スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高齢者が犬を飼うこと、スケッチ旅行とランチ

前回の記事では、モモの誕生日のお祝いの言葉をありがとうございました。
これからも元気で可愛いモモの姿をアップしていきたいと思います^^
                                         親ばかママより・・・



前回の記事で雑種くらぶさんのサイトから、愛護センターで処分を待つ悲しいワンコたちのことを掲載しました。
心からワンニャンを愛していらっしゃる方には、胸に突き刺さる辛い画像だったと思います。
でも私たちは、全国の愛護センターに収監され処分される子達がいなくなるまで、こういったことを発信していかなければならないと思っています。

そしてもう一つ、最近思うことは・・・
雑種くらぶのMidorimushiさんやお友達のポンチュさんもおっしゃっているのですが・・・
高齢者がワンニャンを飼う、という事についてです。
私と同年齢の周りの人たちは、今の子が居なくなったらもう次は飼えないと異口同音に言っています。
自分が高齢になったらワンコやニャンコの世話も難しくなりますものね。
それで納得できて飼わないでいられる人はいいのですが、私なんかはこの先10数年経ってモモが居なくなってしまった時に、ワンコのいない生活ができるかどうか自信がありません。
その時に健康で普通に動けるのであれば、なんらかの形でワンコと関わっていきたいと思っています。

昨年、ご高齢のご夫婦が飼っていたラブちゃんというキャバリアの子のお散歩を、しばらくの間引き受けていたことがありました。ご主人は寝たきり、奥様は痴呆が入っていて、新しい飼い主さんを探すことも考えられたのですが、奥様がラブちゃんが心の支えになっていて、手放すのを躊躇われたからです。
わけがあって、私は途中でラブちゃんの事から手を引いてしまいましたが、あの子はその後どうなったのか今でも気になって仕方ありません。
私が自分で保護して引き受けた子なら最後まで責任を持ちますが、お散歩頼まれ人の立場としてはどうにも中途半端で手を出すことも口を出す事も出来ませんでした。
こんな例が、日本の各地で起きているんだと思います。

高齢者の方が入院されたり、亡くなってしまった場合に、飼っていたワンニャンのサポートをする・・・そんな場所があったらなあと思います。
実際にそういう所もあるにはあるんです。
私もたまたま調べものをしていてそういうサイトに出会ったことがあります。でも少ないし・・・
静岡県にはペットと入居できる老人ホームがあるそうですが、入居費用はすごく高いようです。

ポンチュさんが前回の記事のコメントに書いて下さったように、行政の力だけに頼るのではなく、地域の力、マンパワーを活用すれば出来ないことではないような気がします。。
盲導犬協会でも一般の方ボラを募って活用されていますよね。ワンコが好きで何らかの形で力になりたいと思っていらっしゃる方はいると思います。
ただそれを実現するにはどうしたらいいのか。
みなさんは高齢者が犬猫を飼うことについてどう思われますか?







「スケッチ旅行とランチ」は続きを読むをクリックして下さい。



一泊のスケッチ会。
三重県国崎の鎧崎というところへ行ってきました。
一日目は雨。とても屋外でスケッチができる状態ではありませんでした。
朝、名古屋を出る時には青空だったんですよ~
仕方なく、ホテルの中からのスケッチ。
ホテルのロビーや控え室、それぞれの宿泊部屋などから海の風景を描きました。
目の悪い私はどんよりとした空と雲しか見えない~
テトラポットが島に見えたり~


Imgp0302.jpg




Imgp0310.jpg





Imgp0307.jpg

この写真は二日目に撮ったものです。
風が強くて、波が押し寄せ、波しぶきが上手く描ければ素晴らしい絵になりそうな場所です。



泊まったところは游月
なかなかオシャレなホテルでした。
ホテルといっても私たちは和室でしたけど。
今まで一泊のスケッチ会で泊まった中では一番良かったかもしれない。でもその分ちょっとお値段は高めです。
お風呂は天然温泉なんだそうです。

夜はホテルで夕食の後、例によって絵の合評会。
夕食はまあまあ良かったです。
でも気に入らなかったのは、アルコールは乾杯用のビール以外は、各自で頼んで後で支払って下さいということで、結局ほとんど飲めなかった~
だって~女性は頼む人がほとんどいなかったし~
昨年奈良へ行った時は、お酒飲んでいて古代米ご飯を食べ損なったし、今年は全然お酒が飲めなくて不満!
あはは~いったい私は何のためにスケッチ会に行っているのでしょうか?




私のスケッチはこんなのです。
風景と言うより、岩を描きました。
フツウでつまんないな~やっぱり私はワンコを描いている時が一番幸せだな~

画像 2291





。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

そしてこの間の日曜日はまたまた旦那が釣りに出かけたので、私は友達とランチに行って来ました~

ここは知立市のホテルの10階。


画像 2288


市街を見渡せるカウンター席です。高所恐怖症の方はダメですね^^;



好きなパスタを3種類の中から選んで、あとのお料理はバイキング方式です。
お値段もお安いんですよ^^



画像 2287

私が選んだのは秋鮭ときのこのパスタ。




画像 2289




もちろん、デザートも!

画像 2285


画像 2286

カプチーノとコーヒーゼリーと左側は白玉ぜんざい。
ぜんざいもこんな器に入れるとオシャレですね。
あっ、ケーキはこれで二人前ですからね~私一人で食べたんじゃないですよ。でも小さいから一人で食べれそうだけどね^^

大変美味しゅうございました^^




この日、一緒にランチに言った友達というのは、私が昨年へその緒の付いた子ニャンコを保護しましたが、その中の1匹を飼っているんです。
名前はミーシャと言うのですが、久しぶりに会って来ました。
大きくなってとてもハンサムな猫になっていましたよ^^


画像 2284



画像 2282


うちに居た時は、片手に乗るくらい小さかったのにね。
この子はうちにいる時から、一番元気だったな~
3月に先住猫をパルボで亡くしてしまった友達、このミーシャもパルボを発症したのですが、この子は若いし手当てが早かったので一命を取り止めました。良かったね、ミーシャ!
友達もガンと闘っていますが、外猫のお世話もしていて、それが生きていく支えにもなっているんじゃないかと思います。
頑張れ、友達!
そしてニャンコたち!

コメント

No title

高齢者が犬、ネコを飼う事。
これは色々と考えさせられる問題ですね。
私ならどうだろう?ワンコはやっぱりお散歩も
あるし、次飼う頃には私もちゃんと散歩出来るか
不安もあります。高齢者、そして子供も離れて
ひとり暮らしだったりすると、ワンニャンに癒されることも
あるし。最後までこの子達を見守っていけるって思えば
飼えるかもしれませんが、私のように一人だと、
何かがあったとき、本当に困りますね。
誰かの助けも必要だし。迷惑かけられないしと、考える事は
いっぱいあります。これはこれからの課題になりそうです。

No title

ワタシは 今、居る子たちが 子犬子ネコから育てる最後の子かな~と考えています。
次に もし、迎える事が出来るなら 成犬や成ネコの子を
その子たちを 迎える事が出来ない状況なら 短期一時預かりなどで 犬や猫たちに関わって自分自身の老後を送りたいと願っていますが・・・

人間の子供が だいぶ手の離れた今
尻尾の生えた子供達を見送くるまでは とにかく生きていなきゃ~働かなきゃ~と健康診断へも 行くようになりました(笑)

譲渡される犬や猫たちは 譲渡条件がつけれますが
ペットショップで買う場合は・・・・・・
でも ペットと暮らす事で心が豊かになったり お世話が生きがいになったり イイ事もたくさんあるはず
ただ そう癒してくれるペットの存在の老後まで 飼う前に考えてくれる人が増えるとよいですね。

No title

私も今は、絵留で最後にするつもりですが…
ただ、その時に、自分が保てるかどうかは、不安です。
絵留が長生きして、後7年(絵留20歳(^^ゞ)経つと、私は、50歳過ぎです。
まだまだとは思うけど、その子が15年生きると考えると、65歳。
私の近くの、老人有料施設が、月々食事付きで15万円です。
施設なので、安心度は買えるけど、勿論ペットはダメだし。
本当に居ない生活が、耐えれるのか…
凄く悩む所です。
引き取りの事は、考えには有るけど、今の環境は不可だから、引越ししかないし…
でも、今後、私のマンションも、老化が進むから、環境が変わることを願い、引き取り犬をしたいと思っています~。

No title

難しい問題ですよね~・・でも、安易に高齢者世帯の方が・・心の拠り所だけを考えて飼うのは、良くないと思いますし~・・かと言って、寂しい気持ちも分かりますので~・・何とか地域と行政のタイアップで犬猫と接する機会が持てる場を福祉の一環として作って貰えたらいいなぁ~・・とか。
私が、間違って長生きしちゃったら~・・毎日いつだって一緒に居たいと思うに決まってるから~・・そうなると~お子達の為の資金を用意しておく必要があるんだけど~・・その貯蓄が何より難しいし~~私の場合は~~経済観念は全くにゃいっ!

モモママさんが↑書かれてらっしゃる様に~私も以前テレビとか雑誌で紹介されてるのを見ましたが~・・支度金?を生前に支払っておけば~・・・飼い主亡き後も最後まで見届けてくれる施設もあるんですよね。あと末期症状の・・人間で言うホスピスみたいな施設も!老犬の介護で眠れない日々を送って~クタクタになっちゃう飼い主さんの為に!短期でも・・長期でも金額によるそうですが・・・そんな施設もあるんですよね。いずれにしても~・・結構な貯えをお子達の為に残しておく必要があるんですよね~。数もまだまだ少なくて、実際のところ~満員状態?予約で一杯なんだとか・・・にゃごや辺りには、聞かないですよね~・・?

私も~子犬子ネコは、もう無いかな~・・って、思います。先のこと~今からしっかり考えておく必要があるのは、分かってるのですが~・・まだぼんやりとしか考えられません。

絵っ!ダイナミックなタッチが~~何だか味わいあって素敵な絵ですね~!力強い岩の感じがいいですね~!!
ちょっと不満げ~~でらっしゃいますが・・お友達とのランチとか~・・なかなか秋のお出掛けを楽しんでらっしゃるじゃないですか~~。いつもウマウマを食べてるし~~っ!!いいなぁ~~*

ミーシャくん!男前ですね~~。ヨルくんにも似てるぞぉ~~♪大事にされてて嬉しい久々のご対面でしたね☆

難しいですね

高齢者が犬を飼う事
凄い難しい問題だと思います
私もそらが居なくなってしまったら大丈夫か今から不安です
耐えきれるのか新しい子を迎えるべきか
高齢者は寂しいと思うので心のよりどころも必要だと思うし
レンタルで出来たら良いのにな~って思うのは私だけかな?

絵ダイナミックですね~~良いと思います!
飲めなかったのは残念ですね~ストレス溜まっちゃいましたね(笑)

モモママさん美味しい物食べて頑張ってくださいね(^O^)/

No title

midorimushiさんのコメントにも書かせて頂いたのですが、以前、特別養護老人ホームで実習させてもらっていた時に、ホームに入るからと犬を手放さなければならなかった高齢女性の言葉が忘れられません。。

年を取ったら犬を飼わないほうがいい‥最期まで面倒みれないし、離れる時どっちも辛いから‥とおっしゃっていたのが印象的でした。(↓リンク先)


私も、犬や猫の寿命を考えて、最期を看取る頃、自分が十分その子の世話をしてやれるのかどうかで、自分が年をとってからどうするか考えると思います。
他の方もおっしゃってますが、私も成犬・成猫を迎える方法も選択肢に取り入れたいです。
小さい頃から、犬や猫と一緒の生活を夢見て、こうちゃん、ホクを迎えてようやく叶ったので、これからの人生は、大好きな犬や猫と一緒に過ごしたいと思っています。
ただ、お金の問題もあるし、自分の責任がもてる範囲ですよね。。

うちの近所にも、背中が曲がったおばあさんが、ホクと同い年くらいの柴犬を飼っていますが、姿を見掛けないと本当に心配です。
犬友も多い方なので、もしもの時は、みんなで助け合えれば‥と思っています。
地域での見守りもそう。
やっぱり、地域の方とのつながりは大きいですよね。都市になればなるほど、希薄になりがちですが。
社協にいるから、ボランティア、マンパワーの大切さ、特に感じます。
行政は、実現するまでにすごく時間がかかるし、限られた予算の中で、犬や猫に関心のない市民もたくさんいる中、税金を投入してできる事業は限られていますからね。。

個人の尊厳が叫ばれるわりには、超高齢社会の現代に理想と現実がどんどんかけ離れ、なにかあればお金が必要で、とにかく格差を感じます。
私たちが高齢者になる頃、一体どうなっているんでしょうか?


ミーシャちゃん、立派なにゃんこになりましたね。
お友達さんの心の支えですね。
にゃんこたちのためにも、お友達さんには元気でいてもらわなきゃですね。
ランチの写メ拝見してたら、私も友達と行きたくなりました(笑)

No title

本当に難しい問題ですね。
実際にそういう問題に直面して困ったことがあります。
わんちゃんでしたが、たまに散歩のお手伝いを
しましたが毎日とはいかず・・・
家の中でトイレのしつけもしてもらえず
ただ餌をあげるだけの高齢者のご夫婦。
家の中はわんちゃんの排泄物だらけ。

でも、認知症の奥様は他の事はわからなくても
わんちゃんにだけは話しかけて笑う・・

その後どうなったのかわかりませんが
多分最悪のケースの可能j性が一番強いと思われます。

今、思い出しても心が痛みます。

♪エメラルドさん

これはワンニャン好きが避けては通れない道ですね。
そうなんですよね。
夫婦でいても、二人ともが同じように歳を重ねていくわけだから、条件は同じような気がします。
うちも、娘に何かあった時はモモを頼むねと言ってありますが、娘達は娘達の生活があるし、住んでいるところがペット不可のマンションだったりすると頼めないですものね。
私は次に飼うとしても子犬からではなく、性格や相性などをちゃんと考えて、成犬を飼うことを考えています。
でも成犬を飼ったとしても、やはり自分は歳をとっていくわけで・・・
いずれにしろ、私たちがこれから考えていかなくてはならない課題ですね。

♪犬白ママさん

犬白ママさんはまだお若いから、次の子は子犬や子猫からでも迎えられる気がしますが・・・
私がモモを迎えた年齢も相当なもんですから^^;
私も犬白ママさんの考えと同じで、次に迎えるのはやはり成犬で、預かりもできればしたいと思っています。

そうそう、犬白ママさんが元気でいないとシッポの子達が困りますからね。
それは私も同じで、でも私は健康診断に行ってないけど~
でもやっぱりシッポの子達のために、私は倒れられないな~と思っています。

安易な考えからでなく、高齢になっても本当に動物達のことを考えて一緒に暮らしたいと思う人だけに許されてもいいことだと思います。
私がしばらくお散歩をしていたキャバリアのラブちゃんのところも、最初は自分達がそうなるとは思っていなかったんだと思います。
思い通りにならないのが人生だけど、~でもこの判断は難しいですね。

♪りん子さん

私はその50過ぎでモモを迎えました。
モモが旅立つ頃には、そのくらいの年齢になります。
だから、何が何でもモモを送るまでは私は病気にもなれないし、死ぬこともできません。
旦那には任せてなんかおけないし。

老人有料施設ってめちゃくちゃ高いですね~でもこれくらいがフツーなのかな~
こういうところでペットと一緒に暮らせるといいんですが、もしそれができるようになったとしても、その分のお金は上乗せされるんでしょうね。

引き取り犬も一つの方法ですよね。

No title

ミルキーが虹の橋を渡ってから、飼いたいと思っても、今の私に飼われたワンコが可哀想と、・・・2の足を踏んでいます。

散歩と相手が出来たらすぐにでも欲しいが・・・自分のより所が欲しいと飼っても、いろんな事に追いかけられている私に、ワンコを愛でたりする時間がないと思うと、なかなか飼えない。

一人暮らしの高齢者の方が、「私にもしもの事があったら、この子はどうなるのだろう」・・・「今、この子がいなくなったら私はどうなるかしら」と、言った言葉が思い出されました。

お互いがパートナーとして心の絆で結ばれているが、どちらがかけても困る存在で、ワンコが残ったときの事を考えると・・・難しいです。

モモママさんの絵、素敵。海の絵はすきだなあ。

ミーシャが可愛がられてよかったですね。

♪ロッタとパーシーのおかあさん

高齢者の方が安易に犬猫を飼うのは私も反対です。
安易に飼う人間とそうでない人間の線引きが難しいですけどね。
だからもしこういった高齢者の方をサポートする機関ができても必要性の審査は厳密に考えなければいけないと思います。
高齢になってワンコやニャンコと一緒に暮らせる環境になっても、莫大なお金がかかるんでは意味がありません。お金が無くても安心してサポートを受けられるように、地域の人の力を最大限に利用できたらなと思うわけです。実現するには骨を折ってくれる人間がいなくてはダメだし、なかなか道は遠いですけどね。

私も、子犬、子猫はもうないと思います。
ロッタとパーシーのおかあさんたちはまだ高齢者まで年数がありますからね。
私たちはもう間近になってくる問題ですから~真剣に考えておかないとと思います。

この岩のスケッチ、ダイナミックとおっしゃっていただけると嬉しいですが、けっこういい加減に描いた絵です^^;
これ、アクリルを水で薄めて描いたんです。これからスケッチはこの手でいこうかなと。

へへ~、スケッチ会の夕食ではお酒飲めなかったのがちょっと不満でしたが、こやってランチに出かけられるのだから良いご身分なのかも~笑

ミーシャ、なかなかいいニャンコになったでしょ~♪
うんうん、よるくんに似てるかも~
久しぶりに会えて嬉しかったです^^

♪かざふ♪さん

本当に難しい問題ですね。
心底ワンコやニャンコが好きな人間は、可愛がっていた子が亡くなると酷いペットロスに陥る人が多いみたいですね。
レンタルはどうなんでしょうね~
レンタルされる子達のケアが難しいと思いますね。

スケッチはちょっと絵の具を変えてみました~
ハイ、楽しかったんですが、飲めなかったのが心残りです(笑)

涼しくなって、美味しいもの食べすぎちゃいそうで怖いです^^;

♪ポンチュさん

養護老人ホームでの高齢女性の言葉、改めて読んで来ました。
本当に心が痛みますね。ワンコとの別れ、どんなに辛かったでしょう。

成犬・成猫を迎えても最期まで看取れるかどうか分かりませんが、リスクはうんと少なくなりますよね。
私もこれからの人生も、ワンコとは切り離しては考えられません。
そう、お金の問題が一番気がかりな事ですよね。
仕事を止めたらまた預かりもしたいと思っていますが、そうなると余計にお金もかかりますしね。

近所のおばあさん、気になりますよね。
うちの散歩コースでもよく会うワンコ連れのおばあさんがいたのですが、ある時からぷっつりと会うことがなくなって、気がかりでした。
地域の力を利用しない手はないと思います。
ボランティア、マンパワー、絶対に活用するべきだと思います。でもそれを具体的に活用するにはどうすればいいんだろうな。
何かできる事ってないんだろうか。

お金さえかければどんなこともできるかも知れないけど、お金の無い人間をケアできてこそ本当の福祉国家ですよね。
高齢者に優しい国にに、はまだまだかけ離れているようですね。

ミーシャ、本当に大きくなって元気そうなので嬉しかったです^^
この友達と二人で会うと、動物の話でずっと持ちきりなんですよ。
ずっと元気でいて欲しいです。

ランチ、ポンチュさんも是非~

♪チビ太ママさん

チビ太ママさんもそういうご経験がおありだったんですね。
その方は、認知症のために、ワンコのウンチを放置したりしていたんでしょうかね。
私の場合もそうでしたが、お散歩のお手伝いくらいは協力できても、親しい仲ではないと、家に入ってウンチの始末までは出来ませんよね。
ワンコを洗ってあげたりとか、ワクチンなんかも自分のワンコじゃないと勝手には出来ないし・・・
最悪のケースの可能j性・・・これが一番辛いですね。

♪ノンノンさん

今のノンノンさんはお忙しいので、今のところはワンコは無理ですよね。
でもこれから先、いろんな事を整理して、ワンコを飼えるような時間が作れたとしたら、改めて考えてもいいことかも^^

高齢者の方のこういった不安は切実ですよね。
安易に飼うことは問題ですが、本当に人生のパートナーと考えてワンコを飼っている高齢者の方の「ケアは必要なのではと思います。

スケッチの時の絵の具、アクリルを使ってみました。

この友達のところならと、安心して託せましたから~間違いなく幸せだと思います^^

No title

こんばんは~!

遅くなっちゃいました~~っ!!

モモママさんっ!!お誕生日おめでとうございま~~すっ!!
モモちゃんは~・・1日に6回目の6歳のお誕生日を迎えて~♪・・・でっ・・モモママさんは~・・何回目でしか~~っ?ヒヒヒ・・
また1年健康で!モモちゃんやご家族と仲良く楽しく暮らして下さいねっ!
今日から始まる新しい1年に~~何か目標を立てたりしましたか~・・?絵の事とか~・・モモちゃんとの時間をもっとたくさん作るとか~・・ご家族の事とか~・・?
今日は~・・ご主人と仲良くご機嫌なバースデーナイトにして下さいねっ♪

☆ロッタとパーシーのおかあさん

こんばんは~

モモだけでなく、私にまでご丁寧なお祝いの言葉をありがとうございます。
何回目の誕生日か~って、そんなもん内緒に決まってるじゃないですか~イジワルなんだから~

今日からの一年に目標ですか~!?
にゃんにもにゃいな~
でもモモとの時間をもっと~っていうのは毎年思いながら、全然実行できてないな~
でも今年はラ・コーダさんに行って、お友達と遊んだりしたので、それで許してくれるかな~モモちゃん!?
うちの旦那ったら、やっぱり私の誕生日忘れてんだから~
なので、自分でケーキ買って来ました^^
ははは~、ご機嫌とまではいかないにしても、仲良く過ごしますね~
非公開コメント
プロフィール
いつでもモモといっしょ

モモママ

Author:モモママ
名古屋のお隣のT市に住んでいます。
名古屋生まれの名古屋育ち、名古屋大好き人間です。

家族構成
☆犬(モモ・2004.10.1生オンナ)保護活動をされているOさんより譲渡。T市の霊園の裏で生まれた野良の子です。
☆猫(マロ・推定2004.10.1オトコ)ある日、交通量の多い県道の真ん中で蹲っているのを保護しました。
☆猫(ゴエモン・推定2006.06.01.オトコ)息子が会社でリフト作業をしている時に、パレットの隅に蹲っているのを発見。里親探しをするつもりだったけど、当時はあまりに可愛くてうちの子に・・・
☆ダンナ(年齢 秘密、超頑固者)
☆本人(もちろん年齢秘密、動物と絵が大好きです)
☆娘(旦那ちゃんが美容室を開店、お店を手伝っています。名古屋の車道にあるTRUNK LINE、よかったら覗いてやってください。オシャレなお店ですよ~)
☆息子(嫁さん見つかるのかな~?)
・孫R(男の子、小学6年生になります。なかなかイケメンだよ。ジャニーズに入れなくちゃ~!)
・孫I(男の子)2013年6月産まれ、イケメンぶりはお兄ちゃんには勝てませんが、ぶさ可愛いかな?

現在の時刻

ブログパーツ配布部屋
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最新コメント
月別アーカイブ
07  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02 
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
リンク
人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
いつでも里親募集中

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。