スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

命って何!?

2児遺棄、下村容疑者を殺人容疑で再逮捕へ



大阪・西区で起きた2児放置死事件、久しぶりに怒っています!
母親の愛に包まれてしかるべき小さな命。
寂しさと飢えと乾きと恐怖の中で、どんな思いをして息絶えていったのでしょう。
子供への虐待の報道が絶えない昨今。
確かに行政の不手際も否めません。
しかしそれだけでしょうか?
近所の住民から通報があって、何度も訪問しているのに室内には踏み込めなかった。
いや踏み込まなかった?
同じマンションの住民が子供が泣き叫ぶ声を聞いているというのに、もしものことを考えれば、そしてそこの居るのがもし自分の子供だったり知り合いの子だったりしたら、これ以上はどうしよもないと言って、そのまま帰ることができたでしょうか。



大阪・西区の2幼児死体遺棄:虐待疑いあるケース、安全確認徹底を通知--厚労省

安全確認できない家庭に児童相談所が鍵をこじ開けて立ち入ることが可能な「臨検」の活用の徹底は確かに早急に行って欲しいことです。
でも、その前に親が子供を虐待したり殺したりすること自体が異常なのです。
その様なことが起きないように根本的なことを考えなければいけないのでは?
最初は可愛いと思っていたけど、だんだん世話をすろことが嫌になってきた・・・確かにこの容疑者も子供を放置するにいたった経緯はあるでしょう。最初から殺そうと思って産んだわけではないと思います。
子供を育てるということは大変な事です。
離婚することもあるし、事故や病気で連れ合いが亡くなってしまうことだってある。人生は何が起きるか分からない。でもどんなことがあっても育て上げるんだという確固たる意思がなければ産むべきではないと思います。
私も育児ノイローゼになりかけたこともあるし、大きくなってからも色々苦労もさせられました。
でもこれだけは言えます。この子達を産んで良かった!って。
子育てをしているお母さん達に言いたい。
今は自由な時間が持てないかも知れない。でもそれは長い人生の中でほんの短い時期に過ぎない。
自分自身の親もそうやって、自分のことは後回しにして、愛情を注いで育ててくれたんだから。

その前に、今の世の中はやっぱり命というものに対する意識が希薄に鳴りすぎていると思う。
動物たちだけでなく、人間の命さえ軽んじられていることが多い昨今。
このことを根本から考えなければ、このような事件はいつまで経っても無くならないと思う。
私達が子供の頃には当たり前だったことが、学校や親や地域が、本気になって考えていかないといけない時代になったんでしょうか・・・




もう一つ、命って何!?と思わせる出来事。
それは、所在が不明になっている高齢者の問題。
何十年も親と会っていないし、所在もわからない・・・
そんなことが現実に起きているなんて!絶句です!
確かに・・・
私の姉は子供がなく、離婚して今は名古屋に一人で住んでいます。
最近は忙しくてなかなか行く暇がないのですが、たまに冗談で「ちゃんと生きてる?」って電話をします。
それこそ私たちより長生きしすれば、孤独死になりかねません。
娘や息子達に頼んでおかなければね。

家族の絆って、そんなに希薄なものなのだろうか。






くしくも、今日は広島に原爆が投下された日です。
記念式典には、国連事務総長とフフランス、イギリス。アメリカが始めて参加しました。
ある意味ひとつの進歩なのかも知れません。
第二次世界大戦を終わらせるために、原爆の投下は正当だったなどという考え方は私は正しくないと思います。
百歩譲って政治的にはそうだったかも知れません。でも無差別な大量殺戮がどんな状態であれ許されていいはずがありません。
原爆の投下がいかに悲惨なものであったか、今は検索すれば動画でもその再現シーンを見ることができます。
8月9日には長崎への原爆投下。
ノーモア広島!
ノーモア長崎!
そして多くの空襲で亡くなっていった命。
たくさんの犠牲の上に、今の私達の命があるのです。
毎年この時期になると同じことを言っていますが、せめて1年に1度だけでも言わせてください。

命って何!?






。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ブログのお友達のポンチュさんは、広島で生まれ広島で育った方です。
私の娘と同じくらいの、まだお若いミセスです。
広島の地から、原爆の日の思いを綴られています。
是非読んでみてください。

8月6日


ジョン・レノンの「イマジン」
これが平和の理想郷だと私は思います。
難しいことじゃないと彼も歌っています。
人間は肌の色や言葉や習慣は違っていてもみな同じだということ。
これに尽きます。
人間は国境を越えて、同じ地球という星に生まれた仲間。
争うことなんて何一つない・・・そんな日がいつか来ますように。

コメント

私もこのニュースは子供が可哀そうで心が痛みました。
何で今までほかっておくの?
自分の子供なのに・・・
わが子が一番可愛い私には解りません。
今は反抗期に入りかけていますが?3歳から反抗期かな?
寝顔を見ていると、この子の為に頑張ろうと思いますが・・・

私のお姑さんは、病院で働いていますが育児ノイローゼの方は自分の子供を見ても知らん顔だと言ってました・・・
病気だから仕方ないのですが。

高齢者の方も隣に住んでいながら、お嫁さんは知らん顔というケースもあります。
90歳のお義母さんで、お風呂に入るのは半年ぶりとか^^;)
息子さんが簡単な食事を運んでいるとか・・・

この先もっと増えると思いますよ。超高齢化の日本です。
何とかして欲しいですね。施設も入るのにお金がいるし、何人も待ち状態です。

子どもの虐待にしても、高齢者の所在不明にしても、家族の関係はもちろん、地域でのつながりの希薄さも改めて感じます。
以前なら、家族の協力や地域での助け合いで起こり得なかったようなケースが事件になっているように感じます。
さらに、何でもかんでも個人情報をたてにして、知るすべがない。
でも、特に生死にかかわることは、ある程度の強制力をもつ必要があると思います。
それには、地域の目が必要なんですよね。
赤ちゃんの泣き声が長時間やまないとか、最近あのおばあちゃん見かけなくなったとか。。
地域の人に無関心でいられないような町づくり、今の生活にも心にもゆとりがなく、自分のことで精一杯の時代だからこそ、必要なことだと思いました。

もう日付がかわってしまいましたが、65年前の8月6日は広島に原爆が投下されました。
アメリカの国民の6割は、原爆が正当だったと思っています。そんな中、今年のルース駐日大使の参加は大きな一歩であると思いました。

戦争は二度と起こしてはいけない。
原爆は二度と使用してはいけない。
歴史から過去の人間の過ちを学び、
平和な世界を作っていくことが、私たちの役目であると改めて思いました。

子供のいない私は「子供もいないくせに(なにがわかるんだ)。」と何度か言われた事があります。
でもその中の一人の女性は不倫の末離婚、
その際3人の子(末は当時小1)を置いていきました。
同様のことがまわりで数件あることにも驚いています。

女性が1人で育てていくのは大変です。
葛藤などもあるでしょうが。。。
子供より自分なんですかねぇ(>_<)
私は何をさて置いてもわんこですが。

高齢者のことも他人事じゃないなぁと思ってます。
1人暮らしとか出来るほど元気な高齢者もいらっしゃるのでしょうが、
家族関係、人間関係が希薄なのも事実ですから。

戦争をなくすにはまず自分が小さな戦争、
つまり喧嘩などのいざこざを起こさないこと、
些細なことに腹を立てないこと、
それが大きな平和に繋がっていくと常々思っています。
昨夜のTV番組で観たのですが、槇原敬之さんが最近SMAPに提供した楽曲もそういうメッセージでした。

今回、国連の事務総長や核保有国が広島の式典に参加したことが大きな1歩となって、
世界が平和になることを願います。

このニュースは、衝撃でした。
見に行っているって聞いて…
命の大切さをどのようにしたら、普通にはぐくむのか、改めて思いました。
短気な子に育つのは、食生活にも問題が…とか、
色々な検証をされているみたいだけど…
そして、自己の満足って何なんでしょうね。
背景には、格差社会がもたらす事なのでしょうか…

絵留の寝顔を見ていたら、どんな状況になっても、そばにいて欲しいです。

☆ミンゴさん

本当に悲惨な事件ですよね。
子供の命よりも自分の自由が大切だったんですね。
反抗期も成長している証拠ですよ。反抗しない子の方がかえって怖いです。
そうそう、私も子供の寝顔に癒されました。
ノイローゼになってしまうと普通の状態ではなくなってしまいますからね。そうなる前にケアが必要だと思います。私がノイローゼまでに至らなかったのは、話を聞いてくれる親兄弟や友達がいたこと。それとやっぱり子供の可愛い寝顔かな。

すべての人がそうではないけど、今は本当に家族の情が希薄な時代になってしまいましたね。
お風呂に入るのは半年ぶりなんて信じられないですね。自分を産んで育ててくれた親なのに・・・
超高齢化社会、先の事を考えると怖いです(><)
行政の問題もあるけど、日本人の心はいったい何処へ行ってしまったんだろう。

☆ポンチュさん

地域でのつながり・・・これが大切なことですよね。行政がすることはどうしても限界があります。
昔は一人暮らしのお年寄りでも、出入りする近所の人がいて、ある意味ではおせっかいさんなのかもしれないけど、それも必要な事だと思います。
個人情報の擁護は最近では行き過ぎな気がします。
何でもかんでも個人情報だから教えられないとか・・・人間の命と個人情報の擁護とどっちが大切なのかと言いたいです。
今は気付いても、面倒なことには関わりたくない人が多いんでしょうか。悲しいです。

原爆投下に対するアメリカの多くの考え方は容易には変えられないかも知れません。今もなお安保条約で守られている日本としては、なかなか主張ができないかも知れません。しかし人間として、あの大量虐殺行為が絶対に肯定されるなんて許されません。
マンハッタン計画に基づいた原爆投下であったことは、その後の異常なまでの死者や被爆者達のデータを欲しがったことでも分かります。NHKで原爆の日にそのことについての放送がありましたが、まるでモルモットです。
人間として考えるなら、やはり間違いは間違いと認めるべきだと思います。

☆anegoさん

子供がいないから解らないという問題じゃないですよね。
命をどう捉えているかだと思います。
だから現実に子供がいるのに、簡単に手離すことができてしまう親が後を絶たないんだと思います。
一人で子供を育てていくことは簡単ではないです。
現に、うちの娘が当時2歳だった子供を抱えて、離婚すると決断した時、以前は離婚しても家には入れないからねと言っていました。嫌な事があったら簡単に離婚して家に帰ればいいやなんて思われてはこまりますからね。
でも2歳の子供を抱えて、生活のために働くのは容易ではありません、
うちの場合の離婚の事情が事情だったので、旦那にも相談せず帰っておいでと言いました。
でもすべての人がそうできるとは限りません。
ワンコも人間の子供も、私達にとってはまったく同じですからね^^

戦争に対するanegoさんの思い、私も全く同じです。
人間は確かに自分の思いを通したいものだと思うけど、一歩踏み止まって、相手の立場になって考えてみる。そうすれば争いごとだってそうは起こらないはずですよね。
槇原敬之さんの曲で、そういうのがあるんですね^^
核を保有することで世界に抑止力を持つなんて愚かな考え方もなくなりますように。
持たないことがまず必要だと思います。核廃絶、みんなが同じ人間であることを忘れないで欲しい。

☆りん子さん

本当に衝撃的なニュースでしたね。
これは子供を置き去りにしたのではなくて、殺人事件ですね。
一旦家へ戻っていて、死んでるって分かっててまた出かけたんですからね。もう許せるもんじゃないです。
人間の心は何処へ置いてきてしまったのか・・・

昔からカルシウムが足りないと怒りっぽくなるとか言われていましたけど、ファーストフードとか、コンビに弁当ばかり食べていると栄養も偏るし、性格的にも影響を及ぼす可能性は大ですよね。
確かに人間は自分の楽しむ時間も必要だと思います。でも子育てしている間は仕方がないと思います。大変な時期だけ乗り越えれば、子供はある程度は放っておいても育ちますから^^;
格差社会の影響もあるんでしょうね。

我が娘は何より可愛いですもんね^^
私も同じです♪

最近は本当に命を軽視する事が多すぎますよね
子供虐待、高齢者放置
なんでそんな少しの事も気にかけて上げられないの?
子供はもっと大切に育てなくちゃいけないんじゃないの?
って思います!
子供のいない我が家でも子供の大切さは分かります
もっと優しく出来ないのかな?
今の若い人たちは自分勝手すぎますね!
もっと相手の気持ち考えなくちゃ~~って思います!

イマジンの世界になると良いですよね♪

ほんとうにモモママさんの書かれてような事、いろいろな
親子の事件が絶えないですね。
命ってとっても尊いものなのに、命って何?
今の子供達もおじいちゃん、おばあちゃんと一緒に生活してなかったり、死と言うことに悲しんだりあんまりそういう体験していないのかな?
なんて思ったりします。
犬とか猫とかが、亡くなっても家族全員で涙して、辛くなったりすることが、経験なく生きてきているのでしょうね。
ほんと広島の原爆のこともそうだけど、忘れ去らないように関係ないと思わないように、いつでも心にとめていられたら、そんな悲惨なことは起さないような気がします。

どれだけの大切な命が亡くなったのでしょうか?
ほんと私も一人しか子供授からなかったけど、産んでよかったと思ってます。そして育児ノイローゼみたいになりましたよ。そんな経験してても子供産んでいてよかったと思ってます。
今日はモモママさんのブログで、命についてしっかり考えてみましたよ。
いつも何かにきづかせてくださるブログ楽しみにしてます。ありがとうございます。m(__)m

☆かざふ♪さん

命を軽視する傾向・・・何故なんでしょうね。
ゲーム世代で、命もリセットしてまた復活するものだとでも思っているんでしょうか。
子供って、本当なら可愛くて仕方ないものなのに・・・
自分の事しか考えられない人間は親になる資格はないと思います。

イマジンは理想の世界ですね。
現実には難しいかもしれないけど、みんなが人間は同じだという事に気が付けば、実現出来ない事じゃないです。

☆Loveママさん

そうなんですよね。
今は核家族が多くて・・・そういう我が家も核家族でしたが、おじいちゃんやおばあちゃんの死には子供なりに向き合っていました。やっぱり親の気持ち次第で子供の考え方も変わってくるんでしょうね。
犬や猫と暮らすこともそうなんですよね。
死というものがどういうものなのか、もう二度と会えないと言う思いに涙する、そういう体験がないとやはり命の尊さを学べないんでしょうかね。
戦争や原爆は私たちの知らない世代で起きたことだけれど、私は空襲の恐ろしさを子供の頃から両親に聞かされていました。
父も九死に一生の経験をしていました。
語り継いでいって、決して風化させてはいけないと思います。
残酷なことをわざわざ穿り返すことはないと考える人もいるよおうですが、だからこど二度と同じ過ちを犯さないために、語り継がなければいけないと思います。

Loveママさんも育児ノイローゼになりかかった事があるんですね。子供を育てるのは大変な事ですものね。 でもそれにも増して子育てには素晴らしいことだっていっぱいありますからね。
サブタイトルにもありますが、私は命についても考えていきたいといつも思っています。
その気持ちが Loveママさん に伝わってとても嬉しいです。
非公開コメント
プロフィール
いつでもモモといっしょ

モモママ

Author:モモママ
名古屋のお隣のT市に住んでいます。
名古屋生まれの名古屋育ち、名古屋大好き人間です。

家族構成
☆犬(モモ・2004.10.1生オンナ)保護活動をされているOさんより譲渡。T市の霊園の裏で生まれた野良の子です。
☆猫(マロ・推定2004.10.1オトコ)ある日、交通量の多い県道の真ん中で蹲っているのを保護しました。
☆猫(ゴエモン・推定2006.06.01.オトコ)息子が会社でリフト作業をしている時に、パレットの隅に蹲っているのを発見。里親探しをするつもりだったけど、当時はあまりに可愛くてうちの子に・・・
☆ダンナ(年齢 秘密、超頑固者)
☆本人(もちろん年齢秘密、動物と絵が大好きです)
☆娘(旦那ちゃんが美容室を開店、お店を手伝っています。名古屋の車道にあるTRUNK LINE、よかったら覗いてやってください。オシャレなお店ですよ~)
☆息子(嫁さん見つかるのかな~?)
・孫R(男の子、小学6年生になります。なかなかイケメンだよ。ジャニーズに入れなくちゃ~!)
・孫I(男の子)2013年6月産まれ、イケメンぶりはお兄ちゃんには勝てませんが、ぶさ可愛いかな?

現在の時刻

ブログパーツ配布部屋
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最新コメント
月別アーカイブ
07  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02 
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
リンク
人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
いつでも里親募集中

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。