^;)
この前も実家に行ったら、目はボヤ~としか見えないので、網戸にぶつかっていましたが
私を見つけると抱っこ~でした^^)
可愛いおじいちゃんです。もう獣医さんからフィラリアの薬を飲ませないほうがいいと言われたそうで・・・
室内で飼っているし、薬から体への負担の方が心配だそうです。
心臓も弱ってきているそうで(><)
でもまだ知らない人には吠えたり、靴下で遊んでいます^^;)

完全室内飼い 始めは 鳴かれたり走り回ったりするかもしれませんが猫側が納得すれば
病気や事故からも 身が守れるし・・・ストレスは 飼い主さんが遊んであげれば かなり解消されるかと思いますし

お友達も 今回のことで 室内飼いをしてくださると良いデスネ
亡くなった猫たち
猫パルボだったんですね・・・3ヶ月ぐらいはウィルスが生きてる アレですよね(汗)
外に出ない子でも 飼い主さんの靴の裏についたウィルスで感染してしまうこともあると聞きます。
我が家へ来る 猫たちも 家へ連れてくる前に
必ず動物病院で 簡単な健康診断をしてもらってから家へ入れるようにしてます。
神経質かもしれませんが なにか あってから後悔したくないので・・・(^_^;)

車やさんの 大きな凶暴なワンコ
モモちゃんが・・・例えに 大笑いしちゃいました(^^ゞ 

モモママさんの選択、正しかったと思います。
ウイルスを持ち帰ったりでもしたら大変ですものね。
チビちゃん、元気になりますように!

ネコちゃんの外飼い、昔はねずみを獲ったりしてましたからね。
でも今はちゃんとフードを与えられてるから、
そういうことも必要なくなりましたし、病気とかを考えても、室内飼いの方がストレスが少ない気がしますよね。

柴系MIXちゃん、優しいお顔じゃないですか!
もっと手をかけて欲しいですね。

絵日記、拝見しました。
wansの絵をまた出展してくださるそうで、
ありがとうございます。
自分の家やサイト以外で姿を観られるのはとても嬉しいです。
HanaもSalsaも大好きなモモママさんに描いて貰えて喜んでますよ~♪

ごぶさたで~す^^;

モモママさん、すっかりご無沙汰しちゃってごめんなさーい!!
仕事を理由にどうもサボリ癖がついちゃって、いかんいかん。。
お友だちの猫ちゃん気の毒でした。
若い子の方は大丈夫そうなのですね、よかった。
猫パルボ、伝染力が強そう...。
外猫は犬とちがって外を自由に歩き回るから神経質になるもの
当然だと思います。
マーガレットちゃんとホクちゃんの絵、あたたかみのある
素敵な絵ですね。
東京の絵も拝見しました。モザイク風なところが新鮮だし、
リードが光を放っているところがメッセージ性をもっていて
モモママさんの気持ちが伝わります。
東京へはやはり16日にいらっしゃるのですか?
皆さんと会う約束とか何かございますか?
私は今回はおそらくパスせざるをえないかと思いますが、
一応、集まる予定とか決まりましたらおしえていただけますでしょうか。

お友達のニャンちゃん、残念だけど、助かる子もいるのみたいで、良かったです。
ニャンは実家で飼っていましたが、一度外を知ると、行きたがるし、結局病気にもなるし…
外を知らない方が良いですよね。
まして伝染病とは怖いです。
猫のは犬には移らないのですよね?
絵見ました。
やっぱり、どーんって、目で訴える感じがします(^^)v

☆Loveママさん

そうなんですよ~
あの中の1匹なんです。
亡くなった子は可哀想でしたが、あのコは何とか助かりそうなので、ホッとしています。
猫にもパルボがあるんですね。
うちはモモはワクチンは接種していますが、猫たちは、していないんです。特にマロの方は絶対に人間には心を許さない子で、病院に連れていくことさえなかなかできないんですよ><
友達のところもワクチンはしていなかったようです。室内飼いでもちゃんとワクチンはしとかないといけないですね。

☆ミンゴさん

そうなんですよ~
ニャンコにもいろんな病気がありますね。
チビちゃんは助かるみたいですが、インターフェロンを投与するのかな~入院費もけっこうかかるみたいです。

ワンコの抜け毛・・・うちの先代犬も毛の長い子で、ブラッシングをしては抜けた毛を集めて大きな毛玉を作るのが私の趣味でした^^

ダニはいやですよね><
梅吉君、目がだいぶ見えなくなってきているみたいですが、まだまだ頑張って長生きして欲しいです。
フィラリアの薬は、うちの先代犬も晩年は飲ませていませんでしたよ。
けっこう体に負担があるみたいですから。
うんうん、梅吉君、まだそれだけの元気があれば大丈夫だ~

☆犬白ママさん

突然電話してしまってすみませんでした~
そうですよね、完全室内飼い、慣れてしまえば大丈夫だと思うんですが~
猫パルボだったんですよ~
何だか、ウイルスは1年くらい生きているって言ってるところもあるし、いずれにせよ怖い病気です。
やはり猫を飼っている友達が自分の不注意でウイルスを持ち帰って死なせてしまったと言っていた覚えがあります。
そうですね、やはりそれくらいの注意深さが必要なんですよね。
そう、なってしまってかた後悔しても遅いですものね。

車屋さんのワンコ、これで大きくて凶暴なら、犬白君やアム君も・・・ですよ~笑

☆anegoさん

ハイ、友達も分かってくれました。
ウイルスは目には見えませんからね。塩素で拭いたと言っていましたが、何処に残っているかわかりませんもん。
チビちゃんだけでも、何とか元気になって欲しいです。

私も室内飼いの方が何かと安心だし、メリットもあると思うのですが、そう考えない人は、猫を家に閉じ込めることを可哀想と思うみたいです。

柴系MIXちゃん、優しそうでしょ~
手をかけてもらっていないのが残念です。

絵、どこまで描き込めるかわかりませんが、頑張ってみます。

☆マロリンママさん

お久しぶりで~す♪
お仕事、忙しそうですね。そういう時は仕方ないですよ~

猫ちゃん、可哀想でしたがチビの方は何とか助かりそうです^^
猫パルボは伝染力が強いみたいです(><)
目に見えないウイルスは怖いです!

絵、見て下さってありがとうございます。
ハイ、リードの部分が一番描きたい所です。

東京へは16日に行きます。
まだ誰とも約束はしていません。
なつままさんも16日はご都合が悪いようですしね。ありがとうございます。決まりましたらまたお知らせしますね。


☆りん子さん

亡くなってしまった子は可哀想でしたが、ウイルス性の伝染病と気付くまでに時間がかかってしまい、でも何とかチビの方だけでも助かるみたいなので・・
猫の飼い方も賛否両論あるのでしょうけど、やはり外は危険がいっぱいですからね。
ワンコみたいにリードに繋いでお散歩させるならまだしも、放し飼い状態では何があるかわかりませんからね。

絵、見て下さってありがとうございます。

猫バルボって初めて聞きました。

感染症は怖いですね、人間にも影響があるのでしょうか・・・?

昔はワンコ、ニャンコ、ウサギちゃん、馬ちゃんを見ると必ずナデナデしていたが、病気が移るし雑菌が沢山いるのでしないようにと、注意をされてから、むやみに手を出さなくなってしまいました。

昔はニャンコは家、外を自由に出入りをしていたが、病気のことを考えると室内が安全ですね。

チビちゃん助かって欲しいですね。

☆ノンノンさん

猫パルボは人間にはうつりません。犬にもパルボはありますが、猫と犬の間ではうつらないんです。
人間の靴だとか服だとか手に付いたウイルスを知らないで家へ持ち帰ってしまい、飼っている猫にうつる危険性があるんです。我が家も猫を飼っているので、それが怖くて友達の家に行けなかったんです。

人間と動物の共通の感染症もあります。時には重大な症状を起こす感染症もありますが、発症例は少ないようですね。
私もノンノンさんと同じで、ワンコ、ニャン子、お馬さん、何でも触ってしまいますーー;
良くないのかも知れませんが、触っただけで病気になるということはないと思います。

ニャンコ・・・今は交通事故の危険性もあるし、今回のような事があると余計に外には出さない方が良いと思いますね。
チビちゃん、大丈夫のようでした。来週の月曜日に退院してくるそうです~
非公開コメント
プロフィール
いつでもモモといっしょ

モモママ

Author:モモママ
名古屋のお隣のT市に住んでいます。
名古屋生まれの名古屋育ち、名古屋大好き人間です。

家族構成
☆犬(モモ・2004.10.1生オンナ)保護活動をされているOさんより譲渡。T市の霊園の裏で生まれた野良の子です。
☆猫(マロ・推定2004.10.1オトコ)ある日、交通量の多い県道の真ん中で蹲っているのを保護しました。
☆猫(ゴエモン・推定2006.06.01.オトコ)息子が会社でリフト作業をしている時に、パレットの隅に蹲っているのを発見。里親探しをするつもりだったけど、当時はあまりに可愛くてうちの子に・・・
☆ダンナ(年齢 秘密、超頑固者)
☆本人(もちろん年齢秘密、動物と絵が大好きです)
☆娘(旦那ちゃんが美容室を開店、お店を手伝っています。名古屋の車道にあるTRUNK LINE、よかったら覗いてやってください。オシャレなお店ですよ~)
☆息子(嫁さん見つかるのかな~?)
・孫R(男の子、小学6年生になります。なかなかイケメンだよ。ジャニーズに入れなくちゃ~!)
・孫I(男の子)2013年6月産まれ、イケメンぶりはお兄ちゃんには勝てませんが、ぶさ可愛いかな?

現在の時刻

ブログパーツ配布部屋
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最新コメント
月別アーカイブ
07  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02 
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
リンク
人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
いつでも里親募集中

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。