スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本当の動物愛護って何だろう

Dsc_0376.jpg




ちょっと小難しいタイトルだし、長い文章になるので良ければ読んでやって下さい。
今回病気の友達のことで色々あって、考えてみました。
可哀相という気持ちだけで、動物は助けられないということ。
このブログでも、その事は再三訴えてきました。

私も猫のレスキューを依頼された事がありますが・・・確保した固体に関しては子猫であれば2~3ヶ月までくらいは育児をして、里親探しをします。(でもこの記事を見たからって拾った子猫を連れて来ないで下さいね。どうしようもない場合には動きますが、そうでない場合には拾った人が責任を持って対処して下さい。)
この辺りにいるらしいという情報で、探しても見つからなければ、それ以上は個人的には動けません。
やるからには最後まできちんと責任が持てないなら関わってはいけないんです。
「可哀相に、どうしようもできないんですか?」というその方の言葉は今も胸に突き刺さっています。そしてその場所の近くを仕事で週に一回通るのですが、胸が痛みます。

TNR活動は、誰でもが簡単に出来る事ではないのです。お金も手間暇もかかります。だから簡単に手は出せないのです。
地域猫活動は、地域を巻き込んでしていかなければエンドレスなんです。
野良猫はただ排除すれば済む事ではないし、可哀相だからと言ってただ餌を与えれば済む事でもありません。

で、私の友達の話に戻りますが・・・
地域猫活動のサイトや実際に活動をしている知り合いの事を知っている私には、友達のやり方があまりにも無責任で自分本位なので、とても腹立たしいのです。確かに動物の保護の仕方にも色々なやり方があって良いとは思いますが・・・
彼女は保護活動だとか大袈裟な事ではなくて、ただ単に周りに居る野良だけでも助けたいと思っただけなのでしょう。
私は再三猫の完全室内飼いを勧めました。2匹を交通事故で失い、1匹を伝染病である猫パルボで失っています。室内飼いだったら失われずに済んだ命です。今は本宅に居る猫は外には出していないと言っていますが、本当なのかな~疑問です。
本宅に居る猫は旦那さんの権限で7月には実家に連れて帰るそうですが、猫屋敷で自由に外に出してもらっていた4匹のオス猫は結局新しい飼い主さんが見つからず、その場に置いて行く事に・・・しかも去勢手術はしていないままです。私が何とかしなければいけないのかとも思いましたが、今までにいろんな事をちゃんとして来なかったツケが一度に回ってきてると思うのです。
歩くことが出来なくなってしまった今、彼女を責めるのは酷な事かも知れません。
でも病気の進行は突然にやって来た事ではないのです。歩けなくなってしまったのは想定外だったかも知れませんが、発病は12年前です。
私が彼女の立場だったとしたら、転移が分かった時点で身辺整理をすると思います。
よく人間は想定外という言葉を使いますが、想定外なんて言葉は逃げ口上以外の何者でもないと思います。
私達はもしもの場合に備えて生命保険に入ったり、万が一、車で事故を起した時の事を考えて自動車保険に入ったりします。
彼女は車がないので自動車保険には入っていませんが、生命保険は嫌いだからという理由で入っていなかったので、入院費も治療費も一銭も入ってきません。私だって保険は嫌いですが、子供が生まれた時に何かあった時に困るので、夫婦共に入りました。使う事が無ければ無駄な出費になるかも知れませんが、お守りのようなものだと思っています。

また話がそれましたが、私は彼女に向かってストレートに言いました。「去勢手術もしないで猫を置いて行くって、2歳のオス猫4匹、今まででも望まれない命を生み出してきたと思うけど、これからも望まれない命を生み出す事になるけどそれでも平気なの!?きつい言葉かも知れないけどそれって無責任以外の何者でもないよね」
私は、病気で歩けなくなって、再入院になるかも知れない親友に向かって、そんな事が言える冷たい人間なんです。そんな自分に自己嫌悪を感じて憂鬱な気持ちになっている毎日です。

彼女は何かにつけて「猫は私にとってすべてなの」とか「私にとって可愛い子達に間違いはない」とか言います。そういう気持ちは勿論分かりますよ。確かにガンが再発してもここまで頑張ってこられたのは猫達が居たからだと思います。でも、彼女にとって猫がどうだとかは今ははっきり言って関係ないんです。
猫たちがこのまま置いていかれたらどうなるかです。歩けるうちに去勢手術は何にも増して最優先させるべきだったと思います。私はそういう所が無責任だったと、猫達に申し訳なかったと反省して欲しかったんです。4匹の猫にではなく、生み出してしまっているだろう望まれない命に・・・

私は猫の事は手を出さないつもりだったんですが、彼女は結局私にまた丸投げしてきました。
今、4匹の猫の餌やりをしている彼女の猫友さんの所に電話してと言って電話番号を言ってきました。
何で?と思ったけど、やっぱり生き物のことだと放ってはおけず、電話しましたよ、彼女の猫友さんに。
猫友さん、4匹の餌やりもしていますが、自分の所で飼っているメス猫が2匹、それぞれが5匹づつ子猫を産んで10匹の猫の世話をしているそうです。何で~~~
まだ1歳にもなっていないので、子供ができると思って無かったって・・・猫は早いと4,5ヶ月で妊娠可能になるんですよ。猫飼うんならもっと猫の事勉強してよね。その子たち自分で全部里親探せるの?

知り合いで地域猫活動を進めていらっしゃる方がいます。里親探しをした猫もいれば家の子にした猫もいます。
子猫は里親さんを探し、成猫はTNR、そして最近は地域を巻き込んだ地域猫活動に励んでいらっしゃいますが、頭が下がります。
地域猫応援団という団体があります。
野良猫を本当の意味で助けたいのであれば、地域のひとを巻き込んで協力して貰わないと、結局はエンドレスになる可能性があります。
間違った餌のやり方はしない、外トイレも作るといいみたいです。避妊去勢は必須。

この友達の猫友さん、「野良のオス猫を去勢すると性格が温厚になってしまって、野良同士で喧嘩になった時に負けて怪我するんじゃないかと心配です」と言われました。
でもそれは反対で、オス同士で争いが起きるのは大抵はメス猫をめぐってのの事なので、去勢をすればもう争わなくって済むらしいです。去勢によって猫の喧嘩は88パーセント防げるとも~





Dsc_0378.jpg

コメント

こんにちは。モモパパです。

本当の動物愛護って本質的に考えると難しい問題ですね。
いやー。
実に考えさせられました。
ウチのモモは民間の動物愛護団体から里親となって譲り受けたワンコ。
事前の情報のやり取りでは避妊手術してあるって聞いてたのですがいざ我が家へやって来たら約1ヵ月後に出産。
その後避妊手術してなかったじゃないかと一悶着。
向こうは生まれた赤ちゃんは引き取るって言ったけどそりゃー違うんじゃないかってまた一悶着。
この娘が幸せになるならって赤ちゃんは引き取らせずにウチで一緒に暮らすことになりました。
それがミオです。
保護したなら責任を持って管理してほしいな~。

野良猫の去勢、避妊も 考え方は 人それぞれですが
私個人としては 猫が去勢、避妊できる体調であれば野良猫でも手術した方が良いと考えてます。
ただ どこでもかんでも 野良猫だったら手術するの?って言われると 個人で関わるなら やっぱり線引きは必要だし 見つけた人! 気になった人が関わるべきだと思うけれど・・・ 考え方は人それぞれ 難しい問題ですね

そして 猫友さんちの 子猫10匹には・・・一緒に暮らすなら生態を知らないと 大変になるという見本のような 何といっていいのか モモママさん ごめん もう言葉がありません・・・。
子猫たちに 素敵な里親さんがみつかるよう願ってます。

自分の最後を迎える準備は、自分ひとりだけでも、それなりの動きがありますよね
まして、しっぽのことは、簡単にはいかないですもの、みんな、それぞれで、考えて欲しいですよね
しっぽの話だけではなく、何か人の忠告が耳に入らない人って、多くなっている気がします
昔は、多少でも、聞いて参考にした人が多かったのに、今は、自分の感情が全部支配されている気がします
何ででしょうね…
私も、子猫たちに 素敵な里親さんがみつかるよう願ってます

こんばんは~
本当に~難しい問題ですね~
いろんなことを考えれば考えるほど悩みは、つきません~~モモママさんのように~言えるって事に対して~頭が下がります
私は、自分で責任が持てなければ 見て見ぬふりをしてしまう時もあります~~
私のできることだけを続けていこうと思っていますよ
それは、やっぱり~~援助だったりします

子猫ちゃん 良いご縁が見つかるといいですね
祈ってますよ~

v-286モモパパさん

動物を助けるつもりが、かえって窮地に追い込む事になりかねない。本人たちは可哀相だから助けようと思ってやっている事なんですけどね・・・

モモちゃんの事、何度聞いてもおかしな話ですよね。その愛護団体ではどんな管理をしていたんでしょう。
生まれたなら引き取れば済むっていう問題じゃないですよね。ミオちゃんはモモパパさんの所の子になって幸せでしたけどね~^^

v-286犬白ママさん

私は、たくさんの方達がTNRを行っている中、一部のこうした人たちがちゃんとした意識がないまま、可哀相だからという理由だけで猫達を囲い込んでいる・・・これでは殺処分される動物は減らないと思います。私は友達にもとてもきつい言い方をしましたが、こういう状況を見るのはとても辛いです。色んな考え方やり方があるとは思うけど、何だか悲しいです。猫友さん、もう80歳になられる方で、こちらも何だか悲しいです。

v-286りん子さん

何時かはだれもが最期の時を迎えなければいけない。その時に出来るだけ身辺の事はやっておきたいですね。長い付き合いの友人に向かって、こんな言葉を投げるのは、本当に辛いんです。しかも病気なのに・・・
でも自分たちがやってきた事がもしかしたら猫全般に関しては良くなかったかも知れないという事に気付いて欲しかったんです。
その後もこの友達とメールのやり取りがあって、彼女も傷付いたと思うけど、私の心もボロボロです(T_T)
私はもうこの件から手を引く事にしました。

10匹の子猫、里親さんが見つかるのかなあ・・・

v-286ルル&マロンさん

動物の保護の仕方や考え方は色々あっていいと思います。でも避妊や去勢をしていない固体をを自由に外に出していたら、猫の繁殖力はとても強いので、アッと言う間に増えてしまいます。自分の知っている範囲で見えなければ良いと言うのなら、それこそ無責任な考えだと思います。
友達は、私の言葉にさんざん傷つけられたと言って来ました。私も傷付きました。ボロボロです(T_T)
私は、この件から手を引きます。親友だからこそと思って心を鬼にして言いましたが、結局、何も説得は出来ませんでした。自分の力の無力さにを思い知りました。

辛い事を書くって、モモママさんのお友達に対する愛情と、泣きたいほどの情けなさがビンビン伝わってきました。




記事を読んで思わずこめんと 

ご病気の親友の方にきちんと言うべきことを伝えられたモモママさん。お互い傷つきとても辛いお気持ちお察しします。私も仕事がら相手にとって(言葉を選びながらですが)シビアな話をしないといけないときもありますがその後のフォローも大変です。しかもモモママさんは親友の方なので本当に「情けない、助けたい、でもご自分にできることは限られる、すべてを引き受けることはできない」と言うジレンマがとても伝わってきます。
高齢の方の昔ながらの猫の飼い方も不幸なチビちゃんを増やす原因。ですが、ご自分で避妊去勢する手段もお金もない方が殆どだと思います。こういった方に関わってフォローしないといくら頑張ってもエンドレスです。
4人でTNRし始めたときに犬白ママさんに「自治会の人に話を・・」って持ちかけて一緒に話に行き「今まで餌やるな。って看板立てても数年ノラ猫減らないのですよね?!」って思わずきつい言葉を言ってしまいました。言い出したからには影ながらママさんのお手伝いしていますが、ママさんには中心人物にしてしまい申し訳ない気持ちもあります(犬白ママさん一生懸命で頭が下がります)
モモママさんがおっしゃるとおりきちんと責任を持てないなら手を出してはいけないと思い、びぃちゃん探ししながらですが、年寄りのかたに関わるのは仕事柄慣れていますので自分のできる部分でお手伝いしていこうと思っています

v-286ノンノンさん

40年以上の付き合いの友達なんです。そして、今まで動物の事はとても理解し合える友だちだと思ってきました。だからこそ言わなきゃと思ったんです。何でもない友達だったらここまでは言わなかったと思います。本当にお互いに傷付きました。

本当に難しい問題ですね。
私はできるなら外飼いのオスは去勢、メスなら避妊をして欲しいです。昔と今では違ってきているし、オスは去勢することによって色々な病気も減ると思います。
メスだって避妊手術することでガンが減ると言われていますよね。
安易に保護してその後が決まっていなければ今の時代は難しいですよね・・・



v-286びぃちゃんママさん

メールのお返事書きました~お返事くださいね~

v-301びぃちゃんママさん

こんばんは~
メール、ありがとうございました~
キーボードの調子が悪くて、スクリーンキーボードを使っているので、余計に誤字脱字が多くて~言い訳ですが~^^;
コメント、とっても嬉しかったです。
私の気持ちを理解してくださって嬉しいです。友達も去勢手術をしなくても良いとは思っていないんでしょうけど、私に突っ込まれて余計に腹が立ったのかも知れません。猫友さんも適正な避妊去勢手術をちゃんとする気持ちになってくれれば、お手伝いはする気でいます。ペットケアアドバイザーの資格は取ったけど、人に上手く話しをして説得する技術も身につけないといけないかも知れません^^;
本当にありがとうございました。

v-286ミンゴさん

外飼いなら避妊去勢手術は必須だと思います。
望まれない命を生み出す事が殺処分に繋がる事が何故分からないんだろうと思います。
勿論、メスもオスも手術する事で病気の予防にもhなると思います。
保護をするからには最後まで、できないのなら最初から手を出してはいけないと思います。
非公開コメント
プロフィール
いつでもモモといっしょ

モモママ

Author:モモママ
名古屋のお隣のT市に住んでいます。
名古屋生まれの名古屋育ち、名古屋大好き人間です。

家族構成
☆犬(モモ・2004.10.1生オンナ)保護活動をされているOさんより譲渡。T市の霊園の裏で生まれた野良の子です。
☆猫(マロ・推定2004.10.1オトコ)ある日、交通量の多い県道の真ん中で蹲っているのを保護しました。
☆猫(ゴエモン・推定2006.06.01.オトコ)息子が会社でリフト作業をしている時に、パレットの隅に蹲っているのを発見。里親探しをするつもりだったけど、当時はあまりに可愛くてうちの子に・・・
☆ダンナ(年齢 秘密、超頑固者)
☆本人(もちろん年齢秘密、動物と絵が大好きです)
☆娘(旦那ちゃんが美容室を開店、お店を手伝っています。名古屋の車道にあるTRUNK LINE、よかったら覗いてやってください。オシャレなお店ですよ~)
☆息子(嫁さん見つかるのかな~?)
・孫R(男の子、小学6年生になります。なかなかイケメンだよ。ジャニーズに入れなくちゃ~!)
・孫I(男の子)2013年6月産まれ、イケメンぶりはお兄ちゃんには勝てませんが、ぶさ可愛いかな?

現在の時刻

ブログパーツ配布部屋
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最新コメント
月別アーカイブ
07  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02 
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
リンク
人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
いつでも里親募集中

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。