スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動物のいのち

先日、私のブログの動物愛護関係の古い記事に、反対意見らしきコメントがありました。
以前の「たかが犬コロ、野良犬なんか処分されて当たり前」というあからさまなコメントではありませんでしたが、発信元も明かさず初めてのコメントなのにちゃんとしたご挨拶もありませんでした。
「命も大事だけどお金も大事」」というハンドルネームになっていました。
本来ならそういうコメントは即削除してしまうのですが、反対意見として一応受け止めさせていただきます。
ココに来てくださってコメントしてして下さるのは、私の考え方を理解してくださっていて、私と同じかそれ以上に動物を心から愛している方たちばかりですが、動物に対する考え方、反対意見があるのは日頃から重々承知しています。

今、とても忙しいのですが、このコメントを受けて、一般の方の考え方はやっぱりこういう考え方が多いんだろうなと思い、黙っていられなくて記事を書いています^^;

歳を重ねていくとわんにゃんの最後を看取る事が出来ないかも知れないと、新たに動物を飼いたいのにそれを断念しなければならない人がいます。それが出来る人はいいんです。
私はそんな人たちに対してサポートしてくれるシステムがあるといいなあと書きました。
別にアニマルアシステッドセラピーに乗っ取って、すべてのお年寄りに犬を飼えと言っているわけではありません。動物が好きで一緒に暮らしたいのに出来ない人たちに対してのサポートです。
勿論、動物好きな人間は動物だけに埋没して人間同士の交流は必要ないとは思っていません。「イヌネコにしか心を開けない人たち」という本もありますが、それは問題外です。

ペット税の問題ですが・・・
私は野良が産んだ子であるモモと一緒に暮らしています。
そして、野良が産んだ子達を保護している方のサポートをたまにさせてもらっています。
保護活動をしている方の所には犬が8匹だったかな、そして猫も相当数います。
また違う方の所には、猫18匹、犬2頭がいます。
環境省や自治体は最近では殺処分を少なくする取り組みはしていますが、そういうボランティアをされている方たちは、言ってみれば、国のお手伝いをしていると言ってもいいくらいだと思うのです。
ペット税をかけるなら、ペットショップで買う人だけにしてもらいたい言うとブーイングも聞こえてきそうですが^^;
殺処分を無くすために使われるペット税なら喜んで払いますけどね。動物を飼うのは贅沢だから税金を取って違う方面で使うのはお断りです!

そして、私はいつもわんにゃんを殺処分するのではなく、シェルターを作って欲しいといいますが、確かにそれにはお金が掛ります。
ドイツのように動物先進国では当たり前でも、ペット大国と言われていても動物後進国で財政も困難な日本には難しいことではあります。
たかが?わんにゃんのために、貴重な税金を使って欲しくないと思われるのが一般の方の考え方なのかも知れません。しかし殺処分をするのにもお金はかかるんです。
今は経費節減のため、炭酸ガスによる殺処分をしている所がほとんどです。安楽死とは程遠い方法です。私が住んでいる愛知県でもそうです。ごくわずかの自治体が本当の安楽死処分をしていますが、勿論経費は莫大なものになります。
殺処分の実態についてはまだまだご存知無い方も多いと思います。私自身、身近な人から保健所に連れて行けば安楽死処分をしてもらえると思っていたと言われ、説明したことがあります。

このブログ、コメントは頂いていなくても、見ていて下さる方もいらっしゃるようなので、ちょっと残酷な動画が含まれていますが、殺処分のサイトをリンクしておきます。

・・・と、リンクしたのですが、何だかこのブログにしては凄い閲覧数になっていました。
本当に現実を知りたくて見てくださった方が多いのか、興味本位の方が多いのかは分かりませんが、このサイトのリンクを外させていただきます。
本当に知りたい方は、ご自分で検索してください。



命あるものをこのようにアウシュビッツのよな殺し方をしていいのでしょうか!!!
飼い主がちゃんと終生飼養をする。迷子になった時のためにマイクロチップをいれたり落ちない迷子札を付け、迷子になったら必ず探して引き取りに行く・・・それだけで、処分されるワンニャンはなくなるはずです。
産まれて困る命なら、避妊去勢手術を必ずする。
国や自治体に要望したい事もありますが、一番大事なのは飼い主のモラルです。

飼い主のモラルです!!!





犬や猫をたかが・・・と思うか、同士と思うかの違いでしょうか?
考えてみてください。
遠い昔から特に犬は、その特徴を生かして人間の生活に大きな役割を果たしてきました。狩猟の手伝いや牧羊の手伝い身近な例としては番犬でしょうか?
他にも今でもその類まれなる特徴を生かして、警察犬や盲導犬や介助犬、災害救助犬、狩猟犬・・・
私は個人的に犬の世話になんかなっていないわ~と言われるかもかもいる知れませんが、人間の生活に大きく貢献しているのが犬であると言えます。
家の犬は可愛いけど、それ以外の犬になんか関心はないわ~と言う方がほとんどなのでしょうけど^^;
私は、勿論じぶんちの犬が一番可愛いですが、モモが野良の子であるがゆえに、野良たちにも生きる権利があると思うし、すべてのワンニャンに幸せになる権利があると思います。

そして、もう一つ。
動物愛護と食肉の関係についてです。
以前にも言われました・・・殺処分される犬猫が可哀相って言うけど、肉食うんだろって・・・
確かに、私はベジタリアンではありません。
お肉もお魚も頂きます。
食べるために生まれてきたんだからいいだろうなんて思っていませんよ。
牛や豚、鶏などの屠殺の映像も見ました。本当は機会を作って屠殺場を見学することが一番いいのだと思います。
スーパーに行けば彼らは肉という食品になって売られています。だからそれを買う自分が殺戮行為の片棒をかついでいるという罪悪感が失われてしまうんです。
でも私はちゃんとお肉をいただく時には、彼らのことを考えます。貴重な命を頂くのですから。
無駄にせず、最低限しか買いません。
出来る事ならベジタリアンでいたいですけどね。



何だかまとまらない文章になりましたが、わたしがいつも書いていることではあります。

今回はコメント欄を閉じます。
個人的なご意見などありましたら、右側のメールフォームからメールを下さい。
プロフィール
いつでもモモといっしょ

モモママ

Author:モモママ
名古屋のお隣のT市に住んでいます。
名古屋生まれの名古屋育ち、名古屋大好き人間です。

家族構成
☆犬(モモ・2004.10.1生オンナ)保護活動をされているOさんより譲渡。T市の霊園の裏で生まれた野良の子です。
☆猫(マロ・推定2004.10.1オトコ)ある日、交通量の多い県道の真ん中で蹲っているのを保護しました。
☆猫(ゴエモン・推定2006.06.01.オトコ)息子が会社でリフト作業をしている時に、パレットの隅に蹲っているのを発見。里親探しをするつもりだったけど、当時はあまりに可愛くてうちの子に・・・
☆ダンナ(年齢 秘密、超頑固者)
☆本人(もちろん年齢秘密、動物と絵が大好きです)
☆娘(旦那ちゃんが美容室を開店、お店を手伝っています。名古屋の車道にあるTRUNK LINE、よかったら覗いてやってください。オシャレなお店ですよ~)
☆息子(嫁さん見つかるのかな~?)
・孫R(男の子、小学6年生になります。なかなかイケメンだよ。ジャニーズに入れなくちゃ~!)
・孫I(男の子)2013年6月産まれ、イケメンぶりはお兄ちゃんには勝てませんが、ぶさ可愛いかな?

現在の時刻

ブログパーツ配布部屋
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最新コメント
月別アーカイブ
07  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02 
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
リンク
人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
いつでも里親募集中

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。