スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東日本大震災

3月17日、追記をアップしました。


東日本大震災が起きて今日で5日目。
ブログ冬眠中でしたが、何だか心の中にまで激震が走ったような気持ちの毎日です。
改めて被災地の皆様方には心よりお見舞い申し上げます。
昨日も津波の被害を受けながらも4日ぶりに救助された74歳の女性がいました。本当に良かったと思いました。
そして被災地でいくつかの新しい命も誕生しています。
地震そのものの被害も勿論ですが、今回の震災では津波の力の恐ろしさを目の当りにしました。
亡くなってしまった方々、九死に一生を得て生き延びられた方々。明暗、悲喜はあれどもどちらも同じように大切な命です。
まだまだ孤立状態で救助を待っていられる方も多数いらっしゃるようです。一刻も早く救出されますように。

テレビの報道を見ていていろんな事を感じました。
まだまだ食料や毛布が足りない避難所もあるようで、自治体自体が崩壊してしまっているところもあるようだし何と言っても範囲が広いですから大変だとは思いますが、陣頭指揮を取る人がいないのでしょうか。
携帯の充電器や乾電池が送られたはずなのに、要請がないからとそのままにしてあって被災者に届いていないとかテレビで言っていましたが・・・
やっと避難所にいる方たちの顔がテレビに映されるようになりましたね。
家族と連絡を取りたくても取れない方達がいる中、せっかく報道カメラが避難所に入っているんですから、できる限りの協力をして欲しいですね。
東北地方もきょうからまた厳しい寒さに見舞われるようです。
何とか頑張って下さい。
テレビで薄汚れてしまったワンコを映していましたが、あのワンコたち飼い主は近くにいないようだし、人間の食べ物さえない中でどうするのだろう。ワンコたちも生き抜いて欲しい。
津波で流されてしまったワンニャンもたくさんいるんだろな・・・


社長には叱られるかもしれないけど勝手に飲み水とガソリンを持ってきたという人もいました。
個人ではなかなか現地へ物資を持っていくことはできないでしょうけど、こんな時協力できる立場にある企業は何とか協力して欲しいものです。
明日はわが身、助けられる時には手を差し伸べて、自分たちが助けてもらわなければならない時だってくるかもしれないのだから。

・・・などと・・・私は言葉で言っているだけで実際には何もできませんが。
せめて出来る事といえば、少ない金額だけど義援金を送ることくらい。
Tシャツ1枚買ったと思って、ランチを食べたと思って・・・そんな程度の金額ですが・・・
小さな力もたくさん集まれば大きな力になると信じています。
ただ義援金もちゃんとした所へ送らなければいけませんね。中にはよくない輩もいますから。
ネットを通してでもいいし、テレビ局単位などでもやっていますから。

被災地の避難所の小学生くらいの女の子が言っていました。
「今まで自分がどんなに裕福だったかがよく分かりました。今は家もない食べるものもない、家族もみんないなくなっちゃた・・・」
まだまだ我がままが言いたい年頃だと思うのに、そんな事が身にしみて分かってしまうことが何だか悲しい・・・

私も心から思います。
たとえ儲からない商売をしていても、こうやって毎日ご飯が食べられてお風呂に入って暖かいお布団で寝られることがどんなに幸せか!
全ての事に感謝をしなくてはね。

東京では食料が品薄になっていると聞きます。
被災地に優遇的に品物を回すために入荷される量が普段より少なめなところへ、地震に対する不安感からなのでしょうか、消費者が危機感を感じて買占めに近い行動をしているからなのか。
もしかの場合に備えたい気持ちは誰にでもありますが、行き過ぎるのはどうかとも思います。
こちらでも単一の乾電池や飲料水が品薄です。


原発のことも心配ですね。
確かに原発は電力の安定供給のためには必要不可欠かもしれないけど、想定外の出来事は起き得ることだし、100パーセント安全は無理なことだと思います。
この先またさらなる安全性がもとめられていくと思いますが、自分たちの地元にもしも原発ができるとしたら、絶対に反対するでしょうね。


<追記>

コンビ二やスーパーでの、食料品やカセットコンロ、乾電池、飲料水、米などの買占めは全国的に起きておるみたいですね。
被災地に親戚やお知り合いがあって送られる方もあるようで、それは妥当な事だと思います。
しかし今地震が酷くない地域で必要以上に物を買い占めることは被災地への物資の供給を遅らせる事になりかねません。
確かに東海地方では大きな地震が何時起きるかわかりません。
しかし備えは日頃からしておくべきものであって、この大変な時期に必要以上に物を買い占めるのはいかがなものかなと思われます。
実際に自分がスーパーへ行って、それらの品物がほとんど無いのを見て唖然とsました。

ずっとご無沙汰していた北海道のポッキー&あくび&りくパパさんが原発の事や被災地からの生の声をアップしていらっしゃいますので紹介させてもらいます。

以下転記。


東北関東大震災より、亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。

また、被災された皆様、ご家族の方々、そして飼い主を失った動物達に心よりお見舞い申し上げます。


今日、googleニュースのトップ記事(2011/3/16 12:00頃)で重大な記事を読みました。

原発は東京電力が単なる運転者、学者有識者は現場をしらない、それを政府が情報を受けてマスコミへ長し我々の耳に入っているのが現状。今原発で何が起きているのか誰一人として状況を把握していない。ある程度状況を理解していたつもりでしたが・・・

詳細はここ

 これは人災だと考えています。その責任の所在は東京電力だけでなく、菅直人政権、経済産業省の原子力安全・保安院、原発を推進してきた大学や大学院教授らにもあると言えますよ。

 津波発生は日本の宿命で、1896(明治29)年の「明治三陸沖地震」では高さ38メートル以上の津波が起こっている。だから「想定外」という表現は当たらない。想定すべきだったんです。

 原子炉設備とその周辺には膨大な配管、配線があって、津波と地震の揺れで相当な影響を受けたと見るべきです。電源系統がだめになっているから、非常用のディーゼル発電機が動かなかった。

 配線にダメージを受けている中で、コントロールルームが機能しているのか。膨大なデータを処理する能力が維持されているのか。計器を信用してよいのか。それも分かりません。

 そもそも、東電は原発の単なる「運転者」なんですよ。詳細な構造は原発メーカーの技術者でないと分からない。保安院の職員も分からない。これを解説している学者も「現場」を知らない。

 メディアはなぜ、東電や政府の発表を垂れ流すのでしょうか。放射能が漏れていても「直ちに人体に影響を与えない」と繰り返しています。しかし、発表されているのは1時間当たりの数値。365日×24時間で計算してみなさい。想像力もなく、レントゲン並みとか自然界の何分の1と報道している印象です。漏れるという「異常」に対する驚きも怒りも薄れている。

 福島から排出された放射線は宮城県の女川原発付近でも検出されましたし、風向きによって関東地方にも達しています。

 仮に最悪の事態に至ったならば、放射能汚染は1週間ぐらいかけてじわじわ列島を包んでいく。逃げる場所は全くありません。

 これが原発の震災、人災なんです。【根本太一】


--------------------------------------------------------------------------------


ふぉと@えくうすさん
より発信の『拡散希望記事』を以下に貼り付けますので どうぞよろしくお願いします。

皆様へお願い
拡散をお願いいたします
ブログ等をお持ちの方、このまま下記の文章をコピーしてお持ちのブログに貼り拡散し、お知らせくださるようお願いいたします。


岩手出身のものです。
今回はみなさんに伝えたいことがあり、書かせていただきました。
ぜひ、読んでいただきたいです。
みなさんに、お願いがあります。

まずは、節電をお願いします。
切実にお願いします。

そして、1番お願いしたいのは、電話回線を用いた電話をぜひ控えていただきたいです。
わりと繋がるようにはなりましたが、まだ緊急に必要としている人がいます。
命からがら、残りわずかのバッテリーで、被災地から救助を求める電話を必死にしている人がいるかもしれません。
自分がかけようとしてる電話は、命に関わるモノか、少しだけ考えてください。
あなたの使った、たった1分の電話回線で助かる人がいるかもしれません。
誰かの安否を案ずる場合は、インターネットの安否確認のサービスを。
コレを見ている方は、最低限のインターネットが使えるはずです。
連絡手段は、電話やメールより、Twitterを始め、Skypeやmixi、facebook、Viberなどのネット回線の方が圧倒的に繋がりやすいです。使える方は、ネット回線を有効に使ってください。

特に東北は、高齢者が多いです。
インターネットにうとく、電話に頼るしかないお年寄りも多いんです。
その方々のためにも連絡手段を譲ってください。
私も実家と連絡を取りたいですが、向こうが停電中というコトもあり、バッテリーの残りも考え、メールで何通かやり取りしただけです。電話は、全国が落ち着いたら、改めてしよう。と約束しました。
私の両親は、携帯電話は使えますが、携帯用充電器の存在や、車での充電など、私たちが当たり前のコトも知りません。
教えたところで、モノが手に入らないんです。
そんな人たちが電話をかけたい時に、繋がらないコトによるバッテリーの消耗を極力減らしたいんです。
だから、お願いします。

私たちの世代は、ネット回線をフル活用してください。
わからなければ、少し勉強してください。わかる人に聞いて下さい。

そして、大事なコトは、ネットに出回る情報を、きちんと判断してください。

デマも流れている現状です。
混乱せずに、判断してください。
誇張したり、事実が歪んでいるケースも多々あると思います。
情報化社会にいるからこそ、見分ける目を。

そして、日本人であるコトに
誇りを持ってね。
日本人は、本当にすごい民族だよ。

最後にもし届くなら。
マスコミの方々へ。
CMも挟まず、24時間休まずの、必死な報道ありがとうございます。
お疲れさまです。

しかし、もし声が届くなら。
どれだけ被害がひどいかや、被災者の様子だけではなく、避難した方々がどう動いて、どこに行けばいいかを。
これからのコトを教えてください。

地元でラジオにかじりつく人は、それをきっと求めています。
被災地の方々は、被災地のリアルを、マスコミよりも知っています。
帰宅難民の方々は、何よりも交通情報と避難場所を求めています。

被災状況の把握も大切です。
だけど、被災者に寄り添った報道を、今以上にしていただきたいです。
もちろん、心からの敬意を込めて。

ネットにはデマも流れます。

被災者はこれからどうすればいいか。
避難所の案内や、救援物資などの配給場所、行われているサービス、伝えていただきたいです。

そして被災地から離れて、被害が軽かった人たちには何が出来るか。
なにかしたくても、何をすればいいかわからずにいる人たちには、何が出来るか。
きっかけがあれば人は動きます。
スタート地点に誘導してください。

この震災のなか。
必死に休まず働いてくれている方々。
ありがとうございます。
感謝と敬意を込めて。

続く大きな余震。
地震酔いに気を付けてください。

読んでいただいて、ありがとうございました。


--------------------------------------------------------------------------------

 【治安維持など、被災地の今度についての転載】

 ・これから夜になるとき。
  阪神大震災で最後に最大に悲惨に襲った災害は、「治安悪化」による「人災」です。
  大切な人を守ってください。
  一人でいる人は、最寄りの知り合いと小さくても良いのでコミュニティを作りましょう。

  ・避難した女性の方。
  絶対に一人で公衆トイレに行かないで。
  便乗する性犯罪者がいます。
  常に誰かと行動して、トイレも二人以上でいくようにしてください。

  ・赤ちゃんがいる方。
  赤ちゃんの頭にタオルでも何でもいいので、クッションになるようなものを置いてください。
  阪神大震災で、テレビが飛んできて死亡した乳児がいました。
  彼の死を無駄にしないで。

  ・電話の使用は極力避けてください! 
  非常の為の119番や110番がかかりづらくなっています。 
  安否の確認は災害用伝言ダイアル171番 
  またはツイッターなどのネットの利用でお願いします。

  ・地震が起こったら、必ず窓を開けてください。
  そして、家にいる人は、水道が止まる前に、お風呂に水をためてください。
  まだ、電気が通じる人は、ご飯を炊いてください。
  阪神淡路大震災の経験から、皆さんに伝えます。

  ・停電をした地域は、必ずブレーカーを全て落としてください。
  また避難する際も絶対にブレーカー落としてください。
  送電時に火災になって家が燃えてしまいます。
  停電から復旧した瞬間ショートして火災というケースも多いようですので、
  停電してても落としてください。
  通電されたら小さなブレーカーを一つづつ入れて下さい。
  漏電ブレーカーが落ちるようでしたら、無理に入れず、電気事業者等に連絡をとって下さい。

  ・ガスの元栓をしめてください。
  ガスが充満すると静電気だけで大爆発が起こります。

  ・断水の可能性がありますので、お風呂に水をためてください。
  飲料水の確保もお忘れなく。
  ネットが使えるうちに自分の住んでる地区の避難場所を確認してください。

  ・足元数十センチの津波でも足をすくわれ一気に沖合まで流されます。
  絶対に見物などには行かないようにしてください。

  ・車のトランクにタイヤ交換用のジャッキがついているはずです。
  瓦礫の下敷きになっている人を救助する場合、
  かなり重要になってきますので、提供をお願いします。

  ・室内に居る時も、履物の確保をしてください。
  ガラスの破片で足を怪我すると、命取りです。

  ・避難する時は、雑誌を頭に載せてタオルやシャツで包むだけでも
  簡易ヘルメットになります。
  おなじように足に巻けば、履物になります。

コメント

モモママさん、こちらへのコメントありがとうございました。

今朝ほど電気が復旧し、随分生活が楽になりました。
こちらは山沿いなので津波の被害は免れましたが、
会社のお客さんや、お友達のところは被害に遭い、
家も会社もトラックも、すべて失ったそうです。
それでも命があっただけラッキーです。

停電でしたのでラヂオを聞いていましたが、
報道されるところは被害の大きなところのみ。
その他のところはどうなっているのか、
物資やライフラインの復旧はどうなのかなどが
まったくわからない状態です。

今後もどうなるのか分からないですが、
復興に向けて頑張っていきたいです!

※備え、大事ですよー!!

本当にいつもの生活がどんなに幸せなんだろうって感じますね。
電気もガスも水道も改めて有り難さを感じました。

私の親戚も東京、横浜に住んでいますが品薄状態らしいです。
電池などを送りました。

昨夜の地震、恐かったですね~私は寝るところで飛び起きてしまいました。
こちらも何時か地震が起こると言われているので、普段から備えは必要だと思いました。
でも今は一刻も被災地の方へ早く届くといいですね。


☆anegoさん

電気が復旧しただけでもほっとしますよね。
不安な毎日だったと思います。
津波の被害はなかったとは言え、宮城での揺れは想像を絶するものだったと思います。
テレビでも被害の酷かった地域の様子は何度も繰り返し報道されていましたが、その他の地域の事はほとんどやっていなかったようです。
いろんな地域の人がライフラインの復旧が何時になるのか知りたいですよね。
anegoさんのお家も被害を受けられたようですが、どうか頑張って下さい。
この間ラジオで頑張っている人に「頑張って」と言ってはいけないと言っていましたが、私は敢えて頑張ってという言葉を使います。
これまで十分に頑張ってきたけれど、これからも頑張って欲しいと思います。

☆ミンゴさん

当たり前の毎日の生活が、決して当たり前ではなくって本当に有難い事なんですよね。

あの時、こちらも揺れましたよね。
私はまだ起きていましたが、さすがに揺れには敏感になっています。
我が家も一応は備えをしていたんですが、飲料水や食料を順次新しいものに取り替えているところです。乾電池などはなかなか手に入りません。
落ち付いたら、備えも充実させておきたいですね。
非公開コメント
プロフィール
いつでもモモといっしょ

モモママ

Author:モモママ
名古屋のお隣のT市に住んでいます。
名古屋生まれの名古屋育ち、名古屋大好き人間です。

家族構成
☆犬(モモ・2004.10.1生オンナ)保護活動をされているOさんより譲渡。T市の霊園の裏で生まれた野良の子です。
☆猫(マロ・推定2004.10.1オトコ)ある日、交通量の多い県道の真ん中で蹲っているのを保護しました。
☆猫(ゴエモン・推定2006.06.01.オトコ)息子が会社でリフト作業をしている時に、パレットの隅に蹲っているのを発見。里親探しをするつもりだったけど、当時はあまりに可愛くてうちの子に・・・
☆ダンナ(年齢 秘密、超頑固者)
☆本人(もちろん年齢秘密、動物と絵が大好きです)
☆娘(旦那ちゃんが美容室を開店、お店を手伝っています。名古屋の車道にあるTRUNK LINE、よかったら覗いてやってください。オシャレなお店ですよ~)
☆息子(嫁さん見つかるのかな~?)
・孫R(男の子、小学6年生になります。なかなかイケメンだよ。ジャニーズに入れなくちゃ~!)
・孫I(男の子)2013年6月産まれ、イケメンぶりはお兄ちゃんには勝てませんが、ぶさ可愛いかな?

現在の時刻

ブログパーツ配布部屋
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最新コメント
月別アーカイブ
07  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02 
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
リンク
人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
いつでも里親募集中

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。