スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動物は家族

「うちの子は家族よ」と言葉で言う事は簡単です。

でも予期せぬ出来事が起こった時、本当に人間の家族と同じように考える事ができますか?

これはある愛犬家(?)の方のご家族が病気になられ、まともに面倒を見てやれないからと飼っていた犬を里子に出す事を決心したというお話です。
いろんな事情があるのはわかります。大変なのもお察しします。
でもそれがそのワンちゃんにとって本当に幸せな事なのでしょうか?

お友達のらんごさんが、この事について記事にされています。
読んでくださいね。







God Bless All Dogs全ての犬に祝福を


愛される覚悟は、ありますか?



癒されたいなんて言わないで













20060217144204.jpg


モモちゃん、アンタは何があってもお母さんと一緒だからね
きっともっと大きな家で美味しいものをいっぱいたべさせたくれて、優しいお母さんがいるうちが良いと思っているかも知れないけど、それは諦めてね 

           
       これはウソです。本当はモモちゃんはウチに来て
       優しいお母さんで幸せだと言っております。
       どうも私は思っている事と反対の事を言ってしまう時が       あります。























写真貼ってて、お願い画像掲示板
うっかりミスで旧掲示板をそのまま解除してしまいました。
せっかくみんなの可愛い画像がいっぱいあったのに、ごめんね
新しい掲示板にみなさんの可愛い子の写真をハリハリしていってね
お絵かき機能もありますよ。トライしてみてね
お願いしまーーーす。


コメント

どんなに貧しくなったって、忙しくったって、大好きな家族のそばに居たいよね・・・。完璧な家族以外は必要ないの?(TT)
犬にだって、心はあるよね!

モモママさん恐縮です。。
長々と尊大な記事になってしまって汗;汗;
”愛される覚悟”と”癒されたいなんて”の2つが該当記事です。。。。。
何があっても手放さないという覚悟と、放置飼育を続ける事は別で、
でも、それは根底で繋がっているのですよね。。

モモママさんのところにいらっしゃる方は、皆様、自分の子を
愛して大切になさっているのですが、世の中で”愛犬家”といっても
2種類いるらしいと気づきました。。
私も、足元を見据えて頑張らないと。。です。

杏さん
犬や猫には間違いなく心があります。
犬にとって何が幸せなのか聞いたことはないから想像ではありますが、頼ることができて守ってくれる存在が一番なのでは・・・

らんごさん
ちょっとリンクの仕方を変えさせていただきました。
長々と尊大な(?)記事でもかまいませんよ。
多くの方に考えてみて頂きたい事ですから・・・・

放置飼育なんてもっての他です!
里子に出す事は確かに似ていないようで似ていると思います。
そうです、私のところに来て下さる方達は本当の意味での愛犬家さんですv-344
でもこういう事って周りにも案外あって、ご本人はそういう事に気付いていないようです。

読ませていただきました。
私はまだ、28歳ですが、私にもしもの事が合った時の、2頭の事は考えていますよ。
嫁に来たこの家で、私がいなくなって幸せに暮らせるか、というとNoです。
なので、春陽と優太郎に一番よいであろう環境を、すでに考えています。
でも、かわいいこの子たちを置いて、死んでいくなんて、絶対できません!!
…事故や災害、事件。わが身に何が起こるかわからない世の中…。一生幸せでいられる保証はないんですけどね。。

モモママさん!
>きっともっと大きな家で美味しいものをいっぱいたべさせたくれて、優しいお母さんがいるうちが良いと思っているかも知れないけど、それは諦めてね
って!!
どうして、そう思われるんですか?モモちゃんのママであることに自信持ってくださいよv-291
どんなワンコでも、側にいてくれるママが大好きなんですv-344
好きな人にそんなふうに言われたら悲しいよぉ~
モモちゃんは、こんなにも大切に思ってくれる人がママで、幸せだと思いますよv-291

Rie姉 さん
ごめんなさい、これはジョークです。
本当にそんな事思ってませんよ。
モモの事を何があっても一番考えて守ってやれるのは私以外にないと思ってますよ。

さすがRie姉 さん。ちゃんと考えてみえるんですよね。
世の中の犬や猫を飼っている人達がみなそうだと良いと思います。

にゃははv-238
ジョークですよね、ジョークv-254
モモママさんはいつも、モモちゃんだけじゃなくて、世の中のワンコのこと、こんなに愛しているんですものね!
私は、まだまだ狭い人間だけど…

この後、色々考えたんです。
もし自分が、わずかに手を動かし、考え、話を出来る、寝たきりの人間になったとき…。
犬たちとはコミュニケーションはとれるけど、世話はできない。。
もし、こんな状況になったら、やっぱり自分が死んだ時と同じように考えるべきなんでしょうか?実は、ときどきそんなこと考えています。
犬はおそらく、飼い主の側にいたいと考えていると思います。
でも、十分な世話ができない、と言う理由で、私の犬が「保護」される可能性もあるかもしれない?それも嫌だ…
考えすぎの私は、最も最悪かも?ってことを考えては暗くなり、今健康であの子たちの側にいれることに、とても感謝していますv-237

あぁ、ずっと健康で、ずっとずっとあの子たちと一緒にいたい!健康である幸運に感謝!

考える事。

楽天家の私はいつも・・・
フィービーは誰よりも幸せ。
どんなお金持ちの家のワンコより世界で1番幸せ♪
そう思っています(笑)
モモママさんは(ジョークな)言葉を使うけど
心の中では『ママと一緒が1番♪』って思っている事・・・私は知ってる(笑)

モモちゃん、ママの子で良かったね(o^-')b



↑Rie姉さんの気持ちもとっても分かる。
私も『もしも・・・』のコトを考える怖い。
だけど、私は信じてるの。
もしも、私が寝たきりになってロクな世話が出来なくても
フィービーは私の傍から離れない・・・って。
それがフィービーの幸せだって。

私、毎日一回は、なるぽてに「そばに居てくれてありがとう。
生まれてきてくれて幸せだよ。あんたたちは幸せかなぁ?」
って聞いています。お返事は・・・ペロペロ攻撃!!(笑)

自分に万一のことがあった場合、
今までは漠然と両実家の犬好きの兄弟姉妹に託そう、
そう思っていましたが、もっときちんと考えておかなくてはなりませんね。
私はそこまで出来ていなかったと、反省・・・。

今日、実家へ遊びに行ったときに、なるちゃんが妹から離れないので、
冗談で置いていくフリをして「なるとバイバーイ」って玄関を出ようとしたら、
マジで泣いていました。(鳴くではなくて。)犬も人間も同じなのですよね。
今回の件ではとても考えさせられると同時に、
今後のことを纏めておく良い機会となり、ありがたかったと思っています。

Rie姉さん
Rie姉さんは狭い人間ではありませんよ。
だっていろんな事を考えてみえるのを知っていますから・・・

>もし自分が、わずかに手を動かし、考え、話を出来る、寝たきりの人間になったとき…。

そしたら、私だったらどうするだろう?
そばに家族や他の人がいたら世話を頼んでそばにおくと思います。
そんな状態になったとしてもモモと離れ離れになるなんて考えれれません。
寝たきりになって家族もいなかったら、その時は違う方法を考えなければいけないかも知れませんね。

>あぁ、ずっと健康で、ずっとずっとあの子たちと一緒にいたい!健康である幸運に感謝!

本当ですe-265
最近、足の調子がちょっと良くなかった時、最初に思った事はこんなんじゃモモのお散歩にも行けない!何とか治なきゃ・・・と思いました。
私は何があってもすぐモモなので他の家族は怒っているかも知れません。
最愛の娘なので・・・


フィーままさん
そうだよね、最愛の家族と一緒にいる事が犬にとっても幸せだと思います。

今、PCをしている私のそばにいるモモに「幸せ?」って聞いたら「幸せだよ!」って言いましたv-347
あはは、これってもう親バカ以外のなにものでもないですね。いい加減にしておけ!って言われそう。

なるぽてママ さん
うちもペロペロ攻撃にあいます。
私はモモの事大好きだけど、モモはどうかなって思う事ってありますね。
でも、いろんな場面であ、やっぱりモモは私「の事を一番頼りにしてるんだ・・・・と思う時があります。
そんな時愛しくて思わず抱きしめてしまいます。

何だかほんとに親バカ比べをしておるみたいみなってしまいましたが、私にとっても今回の件は自分自身の事を反省する良い機会になりました。
自分の都合ではなくワンコの事を考えてyらなくては・・・・と思います。

なんかいつもとは別の意味で涙が出てきます。
ここに来られている人達の我がわん子への愛がたっくさんで嬉しくなちゃった
最近涙って動物に対する虐待や放棄に対する怒りとか虚しさ実験動物に対する疑問ばっかりだったから・・・
私も良く「バトラは家の子で幸せ?家で良かった?」と聞きます、今まではバトラはどう思う?と思って聞いていましたが今日からは自分にも「私はバトラにとって良いママ?」と考えながらバトラに問いかけようと思います。

バトラママさん
そうです、このブログに来て下さる方達はみなさん本当にワンコを愛していらっしゃるのだと思います。
私はジョークでもっと大きな家で美味しいものを食べさせて貰えてと書きましたが、本当にそう思っている人もいるのかも知れませんな。
本当の意味でその子の幸せを考えてあげれっる飼い主でいたいと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

02/26 22:53の鍵コメさん
それ見逃してしまいました。
ドイツですか?日本も本当にそうなって欲しいです。
そうなるにはどうしたら良いんだろう。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

これから先おそらく迎えるであろう結婚、出産、育児、そして老犬介護のことも考えてホクを迎えました。
地震の多いところなので、いざと言う時ホクと離れ離れにならないように、普段から気をつけていますが、今一度もしもの時のことを考えました。
もしも事故や病気で私がホクより先に死んでしまったら、彼ではなく、後輩デニィママにホクを託すつもりです。
デニィとホクは親友だし、彼女ほど可愛がってくれる子は他にはいません。
以前デニィママと語り合った時、その時は引き受けてくれると話してくれました。
実家にはわんこ(こうちゃん)がいるので、どちらにもストレスになり、両親も年ですし(モモママさん、ごめんなさい^^;)祖父母の介護が必要になってくることが予想されます。

でも、自分が動けない身体になってしまったら‥。ホク共々彼に面倒みてもらうことになります。。でも、心配です。
本当に健康であることを当たり前だと思ってはいけませんね。
そうなる前に、彼にも色々教えておくべきことがたくさんあるかなと思いました。
いつも私がなんでもやっているので。

ホクはうちに来て本当に幸せですよ。私の愛情が独り占めできて、一緒に美味しいものもたくさん食べれて、一緒に色んなところにお出かけできて、うん、絶対そう!
一緒の感動を味わってきているんだもん^^ これからもずっと!
モモちゃんもモモママさんのところで暮らせて幸せだものね。
みんな親ばかでわんこはみんな幸せです^^
こんなわんこと飼い主さんばかりなら、かわいそうなわんこなんていなくなるはずなのにね。。

02/26 23:31鍵コメさん
国の姿勢もそうだけど、飼う側の考え方も変らない事には何ひとつ良くはなっていかないような気がします。

たとえばワンルームで大型犬を飼っていたら・・・狭くて可哀想?
いえいえ犬は大好きな飼い主と一緒が一番Happyなんで、狭くて嫌だなんて思わないそうです。
家族の誰かが病気になったらってどこにでもある話ですよね?
本当は犬を迎え入れる時にそういうこともきちんと考えて飼うことって大事なんだと思います。
anego自身は犬達がいる限り病気になってらんない!と思って毎日生きてます。
もしanegoが寝たきりになったら・・・介助犬になってもらいましょ!

ポンチュさん
地震などの災害の時の事を考えると本当に不安ですね。
一緒にいる時ならともかく、モモだけを家において出かける事もありますから・・・
デニィママさんに託すなら安心ですね。ポンチュさんのブログで時々お話をうかがっていますがとても優しい方ですよね。
人間はいつどうなるかはわかりませんものね。そうならないにしてももしもの時の事は考えておかないとね・・・

>ホクはうちに来て本当に幸せですよ。私の愛情が独り占めできて、一緒に美味しいものもたくさん食べれて、一緒に色んなところにお出かけできて、うん、絶対そう!

ポンチュさんのブログを見れば一目瞭然です。
ホクちゃんは本当に幸せなワンコです。
うちのモモもです。
何だか親バカ自慢大会になってしまった気がしますe-265

anego さん
そうですね。
犬はケージの中などの狭い所を嫌がらないので、狭いお家だってOKですよね。
大型犬だったらお散歩をたくさんしてあげたり、遊んであげたりすればいいですよね。

こういうケースは何処にでもあるし、自分もならないとは限らないです。
anego さんはもしそうなった場合はワンズちゃんに介護犬になってもらいますか。
では今から訓練しておかないといけないですね(笑)

皆様、本当の愛というものを感じさせて下さってありがとうございます。。
かなり勇気の要る記事でした。
里子に出す人には本当にさまざまな事情がおありです。いい加減な人もいれば、
泣く泣く手放す人もいて。
でも、特例なんてないです。
全て人間の都合だし、どの例をみても自分達で解決できたはずのことだと思うからです。。

この子は大切な家族です、と言い、一緒に暮らしてきたのに、環境の変化があって、
切り捨てるのなら、それは家族ではなかったと思います。
その人達にとって、生活が変わって切り捨てるべきものは、他の何でもない犬だったということですものね。

Rie姉様のおっしゃった、万が一、事故か何かで身体が不自由になってしまったなら。
それでも、お散歩を人に頼むなどし、その分、以前よりも側にいられるのなら、犬は幸せだと思います。
そういう事もよくある話ですものね。
経済的な部分だって無視できないですよね。
シッターさんにお散歩を頼むのを、勿体無いと思う人には無理ですもんね。

↑こう言うと放置飼育になっても手放さないエゴと勘違いされるのですが汗;汗;
放置飼育と、環境が変わっても一緒に生きようとすることは、別だと思います。
(放置飼育と、あっさり手放す事は繋がっていると思いますが)
「この子達の一生を守ろうとする愛」があるなら、お散歩やお世話を人に頼んででもこなすだろうし、
その子達がどういう状態にいて、どんな気持ちがあるのか、見つめていると思うからです。
きっと飼い主さんが動けなくても、犬達は健康や安心が守られているのだから。。
かといって、ご高齢の方が、最初からお世話を人任せで犬を迎えることには賛同出来ませんが。。看取れることが大前提であって欲しいです。

本当に難しい問題ですね。

らんごさん、ありがとうございました。
意義ある記事をリンクさせて頂いて、みなさんにもたくさん貴重なご意見をいただいて本当にいろいろな面で勉強になりました。
そうですね、こういう記事はともすれば、当事者の方からは「あんた達にうちの苦労がわかるの」って言われそうですけど、人間の立場じゃなくて動物の立場で考えて欲しいですね。

>「この子達の一生を守ろうとする愛」

それに尽きると思います。
難しい問題ではありますが、あらためて考え直せる機会を与えて下さったらんごさんに感謝します。

らんごさんへ

私の名前を指していらっしゃるので、お返事させていただきますね。
らんごさんの記事や、おっしゃっていることはとてもよくわかります。共感いたします。
意図されていることと私が理解しているところは、ポイントがずれているかもしれませんが(^^;

動けなくなった時の対処として、共感して書かせていただきました。
もし、誤解があったらごめんなさい。

私は、もし体が動かない状態であっても手放す気はさらさらないですよ(^^)。おっしゃる通り、散歩ならダンナでも義父でもできます。雨でも運動できるように砂場の運動場も作っています。
だけど、それを「放置」とみなす方もいらっしゃるようです…。(砂場に放すだけ…って)
どんな状況であれ、「飼い主が変わる」ということは、犬にとってショックなことであることに変わりはありませんものね。


私は田舎の人間だけど。。
叔母さんは、ここ最近愛犬を亡くしました。子供の頃から動物が大好きで、動物と暮らさないことは殆どないくらい、動物好きの叔母さんです。
だけど、もう60歳くらい。。愛犬を亡くしてしばらくして、「もう、犬は飼わないの?」って聞きました。(あ、叔母さんは全部保護した犬を飼ってきています)
そしたら、「自分たちが先に動けなくなる可能性の方が高いから、飼えない」ってはっきり言いました。
まだまだ元気ピンピンだけど、そうはっきり言う叔母さんを、とても誇らしく思います。
それが当然だ、と考えている家族、親戚の中で、私は育ってきました。

…何が言いたいか、わからなくなってきたけど…。

病気のせいで、記憶喪失になり家族、愛犬の事を忘れてしまった人の話も知っています。
その人は、もう一度犬との関係を築いていきました。
どんな状態であっても(亡くなってしまうと不可能だけど)、周囲の人の助けがあれば、必ず側にいられるだろうと思います。
だから、そんな状態に自分がなっても、皆が「助けてやろう!」と、助けてもらえる人間へと成長していくことも、結果的には犬を守ることになるんではないでしょうか。
(もし、体が不自由になって、「バチが当たったのよ」とか、「自業自得だよ」なんて、言われる人間だったら、助けてもらえることも、助けてもらえなくなっちゃう…??)
それは、「自分」を助けてもらうのではなく、自分の大切は犬だったり、そして、大切な子供(まだいなけど…)が、「Rie姉さんの〇〇だから」と大切にしてもらえたら、自分自身が救われるより、何よりの救いだと思います。

人間社会で生活する犬たちの本当の幸せとはなんでしょう?
そう考えると、やはり人間がしっかり「生きている」(深い意味で…)ことだと考えさせられました。
このような考える機会をいただいて、らんごさん、本当にありがとうございましたm(_ _)m


モモママさん、もし、不適切なレスだとご判断されましたら、遠慮なく削除してくださいね(^^)
本当に、共感して書いたレスなので。。

Rie姉様、うるうるしています。
叔母様、60というと、まだまだお若いんですよね。
犬によっては(サイズ?)、若い犬を迎えても、まだまだ看取れるかもしれませんが、
そこをあえて”飼わない”選択をされた叔母様、犬を思う本物の愛がなければ出来ないと思います。
犬って、やっぱり家族とずっと一緒に居て、お家を変わらずに安心していられることが
一番だと思います。
犬にはもはや帰る自然がないから、しっかりと守ってあげること=愛、そんな風に思う人達が
増えたら、それこそ不幸な子など一匹もいなくなることでしょう。。
まっすぐに受け取って下さってありがとう。

Rie姉さん、らんごさんへ
私はみなさんよりちょっとだけ!?・・・Rie姉さんの叔母様の歳になるのが早いいようです。
私と同い年の人でも、今の子がいなくなったらもう飼わないという人もいます。
叔母様の決断は素晴らしいし、本当に犬を愛していらっしゃるんだと思います。
でも自分の事を考えた時「、飼わない!」と言える自信はありません。
犬のいない生活というのはどうしても考えられないのです。
本当に犬に事を考えているの?といわれるかもしれませんが、どうしても私には出来そうにありません。
これは私のこれからの課題なのかもいれませんが、これもエゴでしょうか?

立ち寄りましたら名指しのコメントがありましたので(笑)、少し補足しますね。

高齢者の方でも人間性はそれぞれですね。飼わないことを愛情だと考えられる方、自分が看取れるであろう高齢犬を迎える方、それからどうしても子犬がいいという方がいます。
ボラ仲間ともいつも話題になりますが子犬を求める理由が結局は犬の最後を看取りたくない、自分たちが歳なのだから若く元気な犬を飼いたい、と言う気持ちなのです。・・・心理的に自分たちの老いを感じたくないからという方が多いです。そこにはやはりエゴを感じます。

子供世代と同居されていて家族皆が犬を迎えることを希望されているといった恵まれている環境を持たれている方でしたら子犬を迎えることもいいかと思います。でも別世帯の場合は例えその方にとっては血のつながった息子、娘であろうと犬にとっては赤の他人と変わらない家に行くことになる、と言うのがボランティアから見た感覚です。

ボラから見ると預かりボラだって不足しているのですから子犬と触れ合いたければ一時預かりのボラをするとか、愛し方には色々な形があると思うのです。この場合、里親が決まれば別れも経験しなければなりませんが、自分の思いの全てを満たそうとしたらやはり犬が犠牲になりますね。
自分自身にも向けなければならない言葉ですがエゴではない愛を持ちたいものだと思います。・・・と言うのが私の意見です。
モモママさんはもちろんエゴとは違った形で犬たちと関わっていかれる方だと感じますよ。^^

モモママさん
コメント書いている間に名指し記事がなくなっていましたので(笑)、一意見として受け取って下さっても、削除して頂いても構いません。

えっと・・・何だか私の名前も出てたと、知り合いからお聞きしましたが
無くなってるようですね。
何のお話で出てたのかな?(^^;)
 
最近、ちょっとバタバタでして、皆さんの所に寄るのが
とっても遅くなってしまってます。
もしかして、コメを残さないといけない内容の物でしたら
すみませんです。m(_ _)m
 
高齢者云々は、色々な考えがあると思いますよ。
私はムックで最後です。
この子を看取った後は、一時保護以外はしないと思います。
 
私の生活や年齢などを考えて、今後の私の中で動物達に出来る最大の事は
保護活動だと思ってます。
啓蒙&啓発は、固体を抱えませんので、年齢に関係なく出来ますので
いくつになっても続けて行きますけど。(^^)
 
途中のコメがわかりませんので、内容がずれてるとしたら
いつでも削除してくださいね!(汗)

manntennさん
後ほどメールしますね。
ごめんなさい。
非公開コメント
プロフィール
いつでもモモといっしょ

モモママ

Author:モモママ
名古屋のお隣のT市に住んでいます。
名古屋生まれの名古屋育ち、名古屋大好き人間です。

家族構成
☆犬(モモ・2004.10.1生オンナ)保護活動をされているOさんより譲渡。T市の霊園の裏で生まれた野良の子です。
☆猫(マロ・推定2004.10.1オトコ)ある日、交通量の多い県道の真ん中で蹲っているのを保護しました。
☆猫(ゴエモン・推定2006.06.01.オトコ)息子が会社でリフト作業をしている時に、パレットの隅に蹲っているのを発見。里親探しをするつもりだったけど、当時はあまりに可愛くてうちの子に・・・
☆ダンナ(年齢 秘密、超頑固者)
☆本人(もちろん年齢秘密、動物と絵が大好きです)
☆娘(旦那ちゃんが美容室を開店、お店を手伝っています。名古屋の車道にあるTRUNK LINE、よかったら覗いてやってください。オシャレなお店ですよ~)
☆息子(嫁さん見つかるのかな~?)
・孫R(男の子、小学6年生になります。なかなかイケメンだよ。ジャニーズに入れなくちゃ~!)
・孫I(男の子)2013年6月産まれ、イケメンぶりはお兄ちゃんには勝てませんが、ぶさ可愛いかな?

現在の時刻

ブログパーツ配布部屋
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最新コメント
月別アーカイブ
07  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02 
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
リンク
人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
いつでも里親募集中

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。